こんにちは

渡邉ひとしです。

 

第326話のテーマは

『国内販売は頭打ち』です。

 

 (ブログは月曜・金曜の投稿です) 

――――――――――――――――――――

<ヤマザキナビスコ>の契約終了

――――――――――――――――――――

 

1948年に

千葉県市川市で<山崎製パン所>を

飯島藤十郎氏が開設しました。

 

1949年に

一般ユーザー向けの

和菓子と洋菓子の製造を開始しました。

 

1955年に

ナイロン包装のスライス食パンを

商品化しました。

 

1970年10月に

アメリカの<ナビスコ>や

<ニチメン>と合弁で

 

菓子製造販売会社である

<ヤマザキナビスコ>を設立しました。

 

2007年4月に

<不二家>を関連会社化して

 

2008年11月に

<不二家>を連結子会社化しました。

 

2016年2月に

<モンデリーズ・インターナショナル>の

ライセンス契約が終了しました。

 

2016年2月に

<ヤマザキナビスコ>を新社名である

<ヤマザキビスケット>に移行しました。

 

―――――――――――――――――――

山崎製パンのビジネスモデル

―――――――――――――――――――

 

2017年8月に

米国<モンデリーズ>との契約終了で

「リッツ」や「オレオ」を販売できず

 

上期の業績は苦戦しましたが

12月の対抗品投入を表明しました。

 

<山崎製パン>の飯島延浩社長は……

 

「アメフトのような肉弾戦で攻撃する」

と奮起を誓っています。

 

2017年9月に

子会社である<不二家>は

東京・銀座に保有する土地と建物を

 

11月末に売却して

「2017年12月期」に譲渡益を

特別利益に計上すると発表しました。

 

1~3階までは入居していますが

4階以上は空室のため

保有資産の有効活用を図ります。

 

同じく2017年9月に

<長野県>と協力して県産リンゴを使用した

限定商品2種を発売すると発表しました。

 

関東甲信越の食品スーパーや

コンビニエンスストアなどで販売します。

 

2017年10月に

「2017年12月期」の連結純利益が

前期比34%増の見込みと発表しました。

 

子会社である<不二家>による

保有地の売却益が寄与する見込みです。

 

2017年12月に

総菜パン「ランチパック」などで

新潟工場稼働50周年の記念商品を発売。

 

新潟県産のまいたけや

新潟県特産の洋梨「ル・レクチェ」の

ゼリーを具材に使いました。

 

新潟県内を中心に地域活性化に取り組む

女性モデルのグループ「リリー&マリーズ」

と連携して開発しました。

 

2017年12月に

「オレオ」の競合商品になる

「Noir(ノアール)」が発売されました。

 

1970年の提携から46年間手掛けてきた

「ナビスコ」ブランドの菓子の

製造販売を打ち切りましたが

 

パートナーだった<ナビスコ>が

<クラフト・フーズ>に統合されて

分社化で<モンデリーズ>となり

 

販売権返上を要求されたため

下請け業務に甘んじることをやめて

2016年夏の提携解消に至りました。

 

その後に競合商品の販売ができない

ロックアップ期間が過ぎたため

今回の競合商品を投入しました。

 

同じく2017年12月に

<テレビ埼玉>とのコラボ商品である

 

「テレ玉くんランチパックたまご&すき焼き風」

を発売しました。

 

テレビ埼玉のキャラクターである

「テレ玉くん」にちなみ

 

卵を使った味のアイデアを

番組で視聴者から募集しました。

 

99点の応募から選んで試作を繰り返し

3カ月程度で製作しました。

 

この企画は

2016年に「テレ玉くん」の誕生10周年

を記念して始めて今年で2回目になります。

 

2018年3月に

プロバスケットボールチームである

「新潟アルビレックスBB」の人気選手と

 

共同開発した総菜パン「ランチパック」の

商品を売り出しました。

 

<山崎製パン>は新潟アルビレックスBBの

オフィシャルスポンサーであるため

 

共同開発した商品を発売していて

今回は第2弾の商品になります。

 

同じく2018年3月に

共通ポイントサービスで

<楽天>と提携したと発表しました。

 

<山崎製パン>が展開している

「デイリーヤマザキ」などの

 

コンビニエンスストア全国1553店で

楽天スーパーポイントをためることや

使うことができるようになります。

 

2018年4月に

秩父地域の名物として知られる

味噌豚風味のランチパックを発売しました。

 

埼玉県秩父市など1市4町でつくる

秩父地域おもてなし観光公社が監修して

 

市内にある飲食店「ちんばた」の

豚味噌丼の味付けを参考にした味噌豚を

柔らかいパンではさんだランチパックです。

 

2018年10月に

「2018年12月期通期」の連結純利益が

前期比35%減の見込みと発表しました。

 

コンビニ向け米飯類や

調理パンは伸びましたが

猛暑の影響で菓子パンが苦戦しました。

 

原材料価格の上昇を受けて

一部商品を値上げしましたが

 

人件費や物流費の増加を補えず

採算が悪化しています。

 

2018年12月に

コメが主食の東南アジアで

パン食の増加が目立ち

 

東南アジアの年間市場規模が

6000億円に成長したことを受け

 

東南アジア事業本部長の田所隆三氏は

「パン消費は所得の向上に比例して

増える傾向がある」と述べています。

 

インドネシアで日本並みに

パンを食べるようになれば

 

人口が日本の2倍のため

潜在需要は10倍になります。

 

2019年1月に

<ファミリーマート>が製パン大手9社が

 

独自商品の販売金額を競った

「うまいパン決定戦」の結果を発表しました。

 

全国を5ブロックに分けて競いましたが

<山崎製パン>が3地域で首位でした。

 

<山崎製パン>は日本最大の

製パン会社ですが

 

日本国内における人口減少化に伴う

国内消費量の低下は食い止められません。

 

「海外での製造販売」へ舵を切り

新たなビジネスモデルを

構築することが求められています。

 

*次回のブログは1月28日月曜日です

===============================

新著『ビジネスモデル虎の巻!』1月発売

Amazonでご購入いただけます。

▼URL

https://www.amazon.co.jp/dp/4908181365/ref=cm_sw_r_cp_api_i_yZgqCbSS05M9M

===============================

ホームページ完成です!!

https://mirai.brand-keiei.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の事例で何を学べるでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

国内販売が大きい企業は……

日本国内における人口減少化に伴う

国内消費量の低下に対応するため

 

「海外での製造販売」へシフトしていく

海外市場戦略が求められる。

 

===============================

【ビジネスモデルの9項目】

◉理想のお客様 ◉協力者 ◉主要活動 

◉選ばれる理由 ◉収益  ◉チャネル

◉提供する価値 ◉コスト ◉経営資源

――――――――――――――――――――

中部大学 非常勤講師

愛知産業大学 非常勤講師

経営コンサルタント(永続型ブランド経営)

株式会社未来デザインカンパニー 代表取締役 

渡邉ひとし

――――――――――――――――――――

〔投稿内容〕

投稿文の数字及び企業名などは

日経新聞などの公開情報に基づいた

記述に徹しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~