ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

TEXAS, MANHATTAN, HOLLYWOOD
アメリカ滞在時の90年代を中心に 80年代 70年代など懐かしい洋楽を紹介します。
レコードを散々買い CD時代到来によって、全て買い直し、そしてダウンロード時代を
拒絶してしまう現物主義の年代なんですが、 iMusic はやってます(笑)

 

 

 

ANGEL / AEROSMITH

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベタ過ぎるんですが・・・

テキサス時代の思い出の曲 "ANGEL" ですtexas

1987年にリリースされた9枚目のアルバム "PERMANENT VACATION" より

3枚目のシングル "ANGEL" は STEVEN TYLER と DESMOND CHILD が共作

当時のエアロスミスの歴史で最大のヒットシングルになりましたアメリカ旗

ちなみに

エアロスミス最大のヒットシングルは "AMAGEDDON" のサウンドトラックから

"I DON'T WANT TO MISS A THING" が世界中で NO.1 になる最大のヒットに

なりました。

 

BON JOVI を超メジャーにした DESMOND CHILD がソングライティングに参加

BRUCE FAIRBAIRN がプロデュースするという黄金の最強チームが満を持して

エアロスミスを最大のメインストリームに押し上げ、成功に導きました。

アルバム "PERMANENT VACATION" も大ヒットして

エアロスミスは、見事に 当時のMTV時代ハードロック熱の波にも乗りましたアメリカ旗

そして、エアロスミスの第二次黄金期が始まりました。

 

 

当時この "ANGEL" は僕がいた田舎ではあちこちのジュークボックスで、皆が

かけていました。

僕も不味いコーヒーを飲みながら、"ANGEL" をどれだけかけたか、分からない

ぐらかけました(笑)

この曲を聴くと、テキサス時代の何もかも新鮮だった寮生活を思い出しますtexas

この曲を聴きながらあの頃のこと思い出すと、なんか "ウルっ" ときます。

あの寮生活があったから、僕はアメリカで長い間、踏ん張れたんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

■HANGMAN JURY

DUDE (LOOKS LIKE A LADY)

■ANGEL

■RAG DOLL

 

 

4枚のシングルヒットが生まれ、アルバムは全米11位になり、500万枚のヒット

になりました。

"ANGEL" は全米3位になり、MAINSTREAM ROCK チャートでは1位なりました。

何年後かに、日本ではドラマの主題歌に選ばれたようですね。

 

当然ですが

当時のMTVでも、超ヘビーローテーションされていて、MTVをしっかり意識して

強力なプロモーションていた GEFFEN の戦略が、この頃の超ハードロックブーム

を創ったと言っても過言ではありませんアメリカ旗

このエアロスミスの成功は何んといっても、GEFFEN が BRUCE FAIRBAIRN を

呼べたことだと思います。

この頃の BRUCE のスケジュールを確保するのは、至難の業だったはずです。

そして

DESMOND CHILD と共作できたことが、ダメ押になったのは間違いないですね。

 

 

 

寮にはハードロックやヘビーメタル好きがたくさんいて、筋金入りのエアロスミス

バカがいて、争奪戦のチケットを取ってくれて、ダラスで観ることが出来ましたtexas

このときは DOKKEN が前座で出てきました!!

寮ではバカばっかりやってる連中でしたが、日本から来て一人だった僕を

たくさんのライブに誘ってくれて、いい思い出が山のようにあり、僕一人だったら

テキサス時代に行ったライブには、90%行けてませんでした。

今でも感謝していますBレイノルズ

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくテキサスtexas はカントリーのイメージしかありませんでしたが、全く違って

確実にハードロックバンドが、ツアーに入れないといけない重要な土地であって

ハードロックやメタルバンドがアルバムを出し、ツアーに出て、もしテキサスで

低評価されてしまうと、アメリカでのセールスに大きく響くということで、テキサス

という土地は、マネージメントにとって重要視しないといけないと、番組でやって

いたのを覚えています。

確かにマーケットは大きいし、巨大きなスタジアムがいくつもあるので、それも

理由の一つなのかなって思いますtexas

 

 

 

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SUPERSTITION / STEVIE RAY VAUGHAN & DOUBLE TROUBLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度でいいから観に行ってみたかったです。

 

STEVIE WONDER の "SUPERSTITION" も STEVIE RAY VAUGHAN と

ダブルトラブルが、テキサス・ブルースにすると、とんでもない異次元の

ライブに到達しますねtexasBレイノルズ

 

バンドのカッコよさは当然ですが

STEVIE RAY VAUGHAN のギターと骨太ボーカルに、鬼シビれますtexasBレイノルズ

 

 

 

マンハッタン時代に、ジュークボックスをよくかけていたのは、何か所か

ありましたが、ダウンタウンにあったビリヤード場も、その一つでした。

そこは、上手い連中がいる、僕程度の者にとって場違いの場所でした。

そこに行くときは、勉強のためと、腕試しをするためだったんですが

そこで何度も挑戦していましたが、ほぼ99%負けまくっていました(笑)Bレイノルズ

2代目"MY CUE" 持って頑張ったんですが、話にならなかったです~

とにかく 映画に出てくるような雰囲気と連中がいて、大好きでしたアメリカ旗

 

