RAINBOW-NEWS

RAINBOW-NEWS

RAINBOWの新着情報を紹介します!

2月15日(土)、京丹波町の丹波自然運動公園の中にある京都トレーニングセンターで、京都府総合型地域スポーツクラブ連絡協議会のクラブ交流会がありました。

 

内容は講義が2つ。

『信頼関係を築く極意~クラブ運営のためのコミュニケーション講座~』 というものと 『東京2020オリ・パラのサポート体制と生涯スポーツの共通点~小さなことからコツコツと~』 というもの。

 

しかしながら… 残念なことに北部ブロックのクラブからは参加者が0人ということで、急遽、僕と細見くんが北部を代表して顔を出すことになりました。。。

 

とは言うものの、僕も本業がありますので、最初から最後まで参加することは出来ず、講義2つめのほぼ終盤に到着し、講義後の情報交換会に参加いたしました。。。

 

滞在時間は約1時間ほどで申し訳なかったですが、その1時間を濃厚なものにしたかったので、僕が頭の中で構想中のビッグイベントの協力を連協会長・各クラブ関係者・広域スポーツセンターの村井次長、勢子さんに話をし、賛同いただいてきました。

 

それは宮津・長岡京・亀岡・福知山・舞鶴・京丹後が中心となって亀岡のサンガスタジアムを利用し開催するウエルネスダーツイベント 『麒麟カップ』 について。

 

この詳細については追々紹介するとして、上手くいけば京都府外の連協にも呼びかけることで、『グルメリレーマラソン』 に代わる京都府連協のプログラムになればと考えています。

 

 

話を情報交換会に戻しますが…

今から思うと一つ残念なことがありました。

 

それは…

忍びつつあるコロナウイルスの対応・対策の話が出なかったこと。

 

結果、各クラブが考えることで、京都府のクラブの方針を統一することが出来なかったとしても、“京都府連協としてはこう考えている” というものを出すべきなので、その話題がほとんどなかったのは、僕も含め連絡協議会三役・運営委員のリスクマネジメント不足を感じています。

 

僕と細見くんはクラブ交流会を最後までは残らず、次の目的地である福知山へ移動。

 

実はこの日、もう一つ招待を受けているところがありました。

それは福知山公立大学の学生企画チーム・DOKKOの発表会です。

 

DOKKOとは昨年12月に 『防災大作戦』 を実施するなど、防災でのコラボがありまして、そのことも含めた発表をするとのことでした。

 

その発表内容は様々で、『福おじばプロジェクト』『畑プロジェクト』 など、RAINBOWとしてもやりたい魅力的な企画がいっぱいでした。

 

その発表に対して僕も感想を述べさせていただきました。

 

「水消火器ストラックアウトでは、既製の物があっても手作りするパワー、毛布担架ではシナリオを一から考える熱意に感心しました。RAINBOWとしても見習うべきところが沢山あった。」

 

 

2020年度も既にDOKKOとのコラボが決まっています。

 

京都府連協の次のステップと、北部の若者たちと協働していくきっかけを見つけた一日となりました。(記事・カッキー)

 

1月21日の続きです。

 

午前中の長岡京ウエルネスダーツクラブ訪問のあと、夕方からは宇治の太陽ヶ丘で開催された京都府総合型地域スポーツクラブ連絡協議会山城ブロック研修会「クラブ地域防災ミーティング」 に参加してまいりました。

 

講師に僕の友人でもあり防災キッズ・ビッキーズの師でもあるNPO法人プラスアーツの安田典充を招き、「地域の防災事業とその運営」 について学びました。

 

 

安田氏は 「地域活性化」 のことを 「地域豊穣化」 と表現。

自分の地域を関わる人みんなで育てたいという考えは、総合型地域スポーツクラブと同じ(僕が安田氏とよく意見交換する理由もここにあるのですが…)。

というよりも、最近色んな組織の代表者や関係者に聞くと、その組織の根本には間違いなく「地域豊穣化の想い」があると感じます。。。

 

 

地域豊穣化には風の人、水の人、土の人が必要!

 

地域の人は 「土の人」 です。

その地域に刺激を与えてくれる個人や団体は 「風の人」 です。

その刺激を受けて、「土の人」 とともに地域を元気にしていく世話人は 「水の人」 です。

ちなみに僕は、安田氏から 「泥の人」 と呼ばれています。

土にも風にも水にもなれる人ということで、混ぜ合わしたら 「泥の人」 ということらしいです(笑)

 

 

