Ravimore Chef Blog

Ravimore Chef Blog

岩手県盛岡市の結婚式場「リサージュラヴィモア」のシェフが綴るブログです。料理へのこだわりを存分に書き込んでいきます。

米国を舞台に偉業を達成した大谷翔平君、松山英樹君。

いやまあ素晴らしい。

大谷は同県人と言う事もあって、息子と同い年という

事情もあって本当に肩入れしてしまう。

打者としての活躍が勝る気もするが、投手としても

気の済むまで投げさせてあげたい。

ノースリーブの写真では上腕二頭筋がほぼ顔の大きさと

等しかった。

なんだこれ、リアルキャプテン翼かよw

 

松山、魔物が棲むと言うオーガスタでアジア人初の

優勝、アマチュア時代から注目を浴びた選手だが

ここ数年は少し伸び悩んだ印象、才能、資質に恵まれ

ても努力を重ねて成し遂げた快挙、並大抵の事では

無かったはずだ。

ゴルフは日本でも愛好者が多い。

実況では見れなかったが視聴者の多くも感動と歓喜の

涙を流したようで、このご時世に喘ぐ日本人を多く

勇気づけてくれた事は間違いない。

 

比較じゃないがもう1人生活の拠点を米国に据える

KK氏、最近釈明、言い訳?のコメントを長々と公開

したみたいだが相変わらず批判は止まない。

国際弁護士志望としては全く人の情状に訴えない

手前勝手と言える情報の羅列、一言で言えば

「僕悪くないもん」と駄々をこねる幼児と一緒。

 

一般人だったら相手側の親の反対を跳ね除けて

駆け落ちでもして仕舞えばいいとなる。

本当に当人達の気持ちが揺るがないのであれば。

しかしお相手は皇室だ。

国民の理解と祝福を得るのは一点の曇りもない

お相手と認識される事だ、それはもう無理。

 

であれば、内親王が皇籍を離脱されて文字通り

一般人同士のご結婚という体に持っていかないと

国民は納得しない。

それが可能なのか難しい事なのかは分からない。

しかしこのKK氏、内親王とご成婚に意味があると

思ってる節が見受けられるのでそれで納得するか?

皇室にそれを訴え成就させるならば逆転で国民も

納得し応援の声もちらほら出るかもしれない。

 

モチベーションの端緒が愛情なのだったら可能な

はずなのだが。

何を勘違いしてるか知らんが変なプライドが高い

んだろうな。

 

実に極私的な所感ではあるがこの3人、息子との

類似点がある。

顎が丸い、円らでも切長でもないが涼しげな目元、

年頃もほぼ一緒。

KK氏の顎はちょっと長いか。

 

我が息子は相変わらず彼女も出来ずに独身生活を

謳歌してるみたいだが。

堅実を絵に描いたような幸い私の気質を一切引き

継がない息子だがそれもそれで心配である。

頑張れ息子、そして男達!

 

 

 

 

 

 

 

作曲初心者です。

イントロからAメロまで2週間を費やしたw

まず記念すべき第一曲目は、好きなコードが

あったのでギターで弾きながらキーボードで

なぞり、DAWに打ち込んで行く。

問題は今弾いているコードネームが判らない、

きっとDAWなりMelodyneなりに解析してくれる

機能があるだろうからきっと何とかなると信じて。

 

次はBメロ、サビになるはずですが意外にイントロ

とAメロが決まれば後の展開は見当が付いてくる、

と言うか初心者の私が見当を付けて曲を書いても

恐ろしく凡庸にしかならない気もしますが、まずは

自分の耳とて今まで50年以上音楽を聴いてきた

蓄積を信じて思い切ってやってみます。

 

きっと今流行りのバズる曲は書けないけどw

いやー、昨日月曜日の朝は熱狂しました。

ショーヘイ・オータニの大リーグでは108年

ぶりとか言うリアル二刀流。

開幕投手でこそなかったものの、日曜日に

登板をぶつけてくるとは、期待の高さを十分

うかがわせます。

そしてあの結果。

 

最後は少しヒヤッとしましたが大事じゃなさそうで本当に良かった。

同じ県人として鼻が高い、しかし岩手県に

背が高く身体の均整が取れ運動能力に秀でた

人材が多くいるかと言われればそんなこたーない。

 

同じく頑張った雄星は我が家の比較的近所で

郎希も岩手か。

そして一寸の翳りなく整った童顔、最強である。

 

器が大き過ぎて日本を飛び出し大リーグですら

制覇しそうな怪物、なんと優しく爽やかな怪物が

いたもんだ。

 

今年の楽しみがまた一つ増えた。