FS合同での黒バハチャレンジにて、鬼門であったレヴィアタンを抜くことができました!
正直まさかの出来事に大喜びでお酒がすすみますね
ここさえ抜ければ、という考えも浮かび上がっちゃうくらいには浮かれて次のステージへと進むのでした

中層最後のメタルドラゴン戦
こちらでも頑張りましたですよ

固定の為に、アンカーハウル・アトラクト・ソーンプリズン
防御のために、リベンジガード、氷鏡の壁、リベンジスイング、マジックガード、百花繚乱、ヴフトシュトース

これがディレイに振った装備とバフで入れてもらったアクセラのおかげですんごい回転が速いのですね
お陰で見る見るうちにSTが消耗していって
壺を連れているのでよっぽど大丈夫だと思ったのですが、よっぽどを超えてきましたねえ

そんな時にヒーラーさんからのRAが届いて命拾いですよー
やー凄いですね
他人のSTは見えないのに、ここぞというところにRAが届くのですから、本職のヒーラーさんというのは凄いですねえ

順調に進んでいる中で、リヴィアタンと双璧を成す難所であるミドガルズオルムへとたどり着きました
とは言え、そこまで心配はしていなかったのですね
この戦力ならば余裕で勝てる、みたいな気のゆるみでしょうかねえ

実際初期は順調でした
防御は反射かデバフを入れる為の隙づくり
必ずヘイトを稼ぐような体制になっていたのです

うん、ほんと途中までは順調だったのですけどねえ

戦いの中盤以降、デドリーポイズンが発動させるようになってから崩れましたねえ
デドリーポイズンは問答無用でHPを1にする攻撃です

そこから繰り出される攻撃手段によって、対処が変わります
通常の攻撃であれば盾などで防がなければならない
しかし、地震攻撃だとスワンダンスで無効化させなければいけない

その二択、と思っていたら、まさかのガイアブレスw
石化ガスなのですが、石化ガス自体はミッジにより防げるのですが、どうしてもダメージを食らう事になる
大きなダメーではないですが、HP1の状態だと即座に致命傷になってしまいますのでねえ

一度リズムが崩れるとアカンですねえ
レスキルされるのが繰り返されちゃって
挙句日本人に突っ込まれてこの有様ですわ

やー参りました参りました
なんとか勝つことができましたが、残り時間は30分ほど
この先キマイラロードとドラゴンゾンビ、そしてインターバルタイム6分と移動1分を残り時間で片付けなければならないのです

うーん、これは大変

いやーそこからは早かったですね
ミドガルズオルムを倒してから3分後にキマイラロードと戦い、そこからさらに3分のインターバル
そしてこちらのドラゴンゾンビとの戦いに突入するのですけどね

ミドガルズオルムを倒した時点で残り時間は30分です
しかしドラゴンゾンビを倒したところで残り時間11分
インターバル6分差し引くと、キマイラロードとドラゴンゾンビとの戦いに費やした時間は合計13分!?
早い!
やーどれだけ早く倒せるほど安定させられていたという事でしょうし、良かったですよー

いよいよ、いよいよ
ヘルミナ戦です
よくもまあここまで辿り着いたものですよ
皆様ありがとうございますですわー!
最後の大一番、頑張りましょうかねい!

ヘルミナに対してスーパーバンブーシュートを使い戦います
ヘルミナは巨大な上に少し浮いているために、半マス浮いている状態に
この半マス分の際によりすんごおいされる事になるのですが、スーパーバンブーシュートでこちらも巨大化する事で押される事が無くなるのですね

それに大きくなっているせいかビルボードやモーションも見やすく対処しやすかったですねえ
さあ、アンカーハウル、アトラクト、ソーンプリズン、低温蝋燭アタック
あらゆる手を使い固定していきますですよ!

うーん、おかしいおかしい
ソーンプリズン纏ったままどこまで行くの~

順調に固定できていたと思っていたのですが、突然ヘルミナが本陣に突っ込んで行きます
うん、本陣に突っ込んでいくのはまあしゃあない
固定が外れて、火力ヘイトなりなんなりに反応しちゃったのでしょうから

しかし、茨を引きずったままというのはちょっとショックですねえ
鈍足効果効いてなかった??って気になっちゃいまして

ふむーどうやらヘルミナのバフ枠が一杯になっているようですね
ソーンプリズンをかけておりますが、戦闘ログにヘルミナがソーンプリズンを受けたという表示がない
ぬぐー、だったらエフェクトもなしにしてくれれば分かりやすいのに

