管理栄養士Cocoroのこころ ~1型糖尿病で糖質制限な日々~

管理栄養士Cocoroのこころ ~1型糖尿病で糖質制限な日々~

2010年より1型糖尿病を発症し、糖質制限食で食事療法をしています。
管理栄養士でもあり、栄養のことや日々の糖尿病の体験記などいろいろな情報発信をしています!

 

もう日付が変わってしまいましたが

2020年3月30日で1型糖尿病になり10年が経ちました。

 

正確には「1型糖尿病」と診断をされて10年です。

10年前のこの日から1型糖尿病としての教育入院をすることになりました。

 

発症原因は2009年10月に罹った新型インフルエンザであろうと言われていますので、発病は恐らく2009年10月。

 

今はコロナで世界がパンデミック状態となっていますが

10年前は新型インフルエンザでパンデミックのようになっていました。

 

なので、おそらくこのコロナに罹った人の中でも1型糖尿病を発症する可能性があるのではないかと思います。

 

恐ろしい話です。

 

心からそうなってほしくはないのですが、

こればかりはわからないことで、

私はそれを引き寄せてしまった1人です。

 

なので、皆さんは手洗いうがいの徹底で

自分と家族を守ってあげてください。

 

 

私はあまり過去を振り返らないタイプですが

3月30日にはいろいろと思い出します。

 

今年は10年前の写真を見てしまい、

あぁ、この成人式のときはもう発症してたんだなとか

このタイミングで症状が出てたのになんで病院に行かなかったんだろうとか

少しネガティブな気持ちが上回ってしまいました。

 

ただ、1型糖尿病という病気の恐ろしさなども再確認でき

また明日から血糖管理も引き締めていこうと思えたので

結果オーライということにしておきます。

 

同じ1型糖尿病のたくさんの方は日々を努力して過ごされていて、

時には傷つき悩まれていると思いますが、

それでも生きていくという選択をして、インスリンを打って1日1日を生きています。

 

もちろん、家族や友達、病院の先生や看護師さんなど沢山の人の支えによって

生きていけているので日々の感謝は忘れたらいけないなと思っています。

 

前にも記事で書きましたが

今の目標は娘の子供を見るまで合併症などなく元気でいることなので

自分も頑張るし、難しい時は周りにも頼りながらこれからの人生歩んでいきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーー

そして最後に志村けんさんのこと、コロナのことを。

 

志村けんさんの影響で日本人の危機感が上がるというのもおかしな話なのですが、

危機感というものは自分の身近な人に何かが起きると感じやすくなるもので、

それだけ志村けんさんが日本人にとって身近に感じる芸能人だったということなんだろうと思います。

大ファンということではありませんでしたが、訃報を聞いて涙が出ました。

お悔み申し上げれるほど実感していないですし、本人が1番悔しいだろうと思うのですが、

いかりや長介さんを始め、志村さんにとって大切な人達と一緒に笑っていること願います。

 

そして、最初の方にも書きましたが

コロナウイルスが原因で1型糖尿病や他の疾患にかかる可能性もあります。

私はコロナに罹らない、罹っても回復する、なんて

甘い考えは捨てて、しっかりと自己防衛されてください。

 

 

 


セットポイントというのは
医療用語の1つでもあるのですが、
人は体温を恒常に保つ働きがありますが
その保つときの体温をセットポイントと言います。

大抵体温だと36〜37度がセットポイントに
なっていると思います。

血糖値ではセットポイントという
呼ばれ方はないのですが、
ある程度、体が高血糖に慣れていくと
それが普通と勘違いをしてしまう現象があります。

これは他の患者さんなどの話しもですし
実体験でも感じています。

現在丁度インスリン調整中なのですが
平均血糖値が110〜130となっていたのを
90〜110にしようとしています。

インスリン恐怖症は低血糖恐怖症でもあるので
どうしても100以下の血糖値になると
不安で仕方がなかったのを
なんとか少しずつですが90台でキープする恐怖心を
拭うことができるようになってきました。

ただ、平均血糖値が高かったので
70台になると標準値内なのに低血糖症状が起きます。

他の患者さんでも同じように
平均血糖値が高めの方が
100を切ると低血糖の症状が出るから
思うようにコントロールができないと
悩まれている方も見てきました。

つまり血糖値のセットポイントが
高い状態になっていると
低血糖じゃないのに低血糖だと体が勘違いし、
逆も然りで
平均血糖値が低めの方は60台になっても
低血糖症状が出にくくなる
ということが起きる可能性があるということです。

全員が全員そうではないと思いますが
少なくとも私だけでなく
他にもそのような経験をされている方がいるので
同じように悩んでいる人もいると思います。

私も今その壁にぶつかっており、
丁度ここ数日寒くなったせいか
血糖値が低くなり気味で
さっきも70台まで下がったせいで
心臓バクバク、手はブルブルと
しんどい思いをしてました^^;

