実践で使える英語をマスター!実践英語マスター道場 GLJ英語学院

実践で使える英語をマスター!実践英語マスター道場 GLJ英語学院

何度も英語学習に挫折して、語学留学してもダメだった
元トラックドライバーがアメリカで奇跡のMBA(経営学修士)
を取得。英語に悩み悩まされ続けた日々の想いを胸に、本当に
役立つ英語学習に関する様々なお役立ち情報をお届けします!

NEW !
テーマ:

こんにちは。

GLJ英語学院

ファウンダーの山本です。

 

 

だいぶ涼しくなりましたね。

今週もスタートしました!

 

 

それでは、本日も英語回路トレーニングとは

別にライトな感覚で1点に集中して

 

 

実践の英会話表現とそれに伴う

ボキャビルを行いましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:実践の英会話表現

 2:実践英会話のボキャビル

 3:英語の名言

 4:編集後記

 

■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

 

実践の英会話シーンで使われる表現です。

 

 

<本日のお題:なぜわざわざ?>

 

 

 

I have to prepare for the meeting. 

 

(会議の準備をしなくちゃ)

 

 

Why bother? 

It’s gonna be canceled.

 

(なぜわざわざ?会議は

中止になるみたいだよ)

 

 

<1点集中ポイン:Why bother?>

 

 

botherは「悩ませる」や

「くよくよする」という

意味で良く使われます。

 

 

また別の意味では、

「わざわざ~する」

という意味で使われます。

 

 

そこからwhyを頭に付ける

ことで、

 

 

「そんなの必要ない」

という意味を暗に込めながら、

 

 

「なぜわざわざそれするの?」

という意味でwhy botherを使います。

 

 

why botherの後に以下のように

内容を伝えても良いですが、

 

 

ex:Why bother preparing

(or to prepare) for the meeting.

 

 

くどいので省略するケースが

多いです。

 

 

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

実践の英会話表現で使われた重要な

英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

 

 

=Why bother?=

 

 

「It’s not necessary」

 

(それは必要ない)

 

 

 

<1点集中ポイント:Why bother?

の意味を英語で捉える>

 

 

 

■ 英語の名言━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

英語の名言から英語だけでなく、

人生の知恵を盗みましょう!

 

 

Life isn’t about finding yourself.

Life is about creating yourself.

 

 

by George Bernard Shaw

 

 

「人生とは自分を見つけることではない。

人生とは自分を創り出すことだ。」

 

 

いつまでも自分探しを

続けている人がいます。

 

 

「これは違う、自分は他に

何かやれることがある」

 

 

という状況をずっと継続して

気がついたらあっという間に

年を取っていたパターンです。

 

 

もちろん自分を客観的に見つめ

直す事は大切です。

 

 

しかしそこがズレていつまでも

何かやればこれは違う、

 

 

を繰り返していては結局何も

つかめないままで終わります。

 

 

意外と今行っている事にヒントが

多いものです。

 

 

今行っている事に全力をぶつけると

見えてくる世界があります。

 

 

今行っている事は何の意味もなく

行われているわけではなく、

 

 

多くのピースが揃って行っている

わけですから、

 

 

それが正しい・間違いという判断は

全力をぶつけてからにしてみましょう。

 

 

<1点集中ポイント:今を全力で!>

 

 

 

■ 編集後記━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

メジャーリーガーの大谷選手が

怪我で投手としては休んでいますが、

 

 

打者として結果を出していますね。

 

 

2刀流でどちらかと言えば

投手としての能力が高いと思いましたが、

 

 

打者としての能力もやはり

凄いものがありますね。

 

 

日本人メジャーリーガーは

投手が多いので、

 

 

打者に専念したらどれだけ

打つのか見たい気持ちもありますね。

 

 

本日は以上です。

 

 

ありがとうござました!

 

 

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

 

 

GLJ英語学院

ファウンダー

山本

 

 


テーマ:

こんにちは。

GLJ英語学院

ファウンダーの山本です。

 

 

最近は少し暑さがやわらいだ

感じがします。

 

 

それでは、本日も英語回路トレーニングとは

別にライトな感覚で1点に集中して

 

 

実践の英会話表現とそれに伴う

ボキャビルを行いましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:実践の英会話表現

 2:実践英会話のボキャビル

 3:英語の名言

 4:編集後記

 

■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

 

実践の英会話シーンで使われる表現です。

 

 

<本日のお題:我慢できない>

 

 

 This house looks so great!

 

(この家、凄く良いじゃない)

 

 

Well, it does, but far from the station.

That’s a deal breaker.

 

(ん、良いけど、駅から遠いな。

それは我慢できない)

 

 

<1点集中ポイン:That’s a deal breaker>

 

 

dealは「取引」や「契約」

のことですね。

 

 

そしてbreakerは「壊す人」

「壊すモノ」という意味です。

 

 

つまりthat’s a deal breakerは

 

 

「それは取引を壊すモノ」

という意味ですね。

 

 

直接的に契約や取引が成立しない

要素が起きた時にこのように言う

場合ももちろんありますし、

 

 

 

実際にその状況ではなくても、

似たような状況や感情が起きた時に

 

 

「我慢できない・許せない」

という意味で使われます。

 

 

 

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

実践の英会話表現で使われた重要な

英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

 

 

=That’s a deal breaker=

 

 

「It’s impossible to stand.」

 

(我慢するのは無理)

 

 

 

<1点集中ポイント:That’s a deal breaker

の意味を英語で捉える>

 

 

 

■ 英語の名言━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

英語の名言から英語だけでなく、

人生の知恵を盗みましょう!