BOSSのバフ枠管理も重要な要素となりますよねえ
中々キビチイ

戦いも終盤に入り、激しさは増していくのですが、その中で何やらおかしなことが起きました
唐突に画面が白く染まるのですねえ

ん~なんでしょね
ホーリークロスではないのですが、この全体がホワイトアウトするようなエフェクトってなんの攻撃なんだろな、と

黒バハではエフェクトは斬って望むのですが、ここ暫くはM視点での動きもするようになってそのおかげでエフェクトはあまり負荷とならなくなってきておりまして
それよりも臨場感を味わいたいとエフェクト最小で参加しておるのですが、おかげで珍しいエフェクトが見られましたですよ


ふ~~~ヘルミナのHPミリ残しです
しかし、ここで残り時間は2秒50程
残念―、クリアーならずで落下となったのでした

まあ、何度も固定外れて本陣に突っ込ませてしまいましたのでねえ
しかし何というか、今回の黒バハは今までで一番納得のいく黒バハと言えるのかもしれませんね

完全に固定できたわけではありませんし、結構本陣壊滅させています
ですが手ごたえというか、固定出来た感があるのですよねえ
それに、ギリギリのひりついた戦いを楽しめたという事が大きいのかもしれませんね

戦い終えて、皆で記念撮影ですわー!
お疲れ様でした
クリアこそできませんでしたが、とても楽しい戦いをご一緒できて嬉しかったですよー

各FSさんに話しが行ったのは水曜日か木曜日で、実行日が土曜日という急なお話しだったにもかかわらず、これだけ多くの人が来てくれたことに感謝ですよー
そして各方面に声をかけてこれだけの人数を集めてくださったFSpastelの皆さん
企画進行してくれたAさんTさんに感謝よ~!

という事で、四連休のFS合同黒バハチャレンジ、大団円で幕を閉じたのでした
うん、ワインはすっかりぬるくなっちゃっていましたが、美味しい!

その話が出たのは18日、日曜日の事でした
翌週の四連休で他のFSさんも誘って黒バハに行きませんか、と

4連休だしイベントをしてもいいとは思っていましたが、流石に急すぎいいww
でもせっかくだし黒バハをみんなで楽しみたい
という事で、そこからは怒涛の一週間が過ぎたのでした

イベント日時の決定が火曜日
数日しかない状態で、FS合同というには相手FSさんの都合を聞いたり調整する時間もない
ですのでFS間の合同ではなく、FSpastelが黒バハ行くので都合よければ一緒に行かない?という形で話しが進められることになったのです
うん、流石に急すぎるなぁとは思っていましたけどね

さて迎えた土曜日
FSpastelの定期お出かけの日であり、週末という事でお酒をお供に楽しむのですよ

こちらは先週コルク抜きがないので飲めなかったチリワイン、レイト・ハーベストです
人生初コルク抜きをしましたわw

甘口を超える極甘口ワイン、いかがなものかなーと飲みながらのMOEでしたわー

まあ極甘口というだけあって渋みを感じる事なくとても飲みやすかったですよ
しかしアルコール度12.5%は強いですねえ
いつも飲むお酒のアルコール度が4%ほどですし、単純に一杯でいつものの三杯分というね

味よりアルコールの強さが印象に刻み込まれましたですなぁ


それと、肴はチーズデザート白桃というものを選んでみましたが……ん~個別で食べる分には美味しいのですが、甘いワインに甘いチーズであまり相性良くなかったかな?
このワインにはスモークチーズが合いそうかなーなんて思いながらMOEを楽しんでおりましたよ

自分なりに合うお酒や肴を探していきたいですねえ

さて当日の集合時間です
正直なところ、何人集まるか全く見当ついていませんでした
15人超えて起動できれば十分成功と思っていたくらいで、ですので専用CHも作らずに、pastelCHに入ってもらえばいいわwなんて気軽に思っていたのですけどね

蓋を開けてみるとこの集まり!
いったい何人いるんだ@@とびっくりですよ

しかしもっと吃驚なのは、これだけの人数が集まっているのに予定時刻にみんな集まり、説明が始まれば傾聴してくれるというまとまりの良さ!
ん~素晴らしいですなぁ

それでは時間になりましたので、雪原に移動
そこから浮遊都市バハに移動したのですが、ここからがびっくりです

たしか、NPC化キャンペーンで、浮遊都市に新たなるNPCが設置されたのは聞いていたのですけどね
それがこちらのようで
浮遊都市バハの入り口魔法陣に降り、話しかけると黒の廟堂まで転移させてくれるのです

ん~素晴らしいですね
今まではここにもアルターキャラを設置して中継しなければいけなかったのですが、こちらの新NPCるるうのおかげでとても楽になりました
ありがとうございますですよー!

