雷蔵八百夜 385夜 4月11日

 

桜の花も散って、さわやかな季節を迎えました。

雨も降らず晴天続きで、長い事花見が楽しめました。

今宵は「たらちね」と旅の噺「宿屋の仇討」の二席を口演します。

 

 

諸見湯山(206)  「雉と鶯の初鳴き」

 

3月4日、天気予報では東京の最高気温が20度となっています。

いつもの太平山へ出かけました。この山は毎回違ったコースを歩いていますが、今回は大中寺から登ってぐみの木峠へ出ました。

山頂まで縦走していつもの松乃屋さんで一杯やりました。

風が強く、気温ほど熱くは感じませんで、爽やかな登山でした。

帰りは栃木までバスで出て、そこから東武線の電車で帰ってきました。

山登りの季節がやって参りました。

 

 ぐみの木峠

 

 大平山縦走から

 

 太平山縦走から

 

 山へ向かう途中の民家の庭の梅が満開でした

 

3月10日、雉の初鳴きを聴きました。

毎朝、愛犬の散歩に行きますが、春日部はまだ農業が盛んです。

農家の庭は立派な屋敷林となっていて、そこに巣があるようで、ケンケンと鳴いていました。

そして17日には鶯の声も聴きました。

これが我が家から目と鼻の先の庭で盛んに鳴いています。

やがて田んぼに水が入るとカエルも鳴き出します。

住めば都といいますが田園風景の残るいい所です。

 

 

3月24日、中田陽子さん(八百夜のご常連です)の古希を祝う会が浅草公会堂で開かれました。

当日はお天気も良く、花も咲いてお出かけ日和です。

会場には一杯のお客様です。12時に開演して私をはじめ素敵なゲストが多数出演しました。

陽子さんは得意の公団とシャンソンを披露して大変盛り上がりました。

 

 

 隅田堤の桜

 

 

あの佐川さんを国会に招致した数日前に自民党大会委が開かれました。

報道によると、安倍さんの熱のこもった挨拶にも、拍手はパラパラだったそうです。

この日の記念品がユニークでした。似顔絵のマグネットシート、書いて消せる!

 

安倍政権にふさわしいもので、それにつけても総理府人はぜひ国会に呼んで頂きたいです。

夫婦仲良く登院なんていかがですか。

でも何を聞かれても真実は語らないでしょう。きっと、こうおっしゃるでしょう。

「離婚の可能性がありますので、証言は控えさせていただきます!」と。

 

 自民党の記念品