ジュークボックスから きこえてきたアメリカ

ジュークボックスから きこえてきたアメリカ

テキサス・マンハッタン・ハリウッドと
アメリカ滞在時の90年代を中心に 当時の思い出の曲やジュークボックスでかけた曲
そして、80年代 70年代など懐かしい洋楽をご紹介できればと思います。

 

 

 

THE LONER / GARY MOORE

 

 

 

 

 

WHAT'S UP G?

I MISS YOU 

SO BAD

 

R.I.P. G

 

 

 

OUR DREAM IS STILL ALIVE

 

YOUR SIDEKICK FOREVER

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TEDDY'S JAM 2 / GUY

 

 

 

 

 

 

 

ROUGH BOY それで一体どうだったんだよ?

 

大昔 BAD NEWS ALLEN という スキンヘッドのプロレスラーがいたんですよBレイノルズ

水平チョップの横じゃなくて、縦に入れてくる(突いてくる)

あのアレンチョップを、喉にくらったレスラーたちが、悶絶していたシーンが

目に浮かびます。

ヒール役の中では、BAD NEWS ALLEN が一番好きでした。

 

マンモス級ではありませんでしたが "アレン級の悪い知らせ" が届きましたBレイノルズ

 

ちょっと チビりましたが・・・

 

人生で初めてのことが、あちこちで発生しています。

"50を超えると、何か起こり出すぜ"

そう先輩たちから聞いてはいましたが、とうとう襲ってきたなってとこです。

 

 

昔僕からのメールの表示が、アレンからとった "BAD NEWS YAS" でして(笑)

アメリカのボスにメールしたのに、返信が全く来なくて、重要なことだったので

どうしたものかと焦っていたら、"BAD NEWS" の表示はウイルス系のメール

だと、判断したらしく、そのままゴミ箱に捨てられたことを思い出しました(笑)Bレイノルズ

 

 

 

 

今回の経験で

漠然とビビッているだけではなく、自分の状況を把握出来たので、もう1つの

最大級にビビってることも、憶測や望みではなくて、想定や覚悟が出来るので

次はそのことについて、行ってみようと思っています。

 

"俺は大丈夫だろう" 

ずっとそう思って、今まで生きてきましたが、そうではないってことが自覚出来

ただけでも進化したと思います。

コロナもそうですが、こういう状況になると、いろいろやろうって思えます。

この状況と環境の中で、これからどう人生を攻めるか、ヤル気が出てきたぜBレイノルズ

 

 

 

ARE YOU READY FOR THE JAM?
 

 

 

 

 

 

 

■WANNA GET WITH U

■LET'S CHILL

■DO ME RIGHT 

■D-O-G ME OUT

■HER

■LET'S STAY TOGETHER

 

 

 

 

 

1990年にリリースされた 待望だった2枚目のアルバム "THE FUTURE" から

"TEDDY'S JAM 2" です。

デビューアルバム "GUY" に収録されていた "TEDDY'S JAM" をご存知の方は

このアルバムに "TEDDY'S JAM 2" が収録されたことで、どんな感じになるん

だろうと楽しみにしていたと思います。

僕の場合は

期待とは全く違った音でしたが、この骨太感が、これはこれで TEDDY RILEY が

創った NEW FUNK で、カッコいいなって思ってます。

 

まだまだ若かった前作から、一気に全てのイメージを激変させて 

TEDDY RILEY が新しい時代の NEW JACK SWING を牽引する中で、デビュー

アルバムとは、全く違う新しい時代へのメッセージが込められた曲だと思います。

 

このアルバムからは、6曲のシングルがうまれ、全米16位のヒットアメリカ旗

R&Bチャートでは、デビューアルバムから、2枚連続の1位を記録アメリカ旗

新しい TEDDY RILEY の黄金時代が始まったアルバムになりました。

懐かしいアルバムです。

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KEEP IT COMIN' / UNCLE KRACKER

 

 

 

 

 

 

昨日根性を出して、響きが怖い "心臓血管クリニック" に、朝一番に行ってきました。

7時30分の受付でしたが、6時30分に着いて、根性で1番札をゲット

得体の知れない恐怖に対するビビりようが、僕にこの1番札をゲットさせてくれました。

8時には第一弾検査が開始されましたが、最初の難関の注射にはビビりました。

 

 

それにしても
ブッ太い注射針で、人生で見たことがない恐怖すぎる太さ・・・

刺されるまでが超怖くて、9割泣きが入りました(笑)
看護婦さんには、いつも笑われますが、昨日のは別格でした。

よくあるアンダーカバーの捜査官や諜報員が捕まって、拷問される道具にみえました・・・

 

"このマンモス級の太さはないぜ 神様"Bレイノルズ

 

"これ怖いよね~ 分かる分かるよ~~~、心の準備は出来る?"

ヒゲがあると、骨太ワイルド系なんですが

見た目と違って、明らかにビビってる僕に、子供に話すように優しく話かけてくれました。

 

消毒されてから
"あと10秒ください~(泣)" 

相変わらずの往生際の悪さでBレイノルズ

目をつぶってから GOサイン出しました(笑)

 

 

 

これも初体験でしたが、そのブッ太い注射をしたまま、次の検査をいくつも受けていく

なんて、歩くのにも、揺れないように小股になってしまい。

マスクしていても分かるぐらい、その悲痛な雰囲気が僕にはあったんだと思います。

涙ぐんでたかも(笑)

すれ違うおばあちゃん達に、"大丈夫かい? 大丈夫だからね~~~" と

可愛い北海道訛りで、8時から14時までの間に、何度も話かけられましたBレイノルズ

 

 

 

 


 

 

 

■IN A LITTLE WHILE

■DRIFT AWAY

■MEMPHIS SOUL SONG

 

 

 

 

 

2002年にリリースされた 2枚目のアルバム "NO STRANGER TO SHAME" に

収録されている "KEEP IT COMIN" です。

 

"KEEP IT COMIN"" 笑えるのでいいでしょBレイノルズ

 

このアルバムには、名曲 "DRIFT AWAY" のカバーがシングルヒットになりました。

それが心地いいです。

UNCLE KRACKER に雰囲気があって、ホントに素晴らしいカバーです。

UNCLE KRACKER は一応カントリー歌手だと思うのですが、何だろクロスオーバー

なのかな、KID ROCK がプロデューサーなので、ラップも入って、こんな感じになる

OOUNTRY ROCK って言うジャンルなのかな。

 

デビューアルバムほどの成功はしませんでしたが、僕はこの2枚目も好きです。

3枚のシングルがうまれ、全米43位ながら、GOLD DISK のヒットになりましたアメリカ旗

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE

ROUGH BOY