「風の人」 が運ぶ刺激が 「種」

講座やイベントこそがその 「種」 になるのですが、今回の講習ではプラスアーツの 「種」 のこだわりについて聞けました。


それは… 『人を巻き込める余地のあるプログラム』 を心がけること。

「自分も何かお手伝いできることがある」 と思わせるような不完全プランニングが大事とのこと。

加えて、その 「種」 には楽しくて、美して、感動的、非日常的な要素(クリエイティブ)が必要。


イベントは完成していないと不安になりますが、完成しているプログラムはお手伝いすることがない。

参加者がお客さんになってしまうと講座やイベントが終了してしまったらそれで終わりになりがちですが、それよりも関係性が出来るイベントにすれば、参加者の顔が見え、それぞれの人がどんな人(どんな特技を持っているか等)かが見え、それを活かしたイベント作りが出来るとのです。

 

良い 「種」 づくりの極意は、『魅力にあふれていて、隙だらけを目指す ことだと教えていただきました。。。

 

研修会第二部のグループディスカッションでは、スポーツクラブが作る防災事業をシュミレーションしようということで、その参考事例として防災キッズビッキーズの活動も紹介させていただきました。

 

また僕が考えるメニューとして、『毛布担架レース』 を改良した 『防SASUKE』 を提案させていただきました。

我ながら良い案だと思うので、また福知山公立大学の子供たちにも提案していきたいと思います。。。

 

 

今回の主催者の一人であるIDEゆうゆうクラブの西村くんも総括されていましたが、総合型地域スポーツクラブがスポーツにこだわらず、防災に携わることで、より地域に密着した組織になることが出来ると感じた研修会だったと思います。(記事・カッキー)

 

1月21日、京都訪問をした僕は午前中に長岡京市のウエルネスダーツクラブを訪問

夕方からは宇治の太陽ヶ丘で開催された山城ブロックの協働事業に参加してまいりました。

 

長岡京市の第九小学校の前にある長岡京市社会福祉協議会きりしま苑では毎週火曜日の朝に長岡京ウエルネスダーツクラブが活動。

 

そこの指導者である片山達さんに案内され、僕も体験させていただきました。

 

18が参加(毎回これぐらい集まるらしい)ということで、3人×6チームを作る。そのチーム分けはペットボトルの。場所が変わればクジも変わるんだなぁ~。面白いですね。

 

 

チームが決まればまずチームを決めます。

その時にチームの顔ぶれを見て、らしい名前を付けているようです。

僕の入ったチームは歓迎の意味も込められ 「宮津」 と名付けられました。

 

この「チーム名」を決める作業は、「何でもええやん」と省略されがちですが、不特定多数の方が参加する組織においてはアイスブレイクとして重要な意味を持つと改めて感じました。

 

このような決まった作業があるからこそ、良い意味の緊張感が生まれ、初めて参加する方でもその活動に入っていく “きっかけ” になると思います。

是非ともRAINBOWの活動にも取り入れたいと思う。。。

 

 

内容ですが、まずはウォーミングアップも兼ねたゲームを楽しみ、その成績の上位チームから次に始まる 「251」 のトーナメントのどこに入るかを決めることが出来る。

 

6チームなので、シードの枠は2

 

もちろん皆さん、終始笑いアリの活動ですが、優勝を狙ってらっしゃるのも確か。

ここでも緊張感が生まれる。要所要所の緊張感がメリハリになって良い印象。

 

今回、ウォーミングアップで行なったゲームは新しく考えられた 「センゲン」 というもの。

 

このやり方についてはまたRAINBOWの活動の中で紹介させていただきます。。。

 

活動を通じて…

 

ゲームごとにその成績(個人としても団体としても)が細かく表示することが参加者の刺激になることを知りました。

 

何ゲームかやっていると、RAINBOWでは集中を欠く者もいるが、投げる時は常に集中すること。それでいて、待ちの時にはお話しも楽しい環境。メリハリ。

僕は同じチームのご主人に 「なぜここに参加しているのか」 ということを教えていただいたり、このクラブのメンバーの1人が趣味を活かし、みんなの首からぶら下げるダーツケースを作られたこと等、温かいエピソードを聞かせていただきました。。。

 

 

他にも、ちょっとした間違った点がRAINBOWの活動の中ではあったので、その改善も含め、今後の活動で活かしていきたいと思う。(記事・カッキー)

 

どうも!RAINBOWの代表理事・カッキーです (。・ω・)ノ゙

 

2019年で、ブログやめる発言をしまして、2020年はホームページの新着情報の方で近況報告を続けると言うてたと思います!

 

それが↓コチラなんですが…

 

http://rainbow-miyazu.com/news.html#news

 

そこにアップするための下書きはこのページでやりたいと思いまして…

 

 

 

つまり…

 

 

 

ブログ続行です!

