おかんです。

そういえば栃木からの帰りに、珍しくムッとしました。
鹿沼から宇都宮へ出て東京まで新幹線に乗りました。お盆で座席がなくグリーン車で贅沢にご帰還(*≧∀≦*)

しかし自分の席にたどり着くと人がいる。

「すみません。」

と声をかけると、

「あっ!ごめんなさい。」

と年長さんか小学一年ぐらいの子供に早く早くと急かして斜め後ろの席に移動。


空いてたから子供と遊んでたのかなと荷物を棚に上げて、チケットの座席ナンバーを再確認‼️

間違ってないよな・・・。

その間、子供さんぐずりまくりえーん

「なんで〜〜‼️あの席がいい‼️」

「仕方ないでしょ。我慢しなさい。」


えっ⁉️
私が悪いんかい⁉️

仕方ないって何‼️
大人なら、ちゃんと子供に説明すべきでは?
てか最初から座席指定の車両なんだから空いてるからと違う席で遊んでいるのはおかしくないかい?

その間も子供さん通路に寝転んだり、おかんの席を見に来たり。
通路を走り回ったり。

グリーン車ではまず見かけないタイプ。

隣の席はご主人らしいけど、無言。
はなから子供の席はとってないみたいなんだけど、そんな事子供は分からないから説明して納得させるのが親なんじゃないだろうか?

結局、東京につくまで親子の仕方ないでしょの会話を何度も聞いて子供が可哀想になりました。

公共の乗り物での過ごし方を教える良い機会だと思うけど、あの子は知らずに育つんだろうなぁ〜〜(>人<;)


ちょっとだけ悲しくなったおかんでした!

写真は乗車した山形新幹線48号です。