こんにちはー

 

今日は雪と昨日の天気予報では言ってましたが、ちらちら程度でよかったです。

 

Tさんは「晴れ女」なのでしょう音譜

 

天気予報とは裏腹に、うちにいらっやるときは晴れてます!!

 

 

前回のクレイシートパックでの水分量の変更

 

Tさんはもお家で試され、大さじ1.5で(22.5ml)で作成されました。

 

教科書レシピでは水の量が30mlのところ25mlに変更でシートパックによい硬さかなって感じになりました。

 

 

 

スパチュラで持ち上げられます。


20mlだとまだ水分を吸っていない状態のクレイが残ってましたね。

 

結果、福島先生の新しい量り方でのクレイ湿布の水分量は22.5mlから25mlがいいようです。

 

 

では今回のクレイセラピスト養成講座 レッスン3 

 

実習はクレイ歯磨き

 

クレイ歯磨きはクレイの吸収、吸収作用で汚れを落とすので、普通の歯磨き粉のような研磨するものとは違います。

 

また、お口の中全体に健康的にしてくれます。

 

クレイ自体には「殺菌作用」はありません。

 

クレイの様々は作用によって菌が住みにくい環境を作ります。

 

結果、歯茎も健康な状態へと導きます。

 

口内炎ができているときは、市販のスースーした歯磨きがつらい!!って思っている方‼

 

マイルドなクレイ歯磨きをお勧めしますよ。

 

 

 

 

粒子が細かいホワイトクレイ、天然塩、さっぱりしたのがいいとのリクエストでペパーミントウォーターで作りました。

 

 

余談ですが

 

ミントなんですが、イメージしやすいようにプランターのパイナップルミントを取りに行ったら、あまりよくない状態のでした。

 

でこの子は木製プランターが腐ってきて、下からはみ出て地植えとして繁殖しだした子が芽を出しているのを発見して、摘んだもの。

 

まだ2月だけど、生き生きとした新芽をGetできたのはうれしいですラブラブ

 

まだ3センチほどしか出てきてないので、早いところなんとかしないと今年の夏はえらいことになります笑い泣き

 

消えてしまったペパーミントだと思いますが、プランターに移してまた育ててもいいですね。

 

スペアミントもあったはずですが。。。どっちわからない。

 

 

 

 

 

ちなみに、クレイセラピスト養成講座の実習とは別にシルバーブルークレイには灰が入っているのでそちらでも作ってみました。

 

 

 

カオリン、モンモリロナイトが入ってますがカオリナイトが多めかな。

 

色の関係、飛び散らかさないように歯磨きしないといけないですが、ホワイトとの違いも体感すると面白いかな。

 

 

次回レッスン4の実習はクレイボディーパックです。

 

こんにちはー

 

雪が落ち着いた、晴れた冬の日はテンションが上がります。

 

雪の日だとお越しいただくのに大変だなーと心配になりますが

前回と同じく今日も晴れました音譜

 

 

クレイセラピスト養成講座 レッスン2 

 

今回の実習はクレイシートパック

クレイの湿布ですが、湿布は治療行為にあたるとのでシートパックになってます。

 

 

↑ 映えないクレイシートパックあせるあせる

 

 

前回のクレイパウダーのを試していただいて、乾燥肌のかゆみの軽減になったとのお声をいただきました。

 

市販の薬をいつも使っているけれど、それよりもクレイパウダーの方が使いやすくてしかもかゆみも軽減されてよかったみたいですね。

 

 

 

 

クレイパウダーをお肌にパタパタとしあげた後は

 

「かゆみを感じず掻かずにすみました」

 

という感想を私も以前からサロンのお客様から何度もいただいてます。

 

こんなに手軽でいいんだけど、あまり知られていないんですよねー

 

 

 

ではこれはなぜ起こったのか・・・・?

 

このことについて、クレイの様々な作用のお勉強でご理解いただきました。

 

知れば知るほど深みにはまり楽しくなるのがクレイセラピーですラブラブ

 

 

実習のクレイシートパックはかためのクレイペーストです。

 

11月の福島先生のセミナーで教えていただいた量り方で教材のレシピを作るとちょっとゆるくなります。

水分の調整が必要ですが、常に同じかたさのペーストを作るにはとってもいい量り方なので、今後はこの図り方でちょうどよい水分量お知らせしていこうと思います。

 

 

 

シートパックを手の甲にのせると

 

気持ちいいーと思わず言ってしまうのは、クレイの心地よさ

 

市販の湿布とは違う優しい感触と水分を含んだクレイの重さが伝わるのだと思います。

 

私が幼いころは接骨院とかで、ガーゼに包んだ手作りっぽい湿布に油紙を当てて包帯をするというのがあったけれどあの湿布は何でできていたのか・・・と今更ながら気になります。

 

 

肩こり、やけど、発熱時、腰痛、頭痛の時など冷っとしたシートパックは気持ちがいいですね。

 

最初はヒンヤリするのですが、しばらくすると温かく感じてきますよ。

 

 

次回レッスン3の実習はクレイ歯磨きです。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはー

 

年が明け、明日はもう大寒です雪雪雪

 

体調管理にはどうぞお気を付けください。

 

今年はまめにブログを書こう!と年はじめに決めたので、頑張りまーすパー

 

 

 

クレイセラピスト養成講座のレッスンが始まりました。

 

また新たな目標に挑戦される、素敵な女性との出会う機会をいただきました。

 

 

 

 

教材一式 テキスト、バインダー、クレイ(ホワイト、ピンク、レッド、イエロー、グリーン、ブラウン)ホホバオイル、ミネラルジェル、ローズウォーター、ラベンダーウォーター、カモミールウォーター、クレイシート

 

生徒さんの段ボールの箱に入った教材一式なんですが、以前私がクレイセラピストを受講した時に受け取ったわくわくが蘇ってきます。

 

また私も初心に帰れてうれしいですラブラブ

 

 

レッスン1の実習はクレイパウダー

 

 

 

 

実習で約1週間体感していただくのは基本ホワイトクレイパウダーですが、6種類のパウダーの触感や容器の中のクレイの量や逆さにしたりちょっと振ってみた際の容器の中のクレイの状態など、いろいろな角度から6種類のパウダーの違いを観察していただきました。

 

 

クレイに触れるのは初めてとのことだったので、ホワイトクレイを触った感想は私にとっても新鮮でした。

 

クレイは「泥」ですが、セラピーで使うクレイは汚染されていない土壌から掘り出された純度の高いもの。

 

想像していた以上にさらさら、ツルツルしているようです。

 

ホワイトクレイのパウダー、いろいろと使う用途が頭の中に浮かんでいらっしゃるので、次のレッスンで体験談を聞くのが楽しみです。

 

クレイセラピーに限らず、ご自身が体験されたことが今後の財産になりますので、いろいろ体験なさってください。

 

 

次はレッスン2 実習はクレイ湿布です。