現実がリアルだと

 
意識は
 
現実というストーリーに
 
はまり込んだ状態で
 
 
 
外に
 
完全集中の
 
様子は
 
 
 
 
映画館で
 
スクリーンに
 
流れている映画を
 
観てる側だということを
 
忘れている状態とも
 
似てる
 
image
何かが起こるたびに
 
「これはダメだ」
 
「そうじゃない」
 
「もっとうまくいくはず」
 
「これでは納得いかない!」と
 
起きてることを
 
現実を
 
変えようとする働きは
 
 
 
 
スクリーンに流れている
 
映画のフィルムを
 
変えようとすることと
 
全く
 
同じ
 
 
 
 
*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・*:.。..。.:*
 
起きていることは
 
変えられない
 
すでにもう
 
起きたこと
 
 
 
瞬間瞬間が
 
完結の
 
結果
 
*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・*:.。..。.:*
 
 
 
 
これは
 
映画を観るように
 
現実を
 
観ようって話でなく
 
 
 
 
 
現実も『私』も
 
映画でいうところの
 
流れる映像
 
現象
 
 
 
 
 
変えられるものも
 
変える必要のない
 
完全
 
完璧な
 
 
現れ
 
 
 
 
 
だから大丈夫、
 
 
 
 
 
 
なんとかしようとしなくても。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今日もありがとうクローバー
 
 
 
 
 
 
 
 
王冠1こちらに参加しています
ポチッとあしあとよろしくお願いします


人気ブログランキング