■RX-零丸&八鳥製作の巻

 SDBD RX-零丸の発売日は8月25日だったので、GBWCの締め切り(9月2日)までは一週間強という突貫作業。なので、作業を限定して製作することに。まずはどのように合体するかのプランを模索して、そこからパーツへの加工を施すわけですが、極力零丸のほうはいじらずに、武装装甲八鳥だけで済むようにしました。

 

合体プラン。このときはまだ両面テープによる仮止め。

 

零丸は下半身をSDフレームに変更。これは好みの問題で。あとは金や赤のパーツの丸い先っぽを尖らす作業が延々と…。

手首はストックの次元ビルドナックルズ「角」Lサイズにて。

 

肩アーマーの接続は主としてスカルウェポンに入っていたジョイントパーツを組み合わせて背中から接続軸を出す方式で。こちらに頭部の接続軸もつけておく。

 

もとの八鳥にないアヤメ用ヒールパーツは、手甲パーツの裏に金属板を貼って、磁石で接続するように。

手甲パーツはスカルウェポンに入っているジョイントがちょうどよかったので、これで手首と挟み込みで固定する方式にした。

 

リアルモードのスネにあたるパーツは中をがらんどうにするので、赤い羽根パーツの接続方法を変更。

 

八鳥状態。ぱっと見た目にはそんなに変わらないように出来た。

 

ここまでの加工で、アヤメ・零丸・八鳥から、きちんと合体できるようになった。

ちなみにアヤメさんの手は次元ビルドナックルズ(丸)Lサイズ

 

零丸の塗装に関しては

・白は成型色メインに白以外のパーツにある白い部分のみ塗装

・赤はシールと成型色

・部分金はシタデルのRETRIBUTOR ARMOURをスプレーと筆で

最終的にフラットクリアースムースを吹き付けて完成。

 

と割り切って進行することでなんとか完成に漕ぎ着けた。

 

そして…完成!