 

 

Many of life’s failures are people 

who did not realize how close they were 

to success when they gave up.

 

 

by Thomas A. Edison

 

 

「人生で失敗する多くは諦めた時に

どれだけ成功に近づいていたか

気づかなかった人達である。」

 

 

 

今振り返ると過去にあれを

したかった、これをしたかった、

 

 

など人間ならいろいろやりたかった

ことを諦めた経験はあると思います。

 

 

大人になればなるほど、

世間の常識・良識が刷り込まれて

いきますので、

 

 

視野や可能性がどんどん狭くなり

やりたいことが現実的になって

可能性を小さくしていきがちです。

 

 

子供の頃はそんな枠がまだ

ありませんので枠を超えた

ビジョンを描きますね。

 

 

僕は子供の頃、本気で

仮面ライダーになれる・

なろうと思っていました(笑)。

 

 

大人になって常識や良識を

得ていくこと自体はルールの

ある社会ですから、

 

 

必要なことですし、

大切なことです。

 

 

ただ時にはその枠を超えて何か

を達成したいという気持ちを持ち

 

 

もしそこに進んでいきたいなら、

諦めないことです。

 

 

諦めたらそれで終わりなんですね。

 

 

Never give upです。

 

 

<1点集中ポイント:Never give up!>

 

 

 

■ 編集後記━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今年は台風の当たり年というか

例年よりも多く来ていますね。

 

 

梅雨もあっという間に終わり、

7月に尋常ではない猛暑。

 

 

明らかにおかしな天候ですが、

異常気象という現象なのでしょうか。

 

 

専門的には良く分かりませんが、

天候でも何でも環境の変化がある時は、

 

 

そこに順応していくために

自分も変化させていく必要が

ありますね。

 

 

本日は以上です。

 

 

ありがとうござました!

 

 

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

 

 

GLJ英語学院

ファウンダー

山本

 

 


テーマ:

GLJ英語学院代表の安田です。

 

 

昨日お盆のUターンラッシュが

ピークを迎えたというニュースを見ました。

 

 

この時期の混雑はどうしても避けられないですよね・・・

 

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

 

 

【世界がスペース不足になってきている?(whileは2台のテレビ)】

 

 

です。

 

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

 

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【世界がスペース不足になってきている?(whileは2台のテレビ)】

 

 

本日の記事タイトルは

 

 

Is the world running out of space?

 

 

直訳すると

 

 

「世界は、足りなくなっていますか、スペースが?」

 

 

簡単に意訳すると、

 

 

「世界に空いている場所が無くなってきていますか?」

 

 

ですね。

 

 

日本だけでなく世界各国で

少子化問題など人口の減少が

大きな社会問題となっている昨今。

 

 

それでも世界規模では人口は

増え続けているそうです。

 

 

今回の記事の中で、

 

 

「国連は現時点で73億人の世界総人口が

12年後の2030年には11億人増の

84億人になると予測している。」

 

 

と書かれていました。

 

 

更には、2050年には97億人、

そしてmind-bogglingと前置きをして

2100年には112億人になると・・・

 

 

計り知れない数字だけに

想像がつきませんが、

 

 

限られた面積しかないこの地球上に

これだけの人口が生活してく場所が

あるのかどうか不安ですね。

 

 

それでは、whileは2台のテレビを

見ていきましょう。

 

 

【Today's Sentence】

 

While it is impossible to precisely predict 

population levels for the coming decades, 

 

researchers are certain of one thing: 

 

the world is going to become 

an increasingly crowded place.

 

 

■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

 

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

 

 

【★英語の発声準備9ステップ★】

 

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

 

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

 

【precisely】

 

意味:正確に・精密に・厳密に(副詞)

 

発音:プリサイスリー(リーは舌先を上前歯裏につける)

 

<一番強く発音する箇所:cisのi>

 

 

【predict】

 

意味:~を予測[予知・予報・予言・予見]する(動詞)

 

発音:プリディクト(リは舌先を喉元奥の方へ)

 

<一番強く発音する箇所:dicのi>

 

 

【decade】

 

意味:十年間、十年(s 付きで数十年)(名詞)

 

発音:ディケイド(ディは舌先を上前歯の歯茎裏にしっかり付ける)

 

<一番強く発音する箇所:decのe>

 

 

【certain】

 

意味:~を確信している・~に疑いを持たない(形容詞)

 

発音:サートゥン(トゥは舌先を上前歯の歯茎裏にしっかり付ける)

 

<一番強く発音する箇所:cerのe>

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

1:正確に・精密に・厳密に(副詞)

 

2:~を予測[予知・予報・予言・予見]する(動詞)

 

3:十年間、十年(s 付きで数十年)(名詞)

 

4:~を確信している・~に疑いを持たない(形容詞)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【1: precisely】

 

⇒ exactly and correctly:

 

 

【2: predict】

 

⇒ to say that something will happen, 

before it happens:

 

 

【3: decade】

 

⇒ a period of 10 years:

 

 

【4: certain】

 

⇒ confident and sure, without any doubts:

 

 

■ ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

 

続いてチャンク毎に英語を前から

英語のまま理解できるように

直訳技術を磨いて行きましょう!

