蘭華スタッフより、皆さまへご報告です。


この度、私は演歌・歌謡界の大御所、五木ひろしさんのチーフマネージャーに就任することになりました。二十数年ぶりに、五木さんの現場に復帰します。


思えば、クラウンレコードの第二制作部で、北島三郎さんや瀬川瑛子さん等の演歌からポップスまで、幅広いジャンルのアーティストの方々のアシスタントディレクターを務めていた1980年代後半。


1990年の退職後は、徳間ジャパンコミュニケーションズに入社。当時、仕事に行き詰まっていた僕を叱咤激励しながら、仕事のスキルを高めてくださったのは、何を隠そう五木ひろしさんでした。一度は音楽業界を辞めようと思っていた自分が、自信を取り戻せたのも、五木さんの大阪歌舞伎座公演でのお仕事でした。


それから、五木さんのアーティスト担当兼A&R、宣伝マネージャーとして、1994年から徳間ジャパンを退職するまでの年月を、全力で担当させて頂きました。


その後も、コンサートやテレビの収録現場でお会いするたびに、「おー!元気でやってるか?」と温かいお言葉をかけて頂きました。


そんなご縁と万感の思いを心に秘めながら、常にスーパースターで輝き続ける五木ひろしさんのお仕事に全力で取り組んで参りたいと存じます。


そして、このご縁を繋いでくれたのは、私がスマイルカンパニー時代から才能を高く評価し、全身全霊でマネージメントを担当してきた蘭華です。


前事務所テンカラットからお預かりした時から、他のアーティストとの掛け持ちで、ようやく彼女のマネージメントに集中できる環境を整えた矢先に、コロナ禍となってしまいました。彼女の現場ワークは当面不在となりますが、今後もできる限りのサポートは続けていきたいと思っています。


皆さま、今までありがとうございました。

今後とも蘭華に変わらぬ応援をよろしくお願いします。


2021615日 蘭華スタッフ



一昨日は母の70歳の誕生日㊗️古希のお祝いをしました。

前日の夕方、福岡空港に降り立ち、急いで博多駅へ。阪急デパートもマイングもバースデーケーキは売り切れで、ケーキ難民になりかけましたが無事にGET🎂🎉

ただ、サプライズでケーキ登場のはずが、部屋を暗くした瞬間に母はキッチンで洗い物をしていたため、ロウソクに火がついたまま、母がお皿を洗い終わるのを待ってからバースデーソングを歌うという、なんとも間の悪いタイミングで笑い泣き

でも、6月に故郷に帰省できることはなかなかなく、部屋の電気を消して、ろうそくを立ててケーキで祝う的なことは上京してからできていなかったので、母も喜んでくれて良かったですおねがい


還暦の時は、父が他界したばかりだったので、赤いちゃんちゃんこを着せてあげられなかったけれど、今回は紫のちゃんちゃんこを着せてあげることができました💜

母がいつまでも健康で幸せに、笑顔溢れる毎日を過ごせますように✨✨



一週間前に誕生日を迎えた亡き父のお墓参りへ。
62歳で他界した父、生きていたら73歳でした。

どんなおじいちゃんになっていたのだろう?
もっと一緒に旅行したり、お酒も呑みたかったなあ…

実家の庭に咲いている紫陽花をお供えしました。
儚くて美しい。母が一番好きなお花です。