東京八王子 川崎朱実 モノとココロを整える わたしを生きる

東京八王子 川崎朱実 モノとココロを整える わたしを生きる

東京・八王子で4人男子を子育て中。見える世界=モノ、見えない世界=ココロ、の整え方をお伝えしています。モノとココロ、同時に整える、ライフオーガナイズ、量子力学、ゼロリセットをお伝えします


テーマ:

昨日の出来事

 

 

 

4男、部活を辞めたいと

言い出しました



理由を聞いたら

 

 

 

「バスケに飽きた」

と(^-^;



彼は定期テストで
ノー勉

 

 


そして中間テストでは
一桁台の点数を

出し

 

 

 

それでも

部活を

楽しそうにやってたから

 

 

 

好きなことを

やれているなら

それもまた良しと

見守っていたけれど
 

 

 

部活を辞めてしまったら

 

 

 

中学校生活で

君に何が残るんだい?

 

 

 

と思ってしまった…



いかんいかん



そうではなかった




やめる決断も含め

いっぱい学んでる途中だった




それに

私にとっては
4男といられる時間で




どれほど助けられたか
わからない


 

一緒にいられるだけで

生きてくれてるだけで
息をしていてくれるだけで

 

 

 

本当は幸せ




なのに



それを

当たり前と思って
次々に望んでしまう



悪い癖だね



毎度書いてしまうけど
うつだった頃に

 

 

 

君のバスケの試合を
見ているときだけ

 

 

 

心臓の動悸が収まり
喉の締め付けから解放され

不安を忘れられたから

 

 

 

息ができた

 

 


あの頃は
不安やつらいことから

逃げるように



試合を見に
行く時も多かった




1年前も

まだそんな感じだった



直接

大丈夫?とは

聞かないけれど




頑張る姿で

成長する姿で
励まし続けてくれた
4男



ありがとう


 

大好きなバスケを

部活に選んでくれて

嬉しかったし

 

 

 

毎週
試合する姿を見られることが

 

 

 

ずっと

心の支えだったんだ

 

 


本当に

感謝しきれないほど
感謝している

 

 

 

私が今

元気になったタイミングで

 

 

 

君が部活を辞めたいと

バスケが飽きたと




言い始めたことも

 

 

 

きっと何か

大いなるところからの
流れなんだろう

 

 

 

だから

辞めたとしても

心配はしていない

のだけど

 

 


もう、試合を

見に行くこともないのかな…

と寂しく思うし


 

めちゃ残念だなぁ…

 

 

 

バスケの時の眼差しは

かっこよかったから

もっと見たかったな

 

 

 

なんでもそうだろうけど




失ったとき




あれが

幸せだったんだな、、、って

分かるって

 


 

日常のたわいもないことが

幸せそのものだって

分かるんだよって




言われてきたけれど

本当だね

 


今日は

ちょっと落ち込んでる




今までの試合を

思い出すと涙が出る




だからね

寂しさを感じている

自分に寄り添い




泣けたら




君の幸せを

これからも願う母さんに

戻ることにする




そして

泣いてスッキリしたら




4男にも

自分自身にも




よくやってきたね、と

労ってあげようと思う

 


4男、お疲れ様
私も、お疲れ様

さみしーーー(T ^ T)