Purple Jelly

Purple Jelly

芝居やってるんで、出演情報お知らせとか、稽古日記とか。

あと、文章書くの好きなので、思いついたこと書きたい。好きなものについてダラダラ語りたい。

アガリスクエンターテイメント、先日はフジテレビの深夜にカメラ1台の長回し1発生中継、生ドラが放送されて仲間たちもいい役で大活躍し、7月の三越劇場での逃奔政走へ向けて最高のスタートダッシュを決めて、「おおーみんなすげーぜ!」とか感動してたら、気付けば『なかなか失われない30年』の本番初日までとっくに3週間切ってました。

というのも、あらすじをお読み頂ければこの作品の構成の難しさを感じて貰えると思うのですが、過去に前例のない事をやろうとしています。発明に近い事を目指してます。
なので、まあ、台本がね…。大変みたいで笑
覚えるセリフがないままのほほんと過ごしてたら、おいおいもう3週間切ってるじゃんと、キャスト陣は急に焦り出してます。

でもなんもやってなかった訳ではなくて、衣装揃えてビジュアル撮影とかやってたんですけど、まあ最高のビジュアルですよ。94年、04年、14年の3つの過去が出てくるんですが、ちょっとずつ違う時代の衣装小道具は大変ですね。時代の空気感てのがありますからね。
最初に14年組から撮ったんですが、これがまあ面白くて。04年組も20年前の空気が素晴らしくて。我々94年組としては、これは負けてられねえぞと。
24年組も含めて、最高のビジュアルです。見た目だけで1発で時代と属性がわかります。この説得力は、各時代が混在するこの作品においてとても重要です。

昨日、数十ページ貰って、大人数出てくるシーンをみんなでわちゃわちゃとやってみました。アガリスクのエッセンスを十二分に理解している猛者達ですから、めっちゃ面白かったです。 

ビジュアルの説得力とキャストのコメディ力、絶対面白くなりますので、是非。

あと、チケット関係で面白い企画もありまして、「君ひとりには奢らせない」なるシステムがあります。
これまでアガリスク主催公演を観た事がない方、または学生の方を対象に、お客様が奢る事ができるというなんとも画期的なシステムです。

奢りシステムの詳しい説明や、アガリスク主催公演とはどの公演を言うのかとかは、公演特設ページをご確認下さい。
広がれ!アガリスクファンの輪🙆🏻‍♂️🙆🏻‍♀️


以下は公演詳細です。



アガリスクエンターテイメント 第31回公演

『なかなか失われない30年』



《あらすじ》
1994年4月30日、新宿区歌舞伎町のカワダビル4Fにある闇金業者のオフィスでは、売上金を紛失した従業員が穴埋めのため奔走していた。
2004年4月30日、新宿区歌舞伎町のカワダビル4Fにある風俗店の待機部屋では、女性達が「絶対に接客したくない人物」を押し付け合う会議をしていた。
2014年4月30日、新宿区歌舞伎町のカワダビル4Fにある小劇場の楽屋では、痴情のもつれで出演者が多数降板した中、残った者達が上演を強行していた。
2024年4月30日、新宿区歌舞伎町のカワダビル4Fにある劇場跡地を片付けているビルオーナーの目の前に、全ての時代が同時に現れた。

アガリスクエンターテイメントの第31回公演は、移り変わりの激しい新宿の雑居ビルを舞台に、平成から令和のさまざまな場面を一部屋にムリヤリ押し込んで総括する、時間混在コメディ。

《脚本・演出》

冨坂友


《公演期間》

4月27日(土)〜5月6日(月・祝)


《劇場》

新宿シアタートップス

東京都新宿区新宿3-20-8

WaMall TOPS HOUSE ビル4階 

「新宿」駅東口より徒歩5分


《タイムスケジュール》

4月

27日(土) 19:00

28日(日) 13:00/18:00

29日(月・祝) 13:00/18:00

30日(火) 休演日

5月

1日(水) 19:00

2日(木) 14:00

3日(金) 13:00/18:00

4日(土) 13:00/18:00

5日(日) 13:00/18:00

6日(月・祝) 14:00

※受付開始、開場はともに開演の30分前


《チケット》

◆事前精算、選べる指定席(Live Pocket)

富豪席 8,000円(前方良席、特典付き)

前半一般席 4,500円(4月中の5ステージに適用)

後半一般席 5,000円(5月中の9ステージに適用)

チケットご予約↓



◆当日精算(各回枚数限定) (CoRichチケット) 

※劇団のみ取り扱い。詳細・予約は公式WEBをご覧下さい。

大貧民席 3,000円

高校生以下 1,000円

チケットご予約↓




劇団公式、公演特設ページ

http://www.agarisk.com/nakanaka/




劇場でお会いできれば幸いです。