さあ、久しぶりにやってきました黒バハです
その人数46人!
46人って、なかなか集まれる数ではないですよ@@
急な話だったのに、こんなにも集まって頂けるとは有り難いですねえ
集まった方もですが、呼び集めたFSメンの皆さんにも感謝ですねい

廟堂でリログタイムを取り、その後PT編成
編成というか、まあ誰でもいいからPT組んじゃえ、という感じでしたけどね
それでも結構サクサク決まっていって、ありがたいですねえ

戦闘開始前、前に出ていたのはヘカトン含めて二人だけでしたが、始まってみるとみんなでワイワイとなりましたわ
もう、それなら最初から前にいればいいのに、寂しかったぞw

さて、久しぶりの黒バハですが、うん、結構動けますね
前日に防御のマクロを変えましたが、それも功を奏したようでやりやすいです

そして、固定の方は……アンカーハウルのおかげか結構いい感じに固定できていると言っても良いかもですね
出口扉側まで引っ張るのは厳しかったですが、それでも本陣に突っ込まれる事もなかったので、ほっと一安心ですよ

戦いは順調に進み、インフェルノワイバーン戦
ここでも結構いい感じに戦えていますね

タゲがヘカトン自身になっていますが、これはインフェルノワイバーンをアシストした結果です
現在タゲしている相手が誰をタゲしているか観測できるようにマクロを組んでいますのでね
定期的にタゲ先を確認しておりますですよ

結構な頻度でヘカトンがタゲ取れていたりするのでほっと一安心ですよー

中層に入りまして、スカルナイト戦
今回の参加者さんの中にはヘルパニさんもいましたので、プラチナは安心してお任せして物理盾はシルバーへ

うん、いい感じですね
こちらでも固定できております
久しぶりのスカルナイトカーズもスワンダンスで即対処
順調な戦いができていて嬉しいですが……しかし次が問題なのですよねえ

さあ、もはや鬼門と言っても良いでしょうか・
黒バハツアーのように黒バハに慣れた人たちが多いと、ある程度の火力があればクリアーができるステージです
しかし、FS単位での黒バハだとどうしても慣れている人たちばかりではありませんのでね
かなり難易度の高いステージとなるのです

実際FSで黒バハチャレンジしても大抵はここで全滅します
実際問題FSpastelが今まで何度か合同イベントなどで黒バハチャレンジしましたが、ここを超えられたことはなかったと思います

しかし、今回はいくですよ!
人数的にもかつてない大人数になっておりますし、ヘカトンも罠として行動阻害罠をまき散らしますのでね!
戦闘ログにイビルウィスプがサプライズシードに引っかかっているのを見て満足ですよー

レヴィアタン戦での最大の山場はスタート直後です
6匹のイビルウィスプが襲い掛かってきますからね
その掃射に耐えられる回復力や、一体ずつ削っていけるように火力を集中できるか、という事が重要になります

それを乗り越えれば、あとはレヴィアタンにタゲを取られないように注意し、繰り出されるイビルウィスプを順次撃破していけばよいですからね

そういった戦いの末、リヴィアタンを倒す事に成功!
おつ様あああ!
遂に鬼門であるレヴィアタンを倒せましたですよ!

ここさえクリアー出来ればあとはヘルミナまで一気に駆け抜けるですよ!
という事で、次回へ続く

オリンピック開幕!
開会式が執り行われましたね

この時期の中で開催する事自体大変だったでしょうし、いまだに賛否もあるでしょう
そんな中であっても人の生活は、営みは続いていくものです
参加される選手方、応援される皆さんには気持ちよくオリンピックを楽しめるように応援しておりますわー

一年延期、コロナ禍での開催とこれもう完全に歴史の教科書に乗るレベルの状態を、その時代を生きるものとして立ち会っているという事に興奮しちゃいますよね

はい、それでは今回もアンカーハウル搭載ヘカトンの慣らしで戦っていきますよ

CHを見ればキマイラツアーがありましたのでね
キマイラもナジャと並ぶ気まぐれなBOSSで固定が難しいのでねえ
攻撃も魔法、物理、デバフとバラエティ豊かに揃っていますし
盾として闘うのに十分と参加なのです