 

 

 

 

ヾ(´ε`*)ゝ テヘ

 

 

 

 

というわけで、今回は1月11日にミップル4F第5コミュニティールームで開かれた第1回運営茶話会の様子を紹介します (@゚ー゚@)ノ

 

2020年1月11日、ミップル4F第5コミュニティールームにて第1回運営茶話会を開催。

カッキー、ホソ、綾っさん、ハッスィ~、ナナ、宮前さん、チエっちゃんの7名が参加しました。。。

 

 

今までは 『運営委員会』 ということで、各部会の報告を中心に様々なことを決めてきましたが、どうしてもカタい内容になる分、意見も少ない会でしたので、もっとざっくばらんにと名称も 『茶話会』 に変え、全編フリートークで、お菓子をつまみながら開催しました。

 

フリートークとはいえ、何かきっかけも要るかと思い…

 

 

・Facebook300いいね突破!

 

・1月25日開催の第12回バドミントン選手権について

 

・1月18日開催のウエルネスダーツ体験会について

 

・ホソ提案の面白ゆるマイナースポーツについて(らくがきウォーク、クリケットなどなど)

 

・2020年度の抱負

 

・何かやりたいこと

 

・ウインドブレーカー制作

 

 

…といった、いくつかのトークテーマを用意しました。

 

RAINBOWのfacebookページが300いいね突破したことで、今まで100回の時はソフトバレーをし、200回の時はソフトボールをしたので、300回では何をしようかという話題に…

RAINBOWが設立する前からやろうと言いつつ出来てなかったボウリング大会(一度、KISUKEの子供たちと開催)案があがりました。

 

 

バドミントン選手権については…

子供が遊べるフリースペースを作るかを検討したり、担当について、1位から3位以外の賞について、土曜日開催についてなどを話し合いました。

来年度に向けては年2回開催していたのを1回に変更する案。実施月も8月にして、暑いけれど、夏休みに帰ってくる大学生もターゲットにしようといった提案がありました。

 

 

ホソが紹介した面白ゆるマイナースポーツでは…、

らくがきウォークという、GPSと一緒に地図を見ながら歩くことで絵を

描がこうというもの。

 

その話からロゲイニングという、多数設置されたチェックポイントをできるだけ多く制限時間内にまわり、得られた点数を競う野外スポーツの話になり、それがツーデーウォークで出来るのではないか?などどんどん話が広がり、今回 “茶話会制” にした効果が出たなと感じました!

 

フリートークは予想通り盛り上がるのですが、盛り上がるばかりで “決まらない” というデメリットもありますが(汗)…

今後当分はこのやり方でスタッフ間の意見交換をはかっていきたいと思います。(記事・カッキー)

 

みなさん、2019年もあとわずかですね。


このブログもいよいよラストスパート!
今回は12月21日(土)からスタートですよ~ ( ゚▽゚)/


21日の晩は、臨時でファミリーフットサルがあったのですが、僕は防災キッズwith万時郎くんクリスマス会をしました♪

2019年、いっぱい頑張ってくれた防災キッズの子たちに 「ありがとう」 の気持ちを伝える場所になったと思います。

 

まずはみんなで夕食作り。 餃子と水餃子はみんなで野菜を切って具を包んでいきました。美味しくできたかな?

食事のあとはケーキを食べたり、ウエルネスダーツをやったり、なんだかんだ時間がかかったので、用意していたボードゲームは出来なかったけど、楽しいクリスマス会になりました
*☆※>o('▽'*)Merry Christmas(*'▽')o<※☆*
 

23日(月)は、朝から新しい出会いがありました ヽ(=´▽`=)ノ

京都工芸繊維大学の大学院生・吉川くんは宮津の空き家を使い地域の方々が集う場所を作ろうとしています ( ̄ε ̄〃)b

RAINBOWも何か協力できるかもしれないね。
ウエルネスダーツを地域の人みんなでやったら面白いかもね~

京都工芸繊維大学とコラボする2020年度が楽しみです (o^-^o)


で、吉川くん… その流れでファミリーフットサル参加!

昔、サッカーはやってたらしいので勿論上手だったし、何より若いからよ~動く ( ̄∇ ̄ノノ"

まさかの(フットサルをやる)展開で、汗ビッチョリになってしまいました… 吉川くん、スマン 人( ̄ω ̄;)


さて2019年、お父さん方には本当に声を出していただき…
体を張っていただきありがとうございました。
沢山の刺激をいただきました m(_ _"m)

2020年もまた… よろしくお願い致します。。。
 

24日(火)は、2019年最後のRAINBOWの活動日で、夕方からKISUKEが…

そして夜には毎年恒例のイベント・クリスマススリータッチボールの活動がありました!
 