10年間、毎年ですが急に寒くなると
血糖値がストンと下がるのです。

部屋の温度は暖かいのに
外気が寒くなるとなぜ血糖値が下がるのか
これだ!という答えが見つかりません。

そういえば昔、
血糖値のセットポイントが低く、
この数日のように急に寒くなった日に
49まで下がってようやく低血糖症状が出て
低血糖に気付いたということもありました。
大学の授業中で椅子に座ってられなくなり
周りをびっくりさせてしまったのが懐かしいです。笑

まだセットポイントを完全に2桁台にするまでは
至っていませんが
かなりいい感じにはなってきてると思うので
もう少し精神面と戦いながら頑張ろうと思います。

そして、
インフルエンザやノロ、コロナなど
色々なウイルスが蔓延している時期ですので
皆様も手洗いうがい、マスク、手指消毒で
自己防衛されてくださいね。

最近、娘が急に地団駄のように
足をその場でバタバタするようになりました。

まだ階段は一人で登り降りできず
ジャンプもかけ足もできないのですが
あ、また成長したなとしみじみ実感しています。


今朝もそんな娘を連れてお散歩に
行ってきたのですが
夫にローソンで
おつかいを頼まれていたので寄って
なんとなくロカボおやつ購入。




一気に全部食べたら上がるんですけど
2〜3枚くらいなら
インスリン打たなくてもいけます。

お味はピキタンさんや菓子職人さんに比べるの
もちろん劣りはするのですが
200円以下と考えるとなかなかの思います。


ショートニングやら添加物は沢山入ってますが
今は妊娠も授乳もしてないので
そこまで気にはしていません。
でも甘味料は自然のラカンカのようですね。

チョコチップは普通のチョコのようです。

もう1つのブランのクリームサンドも
1個ならインスリンなしでいけます。

最近食べていませんでしたが
やはり甘いものはホッとしますね。
ちょっと根を詰めて色々疲れていたので
良いリフレッシュになりました。

食前 108

小麦ブランのチョコチップクッキー 3枚

食後2h 116
食後3h  121

3枚で糖質1g強くらいですかね?

ごちそうさまでした。


2日連続で夜間高血糖のアラートで起こされ
インスリン打って下がるのを待ってます。

前までは低血糖気味だったので
急にどうしたんだと少々戸惑ってます。
そして、低血糖が怖いので夜間打ってしまうと怖くて眠れません^^; 

寝れないなら仕事をしようとベッドから出ようとしたら
娘ちゃんがガバッと起きて目が合って
一緒に起きてきそうな勢いだったので
もう一度寝かしつけて今日はそのままベッドにいることにしました。
ただ寝落ちしそうだったので
それならブログ更新と重たい瞼と戦いながら指を動かしてます。

話は戻って血糖値、
生理前に血糖値は高くなりがちですが
それも生理3日前とかくらいからなので
今は排卵日過ぎたくらいでまだ早いなぁ…と。

昨日も今日も夕食のタンパク質量はそこまで多くなく、
食事で夜中に血糖値があがるような要因がありません。

昨日は恐らくインスリンを体に入れるチューブが
2日目後半になっていたので
効きが悪くなっていたのかな?と思うのですが
今日は交換1日目で1番良く効く日なんですけどね。

体で何かしら起きてるんでしょうけど
なんなのでしょうね。

110台にまで下がってなおかつインスリン効果の尾が切れるまでもう少し辛抱します。

 

インスリン増量中です。

 

ざっとですが

1日のインスリン量総量が

8単位~11単位

10単位~14単位

に増えた感じです。

 

変化としては

 

・ 日中に食べていないときも150を超えることが少なくなった

 

・ 早朝空腹時血糖の二桁台の増加

 

・ 夜中の低血糖増加

  (夜間のインスリン量を減らしているがまだたまに)

 

・ 食事量の変化はないが体重が増えた 

(インスリンによる取り込まれたブドウ糖が脂肪に変わった)

 

という感じです。

 

インスリンは増やすと体重増加が顕著ですね。

 

運動も増やしましたが

取り込み量の増加の方が上回っている様子。

 

有酸素運動ももう少ししたほうがいいかもしれません。

 

夜間は怖くて増やさなかったのですが

これが正解だったようで

増やしていたら今以上に低血糖が増えていたでしょう。

 

ただ、0時過ぎて起きていると

アドレナリンやらの関係か食べてないのに150上がることもあり、

ある程度追加インスリンで是正しないとダメなときもありました。

 

恐らくこの是正で寝た後に低血糖が起きているんだと思うのですが

家事やら仕事やらなどを娘が寝てからスタートなので

12時前に寝るというのは

寝かしつけで寝落ちしてしまうときくらいなもので

(とはいってもその後1時2時に目が覚めてそこから活動してしまうのですが^^;)

このタイミングでの調整が今のところ1番難しいです。

 

睡眠時間の遅延や不足は高血糖の元ということですね。

 

ということで今のところ基礎インスリン増量は成功しており

もう2週間でもう少し調整していくつもりです。

 

よくインスリンポンプの講演会でお聞きする

「追加インスリンで是正より適正な基礎インスリン」

というのは本当で、基礎インスリンが足りていないと

追加インスリンで是正してもなかなか下がらないのを実感しております。

 

まだまだ恐怖心は薄れてきませんが

ちょっとずつ増やして頑張ります。