緋紗奈のブログ

緋紗奈のブログ

このブログではモンハンやデジモン
日常で起こったことを自由気ままに
マイペースで描いています


テーマ:

ぐ…こんなにかかると思ってなかった

大変お待たせしてしまって申し訳ありませんでしたえーん

 

 

 

竜帝の伝説 66話~再出現~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

実はアズィドラモンの第2形態

出すか出さないか半年くらい悩んでいたりします;;

 

ちゃんと確認していますが、誤字脱字があったらスミマセン…

 

 

 


テーマ:

こんにちわー、緋紗奈です

 

今回は前回書いたイカれた頭で考えてしまったオリジナルデジモンを紹介していきます!

それでは、早速逝きましょう!

 

 

 

………せーの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四罪四凶(しざいしきょう)

この世に災いをもたらすと言われる八体の悪神型デジモン。

善たる存在に強い憎悪を持ったデジモンが至る進化形態と言われ、八体全員が仮面を被っている。

 

 

四罪

・人面竜身、あらゆる水を操る水神キョウコウモン

・巧みな言葉遣いで相手をそそのかすグンモン

・不死身の戦神を蘇らせようと画策するサンミャオモン

・グンモンやサンミャオモンと共に暗躍するファンドウモン

四凶

・財産や権力まで喰らい尽くす暴食の人面牛身の悪獣タオタイモン

・悪人を助け、善人を喰らう翼のある虎チョンジーモン

・単独で行動し、戦場を駆け回る孤高の戦士タオウーモン

・存在するだけで混沌へ陥れるハンドゥンモン

 

 

 

はい、中国神話に登場する四罪と四凶を一緒にしちゃいました☆

まぁ元々混同されることもあるので問題ないっしょ(何が!?)

 

八体考えたけど説明が決まっているのは一体、キョウコウモンだけです。

 

 

≪キョウコウモン≫

・究極体   ・悪神型    ・ウィルス種

善の存在に対し強い憎悪を持ったヒシャリュウモンが進化すると言われるデジモン。あらゆる水を操る力を持ち、キョウコウモンの前では自身の血液でさえ牙をむく凶器となる。また水のある場所ならどこにでも現れることが出来るため神出鬼没であり、いつ攻撃を仕掛けてくるか分からない恐怖に対峙した者は陥ることになるだろう。毒を操る九頭蛇身の「シアンリゥモン」と朱い熊の毛皮を被った心を読むことが出来る「フーヨウモン」を従え、デジタルワールドに復讐する時を窺っている。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが想像したまま描いてみたキョウコウモン

 

180831_094856_ed.jpg

 

 

……ボールペンで一発描きだったんだけど、ここまで細くなる予定はなかった

訂正が必要ですね(´・ω・`)

 

キョウコウモンの説明見て貰えば分かるとおり、実はキョウコウモンの忠臣も一緒に考えました。

相柳がモデルの「シアンリゥモン」と浮遊がモデルの「フーヨウモン」です

 

キョウコウモンは名前の通り「共工」がモデルです

ちなみにキョウコウモン以外皆中国語読みなんですが、

妹が「共工はそのままでいいんじゃない?」と意見を述べたのが理由です。

本当は窮奇がモデルのチョンジーモンもそのままキュウキモンにしたかったのですが、

もうすでにいるんですよね…キュウキモンが…完全体に……

 

 

 

 

四罪四凶の八体+二体で合計10体!wwwww

 

……こんなに考えてどうすんねん

でも四罪、四凶調べているうちにこうなっちゃったんだもん(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

後思いついたのでコイツらも一発描きしてみました

 

 

180831_094920_ed.jpg

 

 

180831_094928_ed.jpg

 

 

想像のまま描いたから全然デジモンっぽくないけど、

直し加えたらデジモンっぽくなるだろう。……多分

 

ていうか誰かヘルプミー!!

