「自分を好きになりたい」頑張りすぎたココロをかるくする 心理カウンセラー 楠元ゆみこ

「自分を好きになりたい」頑張りすぎたココロをかるくする 心理カウンセラー 楠元ゆみこ

いつも家族のために頑張る主婦のみなさん 医療関係にお勤めのみなさん。
毎日、家事や育児や仕事に一生懸命のあまり…
気づくと自分自身のことが後回しになっていませんか?
家族は大切。でも…あなたは、もっともっと大切なんですよ。

結婚して家族になった。子どもが産まれて、家族が増えた。

毎日、主婦は目の前の家事や子育てや仕事で精一杯…。

いつからだろう…?

自分のことが後回しになったのは…
「主婦だって、もっと自分を大切にしていい!」「自分のココロの声に正直になってもいい!!」

そして、家族みんなでココロ笑顔になりましょう♪




またまた、久しぶりの投稿です。

早いもので、6月に入りました。

皆様、お元気にお過ごしでしょうか?



私は、変わらずカウンセリングの日々を過ごしております。



コロナの影響は、想像をはるかに超えるものですね…。

まだまだ、第2波など

心配なことも多い日々ですが、自分にできることを一つ一つやっていきましょうね。




今日は、久しぶりにカウンセラー母ちゃんのつぶやきです。

息子は中学生になり、市電を使って登校するようになりました。


小学生の頃は、市電の利用はたま~にで

常に現金で支払っていたため、定期は初めての息子。


入学当初、降りる時に定期をピってする場所が分からず間違えたらしくて…

運転手さんに怒鳴られて、半泣きで帰って来た日もありました。


「ぼくは、もう市電には乗らない!明日から自転車で学校行く!!」


「自転車って、何時間かかるか分かってるの?」

こんなやり取りをしたのが2ヶ月程前です。

懐かしい。

まもなく、コロナの影響で息子たちの学校は長い休校に入りました。



そして、つい先日 学校から帰宅した息子がしょんぼり顔…。


「どうしたの?何かあった?」

「今、帰りの市電で…。」




いや~な予感。



「おじいさんがいてさぁ、なんか具合が悪いのか…。降りたい駅を通り過ぎちゃったのか…。なんか、様子がおかしくて…。

運転手さんに、何かサインを送ってるような気もしたけど、運転手さんも気付かないのか知らんぷりで…。

近くの人たちも無反応でね。

何度か、おじいさんに声をかけようか迷ったけど、何て声をかけたらいいのか分からなくて…。

迷ってるうちに、僕が先に電車をおりたんだよね。」




「あぁ…。そうだったんだね。」




「あのおじいさん、大丈夫だったかな…。やっぱり声をかけてあげたら良かったかな…。」




こんなことを、考えられるようになったのかぁ。優しいヤツになってきたな…。




息子としばらく、この事について話してみました。



自分なりに、答えが見つかったようです。



2ヶ月前は、自分の定期の事で頭がいっぱいだったのに…。

今は、回りの方々のことも気にかかられるようになりました。


また一歩、ココロが成長した中1息子でした。



ホームページには、7月までのカウンセリングが受けられる日を記載しています。
気になる方はお早めにご予約ください。