 

 

英語を意訳しているうちは

絶対に英語のまま理解する事は

できません。

 

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、

次第に日本語訳にするまでも無いものは

そのまま英語で考えて行きましょう!

 

 

最終的に全て英語になったら・・・

それが当たり前ですが英語を英語で

捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

While it is impossible to precisely predict 

population levels for the coming decades, 

 

researchers are certain of one thing: 

 

the world is going to become 

an increasingly crowded place.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【★chunk 1★】

 

=While it is impossible to precisely predict 

population levels for the coming decades,=

 

 

<直訳1>

しかし一方で、それは不可能だよ、

正確に予測することはね、

人口水準を、数十年後のために、

 

 

【★chunk 2★】

 

=researchers are certain of one thing:=

 

<直訳2>

研究者達は確信しているよ、一つだけ、

 

 

【★chunk 3★】

 

=the world is going to become 

an increasingly crowded place.=

 

<直訳3>

世界はなるだろうと、

ますます混み合った場所に.

 

 

■ ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

 

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて

ここではなるべく英語に近い直訳で

全体を捉えるようにしましょう!

 

While it is impossible to precisely predict 

population levels for the coming decades, 

 

researchers are certain of one thing: 

 

the world is going to become 

an increasingly crowded place.

 

 

<解答例>

 

しかし一方で it is impossible だよ、

precisely predict することはね、

population levels を、

the coming decades のために, 

 

researchers は certain しているよ 

of one thing だけ: 

 

the world は going to become だろうと、 

an increasingly crowded place に。

 

 

■ ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

 

ステップ4ではリスニングの為の

スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ

スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。

 

 

スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

While it is impossible to precisely predict / 

population levels for the coming decades, /

 

researchers are certain of one thing: /

 

the world is going to become /

an increasingly crowded place./

 

参考の音声はこちら

https://goo.gl/RwJuZ2

 

 

■ ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

 

それでは最後の仕上げです。

 

 

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに

そこに感情を込めて発話実感と共に

相手に伝えている意識を持って行う

オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む

(wellやyou knowといった繋ぎ言葉を

入れても良い)あるいは手などを動かしながら

読むとより実践的でかつ効果的です。

 

 

ステップ4のスピード音読との

秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、

オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

 

「一読入魂!!」

 

 

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

While it is impossible / to precisely predict /

population levels / for the coming decades, /

 

researchers are certain / of one thing: /

 

the world is going / to become /  

an increasingly crowded place. /

 

参考の音声はこちら

https://goo.gl/Wmzud7

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回は以上です。

 

 

whileはいつも伝えているので

既にイメージは持てている人も

多いとは思います。

 

 

「2台のテレビで2つの物語を

同時に映し出す」

 

 

これだけ感じていれば、

あえて「~している間」とか

訳す必要もないです。

 

 

本日は以上です。

 

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

https://goo.gl/Kgyftr

 

 

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回の記事は

 

 

「世界がスペース不足になってきている?」

 

 

がテーマでした。

 

 

世界の人口が急速に

増加していくにつれて

 

 

グローバル化やボーダレス化も

進んでいきます。

 

 

そんなオープンな時代の最中、

英語学習の必要性や重要性も

ここ数年更に高まってきています。

 

 

英語は得することがたくさんあっても、

損をすることはまずないということです。

 

 

就職や企業選びでも選択の幅を広げるだけでなく

生活に豊かさも与えてくれます。

 

 

日々の生活や働く中で、

英語は重要ではないと感じることも

あるかもしれませんが、

 

 

数十年後も同じことが言えるでしょうか?

英語は習得して損はありません。

 

 

自分の将来を考えたときに、

どのような分野でもあれば便利ですので

 

 

今一度、英語の重要性について

考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

■ 知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

「Chips」=「フライドポテト」

 

 

これはアメリカ英語のFrench friesと

同じような意味で使われています。

 

 

イギリス・オーストラリアでは

白身魚の揚げ物にフライドポテトを添えた

 

 

「フィッシュ・アンド・チップス」

 

 

というファストフードはとても人気があります。

 

 

そして、それを販売する店もしくは屋台を

ChippyまたはChipperと呼びます。

 

 

I’m hungry. Let’s get some chips.

お腹すいた。フライドポテトを買おうよ。

 

 

歴史的背景を見ても、

やはりオーストラリアの英語は

イギリス英語の影響が強いですね。

 

 

知っていて損はない、現地でも使える

オージースラングでした!

 

 

本日は以上です。

 

 

週末明けにまたお会いしましょう!

 

 

ここまでお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

GLJ英語学院代表

安田