新潟のカヤックフィッシングと言えば上越、ドン深な海で真鯛、アカムツが有名かと思いますが、実家は新潟下越…

海水浴シーズンで、状況がよく分からない上に、かなり遠いので、遠浅で微妙そうだが、近場から逃げずに?開拓したい口笛

下越某所、前日に下見して夏でも浜から出せる事を確認!
小船を付近の港から出してる人は居るが、カヤックを出してる人は、サワラシーズンに過去一回しか見た事が無い…
カヤックフィッシングという文化は新潟下越にはほぼ無いようです!

浅場から打つとサバサババのボイル、イナダとかはおらず、青物系はサバのみのようですゲロー

丸いので、味見に一本のみキープ!

サバの反応、特徴的なフォーメーションは新潟下越の遠浅な海でも館山でも同じ
よーく魚探を見てると、サバの反応が切れる時があります口笛そんな時にワンチャンスあったりするのか否か!?

これ真鯛じゃないか?
という丸みを帯びた反応に落とすと…


キター!!
新潟下越の浅瀬にも居るんですね!鯛めしにしたいと思いますウインク


続いて、この反応もサバ無し真鯛有り
今度はジギングタックルで!
中々引きました!家の大鯛中鯛ストックが半端ないのでリリース口笛
この連休、もはや自給自足を、超えています真顔


アジが釣れて、珍しいのでキープ
こちらも非サバの反応を打ちました
アジはフォーメーションがサバとは違うようです!
アジだけセレクト出来る様になりたいが、中々チャンスが少ないショボーン


ボトム付近のイワシの反応を打つと


ホウボウ3本!
イワシの群れの中がお好きなようでもぐもぐ


帰りがけ、本日の仕上げに?マゴチを釣りたく、水深15mでハウルを散々キャスティングするが、無反応…
甘くないすな…



同じ水深を魚探で見てたら、ベイトが底付近に良い感じで居る!

何とマゴチ!
こんな浅場でも試しに垂らしてみるもんですね!笑


マゴチといえばキャスティングですが、
浅場でも底付近のベイトの反応を見てジグをたらすのも、有効なスタイルかもしれません!
マゴチは魚探に映りにくいと言われていますが、ベイトの層や様子を目印に、ジギング連打する事によって時にはキャスティングスタイルより釣れる事もあるかもしれません!

例えハズれても浅場なのでフォール時間ロスが無いのと、
行き帰りのついでに出来るお手軽な釣りなので、こちらは今後、検証を重ねたいと思います!



このメンバーを持ち帰りもぐもぐもぐもぐもぐもぐ







また違う日、黒ムツタマガシラは普通に旨かったですが、それ以上に67センチの真鯛と、丸々とした中鯛のガラ汁がビックリするくらい旨かったです!
味付け云々を全て弾き飛ばすような旨み…

デカめの熟れた真鯛や、太った真鯛は違いますね!

前回の2匹は50cm前後と小さめで、見た目も太ってなかったので、全くの別物でした口笛
釣って楽しい、食って旨い!

真鯛って地域問わずに割と安定して釣れる部類だし、かなり良いターゲットですねウインク