2016年11月にがん治療認定医を受験してきました。

がん治療認定医にはがん治療認定医とがん治療認定医(歯科口腔外科)があり、

がん治療認定医(歯科口腔外科)は口腔外科専門医を取得した歯科医師が

申請できるシステムです。

 

がん治療認定医(歯科口腔外科)になるには

2日間の教育セミナーを受講し、2日目の午後に行われる

認定医試験(多肢選択方式)に合格する必要があります。

この認定医試験に合格すると認定医への申請資格が得られるのですが、

試験合格だけでは認定医を申請することはできず、

実際に2年以上の認定研修施設でフルタイム勤務でのがん診療の実績、

がんに関する臨床論文や学会発表の業績も必要とされます。

 

がん治療認定医は7月から申し込みが開始されます。

申し込みをした後は、セミナー受講料(¥20,000)とテキスト代(¥3,000)を振り込みます。

9月に200ページくらいの「がん治療認定医 教育セミナー テキスト」が送られてきます。

このテキストは「がん治療に求められる基盤的知識」と「各種悪性疾患の診断と治療の基本原則」という2部構成になっており、量も多く、内容も濃いです。

 

2か月間このテキストをしっかり勉強してセミナーに臨む必要があります。

色々な方がブログで紹介されていますが、セミナーはかなりのハイペースで進みます。ですので予習が大事です。

予習と言うより、セミナー無しで試験を受けに行くくらいに仕上げる必要があります。

 

勉強方法は人それぞれだと思います。

私も何人かの既にこの試験をパスしたお医者さんにどの様な勉強方法がよいか聞きました。

<外科の医師①>

テキストを3回まわりくらい読んでいけば大丈夫ですよ。

<外科の医師②>

サボらなければ大丈夫ですよ。

テキストからでるのでテキストを読んでいけば大丈夫ですよ。

<耳鼻科の医師>

メッチャ大変です。死ぬ気でやっていかないと落ちますよ。

<歯科口腔外科の歯科医師>

かなり暗記しましたね。

分子標的治療薬は確実に覚えないとアウトです。

 

皆さん、言ってる事がわりとバラバラ

でも2日間みっちり講義があることは体力的にも大変だと言ってました。

外科の医者は普段臨床で扱っている臓器が多いので理解しやすく、

よく知っている領域なのであまり勉強しなくてもよいのだと思います。

あと、分子標的治療薬はどんどん新しいものが出てきますので、覚えるのが大変でした。

 

私はAmazonで過去問題集を購入しました。

この問題集は2014年を最後に更新されていません。

問題集での勉強は必要と言われる方とそうでない方と両方のご意見がありますが、

私は出来る限りのことをしたいと思いとりあえず購入しました。

問題集は1回周りしか出来ませんでしたが、スマホでもできる付録付きですので

実際には問題を2-3回まわりやったと思います。

 

セミナーは2日間しっかりあります。

だだっ広い会場に1500人くらいの医師が3人がけの机にしっかり並んでいるのは不思議な光景と言えます。

講師の先生方も色々な方がいます。

どの先生も短時間で講義を終えないといけませんので、非常に早口です。

メモをとってる時間はほとんどなく、喋っている内容がテキストのどの部分を言っているのか把握し、マーキングするだけで精一杯でした。

いかにも試験に出そうな言い方をされるのですが出ないこともありますし、「◎◎という選択肢は誤りですから注意してください。」と言われ、そのまま問題として出ることもあります。

 

自分で予習していたときには気にも留めなかったようなちいさな図表も講義では強調され、そこから応用問題が出題されることもあります。

 

セミナーを受講は何度も繰り返すようですが2日間あり、安いパイプ椅子に長時間座ることになります。長時間座ってるとお尻がいたくなりますので座布団があると良いでしょう。

あと、机が長机を3人で使うので狭いです。余計な荷物はホテルに置いてきた方が良いと思います。

お弁当は会場で売られていますが、ひとつ1000円です。

内容はそれほど良くもなく悪くもありません。

 

宿泊は出来るだけ近場をおさえた方が良いかもしれません。

とにかく長丁場ですので移動に時間を使わず、

復習や試験前の暗記に時間を使った方が良いと思います。

 

受験者はみなさん認定医や専門医をすでに取得されている方ばかりですが、

それでも合格率は60%くらいとそれほど高くないです。

私も試験中は紛らわしい選択肢もたくさんあって悩みました。

 

