Purple Jelly

Purple Jelly

芝居やってるんで、出演情報お知らせとか、稽古日記とか。

あと、文章書くの好きなので、思いついたこと書きたい。好きなものについてダラダラ語りたい。

秋ですね(ニコォ)


7月に『この樹の下で』、8月に『Letter 2021』と熱い夏を過ごしてきた我々ですが、11月、遂に絆プロジェクト第3弾にして最終章をお届けします。

僕はこの3部作全てに関わらせて頂ける事になりました。ありがたい事です。




ちょっと振り返りを。


『この樹の下で』は、小雪という名で戦時中に遊女をしていた女性、栞(しおり)が物語の中心です。彼女の夫の優(まさる)は元特攻隊員でしたが、出撃前日に怪我を負い、結果として飛ぶことを免れました。しかし、仲間達が国のために飛び、自分は生き残ってしまったという自責の念から優は自ら命を断ち、そのショックで栞は声を失います。

栞が過去の悲しみから立ち上がる、その後の出来事を語り継ぐのが栞の孫娘である美樹です。



『Letter』は終戦日に飛んで行った特攻隊員達と、それを取り巻く人々の物語です。その中に、愛する人、進之介を特攻で失い、その後愛した優にまたも特攻召集がかかってしまう女性、遊女の小雪がいました。

小雪は優の特攻前日に、優を思うがあまり彼の腕を刺し、優は飛ぶことはできず、結果としてそのまま終戦を迎えました。




『fairy tale』では小雪(栞)の孫、美樹が物語の主軸です。つまり時系列としては『Letter』→1年後に『この樹の下で』→数十年後に『fairy tale』という事になります。絆プロジェクトは3部作となっていますが、もちろん単体でもご覧頂けます。ですが、上記の「小雪」という女性がいた、という事を頭の片隅に置いておいていただければ。


お知らせをさせて下さい。




『fairy tale ー絆 KIZUNAー』




《企画原案》フリー・エス 


《脚本》若尾桂子 


《演出》下出丞一 




《あらすじ》

保育士をしながら絵本作家になる夢を持つ柳本美樹は、夢が叶うと言われるシェアハウスで個性的な住人達と暮らし始めて数カ月目。

だが彼女には大きな秘密があり…

絆と運命は謎の男と出逢う事で転がり出す。

「来年の夏、歩いて花を見に来たいな」




《劇場》

ウッディシアター中目黒

東京都目黒区上目黒2-43-5 キャトルセゾンB1




《スケジュール》
11月
23日(火) 14時(公開ゲネプロ)/18時
24日(水) 19時★
25日(木) 19時
26日(金) 19時★
27日(土) 14時/18時★
28日(日) 14時
※★印はアフタートークあり(写真撮影OK)



《各種チケット》

○プレミアムチケット ¥7,000(座席指定)

※観劇チケットに好きな役者のサイン入りパンフレット+好きな役者のサイン入りブロマイドが付きます(全公演、種類が違います)

※前方良席です。


○通常チケット ¥4,500(座席指定)


○ゲネプロ観劇チケット ¥4,000(自由席)


○LIVE配信チケット ¥3,500

※LIVE配信視聴は申し込まれた公演1回のみ。

※公演終了後のアーカイブは11月30日(火)〜12月5日(日)まで何度でもご視聴頂けます。


○応援チケット ¥4,000

※応援数に制限はありません。また、プレミアム、通常、配信チケットをお買い求めの方でもご購入頂けます。

※公演終了後、応援するキャストのオリジナルチェキとオリジナルクリアファイルを応援リターングッズとしてお届け致します。





《グッズ》





《出演》

若尾桂子

久保雅樹 

肥田強志

シスコ 

橋本知加子

福井佑歩

辛沙奈

葉月小陽

小野成里佳

郁未

迫田美樹

宮中麻衣

飛田修司

小川陽平

山下雷舞

下出丞一 




劇場で、配信で、お会いできれば幸いです。