最初の封印ですが、封印の間ってREPOP時間があるのですね、初めて知りました
入れず参加者の皆さんが囲むように並んでおりますが、ここだけ見ると何かの儀式みたいでいいですねw

ヘカトンの基本装備は黒バハに行ける装備です
ですので黒バハに必要な装備をすべて持っており、その中の一つウォータースパイダーブーツがあるのですね

罠盾となりましたのでね
中層第二線リヴィアタン戦で罠種をまくために水上歩行装備を持っているのです
これは水面に浮く装備ですが、それを水中で使うとこの通り
一気に浮上するので便利ですわー

封印を解いて回って最後の戦闘の間です
こちらは別々の部屋にいる三体のリザードガーディアンを同時に倒さなければいけないので難易度が高いのですけどね

今回のキマイラツアーの参加者は22名
PTを組んでおりますので、PTごとに部屋を分け、同時に戦闘開始
倒すタイミングを合わせるのではなく、スタートのタイミングを合わせて全力で倒しにかかるという方式でした
うん、ギリギリで止めてタイミングを合わせるのは間違って殺しちゃうことがあるのですが、戦力に余裕があればこの方法も良いですね
実際一発クリアーでしたわー

さあ、それではキマイラとの戦いです
ヘカトンの目的はただ一つ
全力でタゲを取り固定する事
22人という参加者の多さ、前衛職も複数おり、ヘカトンと同じく全力でタゲを取りに来るでしょう

しかしそれでも、譲る気はありませんよ~!
このヘカトン、意外とエゴイストなのですよw
BOSSの視線を独り占めしなければ気が済まないですし、余所見するなんて許さないのですよ

しかしヘカトンが全力を出すように他の前衛さんも当然全力を尽くします
そこで引っ張り合いになる訳で、キャラクターの性能やプレイヤースキルによる差が出てくるわけで
その為に日々鍛錬し切磋琢磨するのですけどね

こうやってとって取られたもまた楽しみの内
お互い遠慮なく自分の持てる全てを注ぎ込み楽しむのだw

はい、キマイラの攻撃が返ってきたー
挑発でヘイトを稼ぎ、鈍足効果でヘイトを稼ぎ
そして攻撃が向いたら反射してダメージヘイトを稼ぐ
あらゆる方向からヘイトを稼いで固定に勤しむですよ!

ちなみに今回の参加人数は22人
当然、盾・火力・回復・バッファー・ダンサーなどなどそういったPCだけでなくペットも多くいるのですね
そういったものを見るのもまた楽しいものですが、流石に込み合っちゃっていると大変ですので、 /dispotherchara 5で自分以外のペット非表示にさせてもらっておりますわー
ビルボードだけが隣に浮かび上がっててちょっとびっくりしちゃいましたw

そしてキマイラ討伐―
流石に22人もいると早いですねえ
しかし問題は、キマイラのタゲです

ヘカトンはBOSSが誰をタゲっているか観測用のマクロがあり、それでちょいちょい見ているのですが
うぬー、最後のタゲは赤鎧のナイトさんでしたねえ
悔しいけど、お見事です!
これらも精進していかねばですねー

キマイラツアーが終わり、ミトヤに戻ってからマクロをいじります

基本被弾するのは、無理してデバフ入れようとしてか、防御ディレイを読み間違えての被弾なのですね
攻撃を百花で受けようとしてタイミングあわせたけど、まだ百花のディレイを消化しきってなかった!みたいな

という事でヴフトと百花に保険としてそれぞれ氷壁とドッジマントを入れてみました
炎氷の籠手やノーブルナイトマントを装備して付け替えの必要をなくすことでマクロに組み込む事が出来ましたわー
少しディレイ減少を犠牲にしましたが、これで被弾が少なくなると良いですねえ

少しずつでも改良していき、盾としての精度を高めていきたいものですわー

夏です、オリンピック開幕です
それに合わせて4連休なのです

ところで、普段は全然動いていないのに、連休になると急に働き出すご年配の方
「俺は休みの日も関係なく働いているんだぞ」
とかマウントとってきますけど、私からすればスケジュール管理もまともにできない無能です、と言っているだけにしか聞こえないのですけどね

ええ、休みだろうが何だろうが勝手にすればいいのですが、それで人を巻き込むな、と!

