自分とは何ものかを明かす旅

テーマ:

「本当の自分」「素の自分を生きる」

 

「自分らしさを大切にしましょう」

 

この言葉を知らない人はいないのではないでしょうか?と

思えてしまうぐらい 定着しつつある言葉

 

ですから

 

飽きるほど見聞きして

新鮮さのかけらもない、と

感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね

 

でも「本当の自分」で生きてる人

 

「素の自分」を生きている人

 

「自分らしさを大切」に生きている人

 

実際のところ どれくらいいるのだろう、、、と思うとき

 

想像するに、まだまだ少数

もしも私が思っている以上に多くいるとしたら

意識の変革の波に乗ってる人が多くいるということを

喜ばしいな、と感じます

 

本当の自分で生きることの素晴らしさは

「本当の自分」を知ることにあるんですね

 

自分を知って、人生を知っていく

 

本当の自分、を知らずして 自分が生きたい人生も

自分の生きたい生き方も見つけられません

 

かつての私がそうだったように

「本当の自分」を探求し続けてきている人はいまも、

これからも ここで生きている以上 人には

そのような知りたい欲求というのが出てくるようです

 

ぜひ その時には あなたの望みを叶えてください

多くの人が認識している 本当の自分とは

この世を生きる人としてのキャラクターで

肉体を持ち、性格や人格が備わっているもののこと

 

もう1つは

 

私の専門分野である「意識の存在」であるということ

純粋な意識そのもの、であり 全ての人が同じものを

感じています

 

 

私たちは大いなる生命そのものであり

深いところでは1つです

 

私、というのを自分とも言いますが

『自分』という漢字はうまく表していて

 

『自ら』 を 『分ける』

 

すべてである1つの意識を分けている

 

それを分離した意識、分離意識と言います

 

ただ、みんなそれぞれ「あなた」「私」というように

 

個別に分離しているように生きていて 

 

(事実は)そのように見えているだけであり

 

本来、分離はしていないんですね

 

それは幻想で

 

現実と呼んでいるここも幻想

 

それを見抜いた時

 

誰もがどこかで知っていたことを思い出し

 

人生とはどのようになっているのか

 

本当の自分が何ものなのか

 

真実が明らかになります

 

 

 

 

まだまだ、書いていきますよ

次の更新も読みに来てくださいね


人気ブログランキング

AD