こちら出石町・出石そばの「田中屋食品 製造部」

こちら出石町・出石そばの「田中屋食品 製造部」

兵庫・出石(いずし)にて「出石そば」を製造・販売しております田中屋食品・製造部のブログです。日々の製造のこと、地域のこと、その他戯言を綴っています。

天気予報はまだ雪予想だったりしますが、今年もやります。

 

 

 

 

ピンク色のおそばが流れてます。

 

 

 

 

 

ほのかな甘い香りが工場内に。

 

 

 

 

 

原料はまるで製菓のような佇まい。

 

 

 

 

 

店舗展開は季節より早く、桜そばの出荷を開始しております。

 

 

 

 

 

 

毎年同じ構図で撮影してますが、毎年新たに撮影しています。中央の帯紐が若干ハートっぽいのはワタクシのくだらない演出です。いちいちそんな説明要らないですね。

 

 

 

 

「桜?まだ早いじゃん」と思われる向きもあろう事は承知しておりますが、毎年の動向を注視しておりますと、咲く頃には売れなくなります。本当に見事な程に。

 

 

 

 

 

 

こっちはイチゴ。

 

 

 

 

 

 

コンビニさんで買ったのですが。

 

 

 

 

 

コンビニさんなどは季節商材の切り替えが本当に早いです。そんな講釈垂れたいならもっと写真を綺麗に撮るべきでしょうか。

 

 

 

 

で、タイトルのお花見ですが…。

 

 

 

桜と言えばお花見ですね。昨年のお花見シーズはお花見どころじゃなかったような。

 

 

 

どうしてもお花見は人が集まりますからね。

 

 

 

今年はお花見出来るといいな。そんな思いからタイトルにした次第です。

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

 

ワタクシ、田舎住まいである事を頻繁に記事にしております。

 

 

 

勿論、田舎の素晴らしさも理解しており本来、ブログの趣旨からも田舎の素晴らしさを発信するべきなのでしょう。

 

 

 

しかし、どちらかと言うと、田舎暮らしを揶揄したり、卑下する事が多く、自虐ネタにする事しばしばであります。

 

 

 

そして今回も…。

 

 

 

先日、自家用車のウオッシャー液が出なくってしまいました。

 

 

 

田舎は冬場にウオッシャー液の減りががぜん早くなります。なぜなら雪解け水を一杯被るから(出た、また自虐ネタ)

 

 

 

ウオッシャー液を補充しようとボンネットを開けると。

 

 

 

 

何か右端に物体が…。

 

 

 

 

 

ん、魚・・・。しかも米粒も…。

 

 

 

 

 

 

こいつがボンネットの中に。

みりんで焼かれた鯖と思われます。

 

 

 

 

 

私及び私の身内は食糧をボンネット内に隠す習性はございません。

動物の仕業と思われます。

 

 

 

木の実とかどんくりならいざ知らず(実は以前、柿を収納された経験もございます)、明らかに人間が調理したブツです。

 

 

 

誰かに与えたのか、奪ったのかは不明ですが、人のボンネットを戸棚にオヤツ隠すような扱いしやがって!

 

 

 

しかも米粒取るのは結構手間だったぞ!!

 

 

 

ちなみにタイトルはミスターこと長嶋茂雄氏の伝説の名言から拝借。

 

 

 

こんな田舎に住んでまんねん。

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

昔、「一杯のかけそば」なるお話がありましたね。

 

 

当時、ワタクシは中学生だったでしょうか(うる覚え)、スレた中学生だったので、テレビでしょっちゅう朗読されているのを醒めた目で見てました。

 

 

時はバブル経済真っ只中、拝金主義なる言葉通り、大人達はその後ろめたさから、ああいった美談がもてはやされたのではないでしょうか(お前は評論家か!)

 

 

ワタクシはどちらかと言うと、美談の語り部として登場した作者が、嘘つき、詐欺師的な感じになっていった顛末の方が興味ありました。

 

 

 

しかしながら、純粋に感動した方もかなりいる訳で、そういった方々からすれば、キツネにつままれたような感覚だったのかも知れませんね。

 

 

 

ワタクシもまさか将来、そばの仕事に従事するとは当時は思ってませんでしたが、きっと当時、一杯のかけそばに便乗したそば屋さんっていたんだろうな…と思う次第です。

 

 

 

 

 

で、一杯のかけそばです。

 

 

 

 

物語の方はともかく、一杯のかけそばは美味しいですよ!

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