要約すると、四連休などなかった、顔つきが違うの資格を得ちゃった……ぎいいいい!

そんな世間一般は連休開始日、漸く辿り着いたMOE
すさんだ心を癒そうと待ったりしていると、FSCHから「千年行くかい?」と声かけられまして
CHを見ると海のもの千年イベントが開催されているではありませんか!

こちらのイベントは知ってはいましたが、それがこの日だとは全然覚えていなくって
うーん、時間が経つのが早いですねえ
大慌てで海っぽい装備を探すのですが……ヒトデ水着しかないというww

飛竜砦にやってきましたら、やーいるわいるわ魚介類
サメ、シャチ、マンボウにマグロ
更にタコが空を飛んでおりますねえ
蛸であって凧じゃないだろwというツッコミをせねばならなかったでしょうかねw

まあ、夏のイベントという感じですよねえ
みんなでワイワイと集まって、見ているだけでも楽しくなっちゃうですよー

さあ、千年竜戦開始です!
開幕早々なんかすごいエフェクトが!
八本の剣で円を作ったような武器?なんかカッコいい!
こういう大人数の集まるイベントでは普段見ないような技やエフェクトが盛りだくさんで良いですねえ

それはそうとして、今回は海のもの千年というイベントではありますが、ヘカトン的には多分に実験要素を含んだものとなりました
・ジラフヘッドを装着して視点を上げる事で大型MOBや飛行MOBとの対処が変わるか
・アトラクトを封印してアンカーハウル、ソーンプリズン、低温蝋燭でタゲが取れるのか

なのです

ジラフヘッドなのですが、なんでしょうね
妙にやり辛い!
視点が高くなったのは高くなったのですが、常に自分を見下ろしているような状態で、言語化が難しいですが、イマイチだったかなー

そしてアンカーハウルですが、あまりタゲが取れていたという実感はないですねえ
これだけのPCが集まって一斉に攻撃しているので、バフ枠も埋まっているでしょうしヘイトが分散するのでしょうけど、それでもなんだかなあ

アンカーハウルの射程の問題ですが、こちら、飛行中の千年竜にも届いています
うん、いい感じです
ただ問題はディレイですよねえ

ここでのテストはアンカーハウルが強力でアトラクトが不要ならば、BRAとアトラクトを外しWRAを入れられるか、というものです
WRAにする事でSDがつかえるようになり、現在耐物理防御につかっているリベガ・ドッジマント・アブソーブガードがリベガ、SD、氷結と反射特化なものに変えられそう、という思惑があったのですけどねえ

ただ、このディレイの長さは辛いものがありますし、タゲ取り能力としてもアンカーハウル単体よりアトラクトとの併用の方がやはり強くは感じましたねえ

いやー盛況盛況
いきなり吹き飛ばされてびっくりしましたら、噴火に巻き込まれていたようでした
しかし噴火は……ビルボードだけ見えてるw

やー参りましたね
海のもの千年が大盛況過ぎて噴火が表示されないと買って、こんな事あるものですねえ
珍しいものを見させてもらいましたよ

ジラフヘッドも相まって、凄く間抜けな格好で吹き飛ばされていて思わず笑っちゃいましたよ

いやいあいやいや
見えない噴火にやられている人が結構多かったようで
終盤に入って血煙祭りですよ
勿論ヘカトンもその中の一人ですけどねw

まあ、楽しめましたし、知りたいものは判りましたので満足ですけどね
うん、色々と考える事の出来た一戦でしたねええ

はい、という事で
海のものが山の千年竜を倒したどーw
と記念撮影ですわー

やーもうほんとに海のもの盛りだくさんでw
こういうイベントを考え実行に移せるというのは素晴らしいですねえ
主催進行ありがとうございましたですよ~

この後、海の者は更なる山を崩すべくガイアに向かうのですが、残念リアル都合によりヘカトンはここで離脱となりましたわー
海のものたちに幸あれ!

用事を済ませたころには既にガイアも終わっていましたのでね
まあせっかくですので、今回の千年竜で試して分かった事をまとめておきます

・ジラフヘッドで視界が高くなるというか、自分が低くなるというか
巨大かとはまた違った視界の変化で、巨大MOBに対してあまり有効とは思えない

・タゲ取りは現状のアトラクトとアンカーハウルの併用が良いと思われる


という事ですね
構成変更どうしようかとくすぶっていましたが、今回の事で自分の中で決着がついたようでスッキリしましたわー

ガイア
地下水路に鎮座する強力なBOSSであり、楽しい戦いが約束されるものではあります
しかし、ガイアに辿り着くまでには複雑な地下水路を踏破し、待ち構えるゴーレムたちをなぎ倒さなければなりません
道順も難しく、手間も時間もかかってしまうのが欠点なのですね

しかし、テレポートクロースを使えば大幅なショートカットをしてガイアとの戦いを楽しめるようになるのです
その為にはガイア部屋前にテレポートクロースがつかえるキャラクターを設置しなければならなのですが、そこまで行くのはかなりの難易度なのですねえ

テレポートクロースは神秘魔法80とかなり高位の魔法であり、これがつかえて尚且つガイア部屋までそうはできるキャラクターがエジプト一家にいるかと問われれば……います
それが黒炎陣を使えるようになったリフレクションパニ、レネネトなのです

さあ、ガイアまでの道のり後半戦という所でしょうか
ここからガーディアンやマジックゴーレムなど、上位ゴーレムが待ち構える場所ですが
ここをいかに突破していくか……

マジックゴーレムが使う魔法は火属性と地属性
うち地属性はスワンダンスで解除できる魔法ですのでね
ヘルパニッシュとファイアーリフレクションを展開し、突撃!

しばらく戦っていたのですが、ジャイアントクランプで吹き飛ばされたところで気づきました
え?人がいる??

全然気づかずに戦い始めちゃったけど、先に戦っていたのかな?
挨拶して聞いてみたのですが、先客だったというわけではないようなのでほっと一安心ですね

重量級ゴーレムを倒し、ほっとしながら水路に入ったのですが、まさかの難敵が待ち構えておりましたよ
はい、こちらです

狭い水路ではただでさえ見辛くなるのですが、人力車を引っ張っているレネネトにはかなり厳しい場所でしたよ
うーん、見辛いwww

正直油断はあったと思います
重量級ゴーレムを倒したのです、狭い水路に潜むグレイブンなど相手ではない、と

しかし、地下水路のグレイブンはキック技を使うのですね
そしてリボルトキックはバフ剥がし効果があるのですね

最初にリボーンバフが剥がされ、続いてヘルパニッシュバフも剥がされ
完全丸裸にされて一気に絶体絶命でしたわ
ん~グレイブンと侮っていてはいけませんでしたねえ

狭い水路を抜け、いよいよガイアのいる生命の巌が近くなってきました
ここまでくると待ち構えているゴーレムたちの顔ぶれも随分といかつくなってきていますね

岩や石どころか鉄だって軽く思えるような重量感を持つゴーレムが大挙して待ち構えているのですから
もうここら辺になると一応はBOSSである血ゴレよりも強くなってきちゃっているのですよねえ
ここを突破していかなければいけないというのは、骨が折れますわー

とうとうここまで来ました
生命の巌前の大回廊

ここに集まるゴーレムの群れは、もう、なんというか
笑うしかないですねw
完全に壁(物理)ですやんww
ここまでくると逆に壮観で見ていてほれぼれしちゃいますですよ

ここまでなんだかんだ順調に進んでこれたのですが、最後のこの回廊に来て貫通が!
確か魔力が一定数以上あると貫通が無くなり完全反射になると聞いた覚えがあるのですけどねえ

魔力194.5ならば十分でしょうに
やたらとダメージが入るようになって思いがけずに詠唱中断にまでつながってしまいましたよ

バフが命のパニッシャー
ヘルパニバフやリフレクションバフが継続できないとなると何もできませんからね
大急ぎで逃げでセンスレス→ビジポモーフで一命をとりとめました

危なかったー

その後なんとか大勢と立て直し、大回廊の掃討に成功
最後の門番であるマジックゴーレムとガーディアンを倒して一安心ですよ

そこでふと振り返ると……ガランとした大回廊
もう壁ジャン!と笑うしかなかったくらいの状態ですが、こうして綺麗になってみるとなんだか寂しいような気がするのはどうしてでしょうかねw

はい、とうちゃくーーーー!
生命の巌前です
ここからガイアの部屋へとテレポートできるのですねえ

生命の巌は3フロア分の吹き抜けの大広間
レネネトの立っている入り口は二階部分に相当します
即ち、この下に一階部分の通路があり、この上下軸をテレポートクロースで引っ張れちゃうのですね

ここにレネネトを設置しておくことでガイア戦は物理的に近づくことになりますし
これからお出かけの選択肢も増えるという事で楽しみですねい