私の画力だとこれが限界!!!。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン

 

 

中国神話だと一概に四罪、四凶は完全なる悪ではなく善なる行いをした神という記述もあります。

共工だって世界を支える柱を(頭突きで)折って星の運行を変えた悪神でありながら治水も行っていたそうですし、

もし実際デジモンに四罪四凶が出てきたらどうなるんでしょうね( ´艸`)

 

 

あ、念のため言っておきますが、

竜帝の伝説に出る予定はありません。

 

では、今日はこの辺で(。・ω・)ノ゙


テーマ:

かなり久しぶりの緋紗奈です。

 

 

 

はい、スミマセン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット料金払い忘れててネットが出来ない状態だったんだ(泣)

 

 

 

 

 

 

ううー…どうしてこうなんたんだ

 

書きたいネタ一杯あったのに、私の確認ミスです…

ということで2週間近く何も出来なかった、すみません本当に…

 

 

 

 

しかし、幸か不幸か

 

その時の自分の不甲斐なさに対するイライラとお盆の忙しさで頭がいかれて(今でも十分いかれている)

とんでもないデジモン考えついてしまったwwww

 

名前決まっているけど技名とかはまだなーんにも考えていない

種族説明も決まっているの一体だけだしね

 

はっきり言ってコイツら相手にするくらいなら七大魔王全員と戦った方がマシなレベルやで

 

 

まぁ考えた理由が

「七大魔王以外に暗黒系で組織名のあるのがいないよなー」

だったんですけどね

 

 

そいつらのことはまた後日に

 

 

では今日はこの辺で(。・ω・)ノ゙

 

 

 


テーマ:

お久しぶりです、緋紗奈です。

 

 

や…やばい、完全に放置していた。

今日まで殆どブログも確認していなかった。

今まではどんなに更新する余裕が無くても確認はしていたのに…

 

 

まぁ理由は仕事が変わったのと、こちら

 

 

 

 

 

180731_190838_ed.jpg

 

 

 

「転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~」にガチでハマっていたからです。

 

7月の上旬に本屋でチラッと見かけて、ドラゴンの話みたいだから買ってみようと結構軽い気持ちで購入

そして読んでみたらこれがめっちゃ面白かった。

続きが気になってWEB版の「~最強以外目指さねぇ~」のほうも読んでみたら、ここでガチでハマった。

個人的な感想言うと今まで読んだなろう小説の中で一番面白かった!

 

んで、慣れない仕事で疲れているハズなのに続きが気になるので時間が許す限り読んで、

気が付いたら1週間足らずでWEB版で連載している話全部読み終えたのである。

 

 

 

「蜘蛛ですが、なにか?」の時よりもマッハの速度で読み終えたw

 

 

書籍版のほうもぜひ購入して読んでみたくて捜したのですが………

 

 

 

180731_190852_ed.jpg

 

 

何故か4巻しかなかったのん…(´・ω・`)

 

ま、まぁWEB版は全制覇してあるからいきなり4巻読んでも問題なかろう!…多分

今は現時点で出ている7巻全て買う余裕が無いから次の機会だ。

 

 

 

…しかし知らない人がこの表紙だけ見ると手前の人が主人公っぽいw

実際一切話を知らないお母さんが表紙見て「こっちが味方?」って言ってたからね

 

手前のは外道勇者なんです

青白い肌のほうが主人公のイルシア…ってどっちも同じ名前だわwww

主人公が『人化の術』使っている状態ね

 

なんでこんなにハマったのかは読んでいてもよーく分かった自分のドラゴン好きが理由の一つですかね

私は竜、ドラゴンが昔から好きなんです。

イルシアさんは『人化の術』は持っているけど終始ドラゴンだから

 

なんとか書籍版のほうも全部揃えておきたいです

 

 

 


テーマ:

ちょっとずつですが進んでいます。

こんにちは、緋紗奈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、マジで初期に描いたオメガモン

 

 

 

180707_164020_ed.jpg

 

 

 

 

 

そしてこちらが今日描いたばかりのオメガモン

(ネタバレにはならない場面を撮りました)

 

 

 

 

 

 

 

 

180707_163730_ed.jpg

 

 

 

 

 

アルフォース「雲泥の差ってこのことを言うんだな」

 

スレイプモン「デュナスモンとかは初期の頃でも結構上手いのにね」

 

竜騎「作者曰く本当に好きなキャラが何故か上手く描けないらしいよ」

 

アルディ「あー…そういえば『バルバモンが何故か上手く描けるのが納得いかない!』って叫んでたな」

 

 

 

 

と、とにかくこれでやっとオメガモンをまともに描けるようになりました(^▽^;)

誰がどうみてもオメガモンですよね!?

 

しかし苦節5年(以上)これでオメガモン描きたいけど描きたくない病がなくなります。

もっと積極的にオメガモンを描こう!

 

 

 

それでは短いですがこの辺で(。・ω・)ノ゙

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス