おはようございます、Yayoiです。

 

 

昨日は秋分の日でしたねー

 

海辺のBBQに誘われて行ってきました♡

 

 

 

 

なんかですね、体調どんどん良く

なってきてるような気がする

んですよ、、

 

全然フツーに歩けるし⤴︎⤴︎

 

ホントにおかげさまですね。

 

 

 

 

ゆっくりとですが、このままガンが

小さくなって、

いずれは消えてなくなるんじゃないかと。

 

 

 

少しの期待を込めて

予感してますーー

 

 

 

 

◇◇◇

 

 

胸のしこりに何年も前から

気付いていて、

 

しかも医者なのに(爆)

 

 

なにゆえ放置していたのか…

 

 

 

 

経緯を知った人は、たぶん

頭のなかに「?」マークが沢山

ついてるんじゃないかな(^^;;

 

 

 

一応、これまでの私の頭の中を

説明(弁解)しておきますと…

 

 

 

実はガンかもしれないということは

半分以上思ってますた。

 

特に、最近大きくなってきてましたし、

 

腋窩のリンパ節も少し腫れていました。

 

(マジかよ)

 

 

 

 

でも、もし検査して、ガンと判ったら、

 

絶対切除されて、

 

組織のタイプによっては、

 

抗ガン剤の使用は避けられないーー

 

 

 

=検査すればほぼ確実に

「ガンと闘う」ことになってしまう!!

 

 

 

 

このガンは、苦しかった過去の自分が

作ったもの

 

いわば、「過去の自分そのもの」だ

 

 

そういうふうに感じていたので、

 

 

切除する、

切り取って棄ててしまう、

亡きものにしてしまう、

 

 

のは違う!!!

 

 

そのようなアロパシー(逆症療法)

的な対処には、どうしても

したくありませんでした。。

 

 

 

でも、周りから説得されれば、、

家族や大切な人たちを悲しませること

を考えたりすると、

西洋医学的治療を断ることなど

現実的にはとても難しいだろうと

予測していました。

 

 

 

だからどうしても、、受診に

踏み切れないでいました。

 

 

 

それで、こんなにメタメタ(多発転移)

になって、緊急入院する羽目になり、

周りの方々にとんだご迷惑とご心配を

おかけする結果となりましたこと、

そのことは大変申し訳なく思っております。

 

 

ごめんなさい

 

 

 

 

ただ、個人的には、

すでにこんなに転移巣が広がっていた

ために、

原発巣である乳腺腫瘍自体は

診断目的の針生検のみで、

切除せずに済んだこと、

 

 

また、ルミナールa という、

ホルモン治療がよく効くタイプだった

ため、

抗ガン剤は使用せずに済んでいること、

(今のところ)

 

 

結果的に「ガンと闘う」ことは

しないで済んでおり、

ある意味希望通りの展開になっています

 

 

 

とっても(奇跡的に)運が良かった

(今回の私のような方法は、けして

オススメ致しませんw)

 

 

神様に感謝です✨

 

 

img_cb

 

 

長くなったので、

続きはまた書きますね。

 

 

 

 

 

 

 




引用元:すべてはうまくいっている