昨年末に農地転用を出し許可を得た農地の隣地を追加して、農地転用を申請しようと予定しています。

先に農地転用を済ませた田んぼの転用工事がまだ着手前のため、盛土して一旦駐車場として完成させ、完了報告を出した後で追加で隣の田んぼを農地転用申請した時、申請者が同じだと一体のものとみなされて一体の申請を出すよう市から言われるかもしれないと、調査士から言われました。

市街化調整区域の農地なので何かと制約がありますが、もし一体で見られると農地転用審査会に掛かる面積となり、一手間余分な申請が増えるので、どうしようかと思案中です。

隣地の農地の所有者から、隣が売ったなら自分の田んぼも買ってほしいとの依頼があり、それなら当社が一体で利用することを考えましょうと、買い取ることで返事したのです。

追加で買い取る農地は接道がなく、完全に袋地になるため地主さんは手放さざるを得なくなったのです。

他の会社にこの土地を借りてもらってその会社名義で農地転用してもらうのが1番良いのですが、借主を見つけるのに時間が掛かると思うので、手っ取り早く手続を行うには当社で申請を出すのが良いのですが、この土地をどう使うと言うことの方針を先ず立てなくてはいけません。