がん治療認定医は試験が全てと言ってもよいと思います。

試験に合格できる様にテキスト到着後はひたすらそれを読むことに徹するとよいと思います。

 

 

 

 

 

専門医試験はすべて記述式です。


設問は8問 
1)先天異常、後天異常  
2 )外傷 
3 )炎症 
4 )腫瘍 
5 )嚢胞、医療倫理  
6 )唾液腺疾患、顎関節疾患、血液疾患、神経疾患  
7 )口腔粘膜疾患 
8 )周術期管理、再建法 
です。

 

試験時間は2時間半で、5点刻みで採点、

一問100点満点で合計800点満点 
一問でも30点以下だと不合格です。とのこと。

 

解答用紙は1問につき1枚のレポート用紙のようなA4の紙で
問題と解答用紙は封筒に入れて配られるようです。

 

いろいろな方々のお話からですが、

・どうしても分からずに白紙でだしたら不合格になった。

・1枚につき5行書けば大丈夫

 

試験中頭の中が真っ白になったらどうしよう…。

ひたすら勉強ですね。

 

 

 

 

専門医の申請書類ですが、ダウンロードしていただくと分かるのですが、70ページもあります。

ダウンロードして心が折れそうです。

提出するときはもう少し紙が増えます。

セミナーとか学会参加証のコピーとか増えるからです。

 

申請書ですが順番に

履歴書は自分の事ですから書けます。

研修証明書ですが、施設を変わっているひとはこれまで勤務した施設で署名していただかないといけません。

研修実績報告書は学会参加と発表について書くところです。

参加証と学会発表とくに地方会だと抄録冊子がなかったりすると証明にならないそうですので地方会でも抄録冊子をとっておいた方が良いでしょう

BLSは申請前に慌てて受けました。

そのうちACLSまで受けないといけなくなるみたいです。

全身管理研修症例は20例です。全身麻酔の研修をうけたら麻酔記録は必ずとっておきましょう。

口腔外科専門医を受ける時点で麻酔研修から随分時間が経過してしまっていることがあります。そうすると自分がお世話になった麻酔科の先生がリタイアしてしまっているなんてこともあります。でも自分の指導してくれた先生にサインをいただかないといけないそうです。私は指導してくださった先生に直接サインをいただきにいきましたが、(詳細)のところをみて、「なつかしい麻酔ですね。今とは違いますね。」とおっしゃってました。

診療実績報告書ですが、(1)口腔外科手術と(2)入院症例の管理報告書は申請書の中でほとんどをしめておりメインの場所です。

(1)口腔外科手術は100例の執刀手術がいります。

A-1(抜歯)は10例以下

A-2〜B-4で25例以上

C又はDで25例以上

レベルⅡ以上40例を含むとあります。

私は手術件数は足りましたが、なかなか十分な件数が足りないことも多い様です。

20例の手術を詳細に書いていかないといけませんが、

多くの施設では手術記録に手術の概要は書いてあっても、臨床経過ならびに術前所見は書いて無いことがおおいのではないでしょうか。

今後専門医を目指す方は手術記録に「臨床経過ならびに術前所見」を書かれておくことをお勧めします。

 

(2)入院症例ですが、50例以上書くのですが

A分野10例以上でA-1(抜歯)は5例以内

B分野20例以上、C又はD分野10例以上

です。

入院症例のリストは手術症例のリストと症例がカブってもいいみたいです。

詳細に書くところはカブってはいけませんが。

 

(3)口腔外科症例の管理・診断ですが、E-1、E-2、E-3およびF-1、F-2からそれぞれ最低でも1例ずつ書かないといけないんですね。

でもこれは普通に外来や入院みてると揃うと思います。

 

論文業績はこれは厄介!!!

IJOMSかJOMSMPか日本口腔外科学会雑誌に筆頭で1編いるんですね。

これで専門医とれない先生方が日本に大勢いると聞いています。

こればかりは何とかするしかないです。

 

あとは

手術実地審査協力内諾書

(公社)日本口腔外科学会「禁煙推進宣言」に対する同意書

 (→「禁煙します!」ではなく禁煙推進活動に積極的に参加する。ということだそうです。)

 

やっと書き終えて、指導していただいた先生方のご署名と捺印をいただきます。

 

が…。

 

ここから修正がまた何度かあります。

頑張ろう。