そこで、僕がジュークボックスでよくかけた曲がこの "SUPERSTITION"texas

そして、お決まりの "COULDN'T STAND THE WEATHER" でした。

そこのジュークボックスには、古いロックとブルース系ばかり入っていて

僕はこのビリヤード場で、知らないブルースを勉強させてもらいました。

懐かしいなぁ~

 

 

STEVIE RAY VAUGHAN が 

ヘリコプターの事故で、亡くなったことは、当時のMTVでも連日特集を

やっていましたが、ここでは100%誰かが彼の曲を絶対にかけていて

今でもいろいろ思い出すことが出来ます。

まぁ 僕もその一人でしたが、オッサンになった今なら、ここの雰囲気に

馴染めるかも知れないなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

1986年にリリースされた初のライブアルバム "LIVE ALIVE" は最高です。

BUDDY GUY や CHESTER BURNETT や JIMI HENDRIX などのカバーが

収録されています。

 

 

ちなみにオリジナルPVは "SUPERSTITION" ですtexas 最後にカメオ出演が~

 

今は YOUTUBE でライブ映像など山ほど観れますが、当時はインターネット

もないし、ライブ音源しかなかったです。

きっと 

DOUBLE TROUBLE がこなしてきたライブは、凄い数あったんだと思います。

今こうやって、いろいろなライブ映像を観れるので、観に行きたかったなって

ますます想います。

 

 

R.I.P. STEVIE RAY VAUGHANアメリカ旗

 

■兄貴の JIMMIE VAUGHAN との "TICK TOCK" です。Bレイノルズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YOU OUGHT TO KNOW BY NOW / VIXEN

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年にリリースされた VIXEN のライブアルバム "LIVE FIRE" に

収録された新曲 "YOU OUGHT TO KNOW" 最高です。

JANET GARDNER のパワーボーカルが、相変わらずカッコいいですアメリカ旗

デビューの頃から、最強のロックボーカリストでしたが、今でも現役で

活動してるなんて凄過ぎてシビれます。

このPVは、よく行った懐かしい "WHISKY A GO GO" で撮られてます。

 

僕がテキサスにいたハードロック絶頂期に、この曲がシングルにでも

なっていたら間違いなく、MTVでヘビーローテーションになって

大ヒットしたと思いますtexas

 

 

1988年のデビュー・シングル "EDGE OF A BROKEN HEART"

当時のMTVでヘビーローテーションされていましたが、30年以上前!!

VIXEN のデビューと2枚目のアルバムは、テキサス時代のど真ん中

絶頂時代を見ていた思い出のバンドですから、ホントに懐かしいですtexas

ちなみに

この曲は、カメオ出演でチラッと映ってるリチャード・マークスが提供し

プロデュースもしています。

 

 

VIXEN のことを書き出すと、バンドのメンバーの入れ替わりが一時

激しかったこともあり、激変したメンバーで、まだやっていたんだって

感じでした・・・

そして、オリジナルのギター JAN KUEHNEMUND が亡くなってしまい

離れていた元の3人が戻って、このライブアルバムを制作しました。

 

R.I.P. JAN KUEHNEMUNDアメリカ旗

 

 

 

■JANET GARDNER      VOCAL

■SHARE ROSS             BASS

■ROXY PETRUCCI        DRUMS

■BRITT LIGHTNING      GUITAR

 

 

3代目のギタリストに BRITT LIGHTNING が が加入して、パワフルに

なったというのに、JANET GARDNER がバンドを出てしまいました。

スタジオアルバム制作の予定をしていた矢先だったみたいですが

この面子で、1枚だけでもスタジオアルバムを制作してほしかったな・・・

期待が大き過ぎたので、心底残念に思います。

 

 

 

 

 

 

■REV IT UP

■HOW MUCH LOVE

■ONE NIGHT ALONE

■CRYIN'

■MEET THE BAND

■ROCK ME

■STREETS IN PARADISE

■I DON'T NEED NO DOCTOR

■LOVE IS A KILLER

■LOVE MADE ME

■BIG BROTHER

■EDGE OF A BROKEN HEART

■YOU OUGHT TO KNOW BY NOW ( NEW RECORDING )

EDGE OF A BROKEN HEART ( ACOUSTIC VERSION )

 

 

 

大好きな MICHAEL WAGENER がミックスしたこのライブアルバムは

懐かしい曲が蘇ったオススメのライブアルバムですアメリカ旗

それにしても、30年以上経ってから、ライブアルバムを出せるとは

とんでもないバンドです。

バンドは ROXY PETRUCCI と BRITT LIGHTNING 2人が強力なので

JANET GARDNER のハスキーボイスが、健在でまだまだやれるって

ことを証明しているのに・・・

 

"EDGE OF A BROKEN HEART" のアコースティック・バージョンが

収録されていていて、大人のロックで素晴らしいです。

 

 

JANET GARDNER はソロアルバムのリリースを、すでに2017年には

していたので、ソロ活動を続けたかったのかなぁ・・・

VIXEN は新しいボーカル LORRAINE LEWIS を迎えて、バンドを継続

しているみたいですね。

JANET GARDNER が出てしまったので、BRITT LIGHTNING もすぐに

出てしまうんじゃないかと思いましたが、残って活動してるみたいです。

ROXY PETRUCCI と SHARE ROSS も凄過ぎますアメリカ旗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