昨日は道路境界の立会いがありましたが、そりゃもう炎天下の下で立会いすると汗だくになります。

現場に集合してから、ポイントの確認や測量の経緯など説明の上、他の立会い者から質疑が出たりして、終了まで30分ほど掛かります。昨日は、立会い者が1名30分近く遅れてきたので、現場に45分ほど居て、測量士も役所の人も汗だくになっていました。

境界の確認自体は特段問題なく終わったので、今日の確認を基に測量図を作り、盆明け地権者の実印捺印を済ませて、役所に提出し確定測量図を作成の上、その後この土地を分筆し共有物の分割を行うと同時に、役所の土地の一部払下げを受けて土地の確定を行います。

まだ2,3ケ月は掛かるでしょうが、こういうのは一つ一つ手続を踏まえて行かなくてはいけません。