KISUKE終了後、折角だからちょっと遊んで2019年の締めくくりをしました♪

今年1年頑張った子供たちとウエルネスダーツを楽しみましたよ
ヽ(`・ω・)ノ 三 ▸─➢ (◎)

KISUKEでは体をいっぱい使うから、たまに頭を使うのも良いよねぇ~ (^^)
 

そして… 2019年最後の活動となったクリスマススリータッチボールでは、総合型地域スポーツクラブならでは多世代交流になりました。

多世代の方々と笑いながら体を動かして過ごす年の瀬… それが当たり前になっているのが素敵だとつくづく思う。。。
 

ただね… アリーが怪我しちゃったのでRAINBOWとして課題も残しましたが… (;´Д`A ```
 

スリータッチボールのあとはお待ちかねの… プレゼント交換!
やっぱりクリスマスといえばこれでしょ! (((*>ω<) ノ由

ちなみに… 僕が用意したプレゼントは辛くて最高で美味い!
つねよし百貨店の一味唐辛子です (o≧口≦)o
 

総合型地域スポーツクラブを説明する時のキーワードでもある 『多種目』『多世代』『多志向』 を実践するのは難しいけれど、50年後・100年後の未来も続いてて欲しいと願うから… また2020年も楽しく取り組んでいきたいと思うのです (○′I`)。oO
 

さて、これで2019年のRAINBOWの活動は終わりました。
2019年、RAINNBOWに参加・協力いただいた地域の皆さんに感謝します。 ありがとうございました。

そして2020年も一緒に地域を盛り上げていただきますようよろしくお願い致します。。。
 
25日(水)の夜は、多分2019年最後のパトランです ≡ヘ(*・ω・)ノ

19時半頃、城東タウンからスーパーフクヤにかけて通過するも… 暗すぎです ∑(〇Д◎ノ)ノ

住宅も沢山あるんだし、もう少し何とかならないか行政と自治会で問題視していただきたいと思います。。。
 
 
ただね… いつも真っ暗な宮津高校裏付近がクリスマスシーズンということで宮津で数少ないイルミネーションスポットに!

少し明るくなってて良かったけど… どれぐらいの期間、イルミネーションが点いてるんだろう?
 
いよいよ2019年も最後の1日となりました!

2019年は夏の初めくらいから年末までいっぱい企画がつまり、“気がついたら年末になってるんだろうな?” と思ってましたが、ホンマにそうなりました (^▽^;)

さすがに疲労はありましたが、2019年残すところあと1日になって振り返りますと、達成感は100%です (゚∇^d)


で、31日(火)の夜は、ホソと慰労を兼ねた食事会をしようということになり、朝来市へ!

大晦日なんでね… やっぱり年越しソバは食べたい (@ ̄¬ ̄@)
そうなると、2019年を振り返る上で、どうしても行きたいお店がありました。
 

それは “希望軒”
 
 

僕とホソが 『KISUKE』 のことで、藤本先生と話し合いをした… いや、正確には話し合いをしようとして結局、ラーメン食べただけになったお店。

その後 『KISUKE』 も順調に活動できておりますし、今回はゆっくり年越しラーメンを味わいたいなと思ったのですが…


まさかの… 休み Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 

“働き方改革” というやつでしょうか?
 

さてさて、どうしたものかと車を走らせていますと、『焼肉武藤道場』 を発見!
 
はい、ここの 『焼肉武藤道場』、但馬牛が食べれると聞いたことがあったので、ホソとかるくミーティング!
 
 
そそられる…
 
 
しかし、ラーメンが但馬牛って贅沢かな…?
 
 
でもそそられる…
 
 
そして出した結論は…??
 
 
 

入店!
 
ど、ど、ど、ど… どうですか? 但馬牛!

びっしりと入った見事な霜降りは、ほんのり甘く但馬牛独特の奥深い味わい。
そして柔らかい舌触り。
贅沢で至高の但馬牛です w(゚o゚*)w


1年間頑張った自分たちにご褒美ですね。。。



さぁ、皆さん、いかがだったでしょうか?
2019年10月からの3ヶ月間を紹介してきましたが、これにて終了でございます (^○^)/

そして… このシリーズの最初にも言ってましたように、ブログ 『代表理事之独言』一区切りとさせていただきます。。。
 

今後の活動報告については… ホームページの中の 『ニュース』『沿革』、ひょっとしたら 『YouTube』 での報告になるかもしれませんね~ (≧∇≦)ъ

“時代の変化” といえば簡単だけど… 表現の仕方を含め、今までのRAINBOWのやり方を色々と見直す機会だと考えてのことであります。
どうかご了承ください (゚0゚)(。_。)ペコッ
 

最後に… 2020年に向けてのメッセージで締めたいと思うのですが…

“猪突猛進”、走りまくった2019年に得た経験を、2020年も楽しく熱意を持って継続していきますので、このブログは終わっちゃいますが、是非とも皆さん、今後も更に進化するRAINBOWをお楽しみくだい
\(^o^)/


それでは 皆さん、長い間ご愛読ありがとうございました。
 
さよ~ならぁ~~

Bye-Bye!!'゚☆。.:*:゚★゚'*ヽ(⌒ー⌒)ノ:*'゚★゚':*.::'゚☆。 マタネッ