中日→ヤクルト 遠藤政隆さん | プロ野球カードとサイン
新型コロナウイルスに関する情報について

プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。

 

ダブルヘッダーの連投!

 

中日ヤクルト 遠藤政隆 さんです。

 

遠藤さんは、投手分類としては「中継ぎ」の印象が強い選手。でも時には「先発」もする「便利屋さん」

 

実は遠藤さんは、今のところ、「日本最後のダブルヘッダーの試合で、連投をした投手」 なのです。

 

今年は、感染症であるコロナウイルスの影響で開幕が遅れているプロ野球。もし開幕できれば開催する可能性も高まってくるダブルヘッダー。

 

日本最後ダブルヘッダーを調べると、

 

パリーグでは、1998年10月9日の西武vsオリックス。

セリーグでは、1998年10月10日の横浜vs中日。

 

横浜ベイスターズが38年ぶりのリーグ優勝をした後の消化試合。

 

遠藤さんは、第一試合は中継ぎで2イニングを投げ28球。そして、第二試合では9回1死から抑えとして登板して、11球でその年のシーズン初セーブを記録。チーム順位も2位と確定させました。

 

遠藤さんは今のところ、1日2試合を投げた最後の投手に。

 

こんなところからも遠藤さんの「便利屋」加減が垣間見えます。

 

そんな遠藤さんは、日本大学明誠高校を卒業した後に、社会人野球熊谷組に入社。

 

1993年ドラフト4位で、中日ドラゴンズへ入団します。

 

1年目から1軍出場を果たすものの、定着とはいけず、2年目は、野球留学へ。

 

入団3年目の1996年4月初の完封勝利を成し遂げました。その年はその後、リリーフとして活躍し、49試合に登板しました。

 

このまま一軍定着し、リリーフエースになるかと思いきや、、、

 

1997年はリリーフを中心として40試合に登板するものの防御率は5点台。その後は、ケガで中々活躍できず、1999年の11年ぶりのセリーグを優勝した年は、1試合の登板に留まりました。

 

1999年から、背番号は「24」

 

これは、いとこである、大洋→横浜 遠藤一彦投手の背番号でもありました。尊敬しているからこそですね!

 

2002年に自己最多57試合の登板をするものの、その後は好調不調を繰り返し、2006年は初の一軍登板がなかった年に。

 

戦力外通告を受け、12球団トライアウトへ参加。2007年 東京ヤクルトスワローズと契約をしました。

 

開幕から一軍に定着し、中継ぎとして登板。38試合に登板し、2勝5敗2セーブ4ホールドを記録します。

 

しかし、2008年は一軍登板はなく、再び戦力外通告に。

 

2度目の12球団トライアウトにも参加。韓国プロ野球リーグの球団から誘いがあったものの、現役を引退しました。

 

調子の良いときの遠藤さんは、150kmに近いストレートと、鋭く曲がるスライダーを武器に三振を奪取する投手。

 

鋭く曲がるスライダーの名称は、「ゴリスラ」

 

・・・見た目? 鋭く落ちるから?