小日向るり子の徒然ブログ

小日向るり子の徒然ブログ

心理カウンセラー小日向るり子のブログです。
職業「カウンセラー」としての枠を少し外して、人間心理、人間観察、恋愛心理、日々のことなどをつづります。

カウンセリングスペース フィールマインド 代表

心理カウンセラー『小日向るり子』 


<経歴>

(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

JAA認定 アロマコーディネーター

任意団体「ハートストレングス」 副代表


新卒で入社した出版社に勤務しながら10年目。このまま一生を終わるのかと思ったら

「何か絶対違う!」と思い、かねてから興味があったアロマセラピーを勉強し、

アロマコーディネーター資格を取得。

その翌年、インフルエンザで出勤停止になっていた3日目。何気なく見つけた

「ボランティア電話相談員募集」の記事に吸い寄せられる。課題作文を徹夜で書き上げ応募。

研修期間を経て、一般社団法人の自殺予防電話相談員として4年間活動。

その過程で心理学を学問として学んでみたい欲求が高まり、

社会人16年目を前に会社を退社し産業カウンセラー資格を取得。

その後、行政機関でハラスメント相談員をしていたが、次第に自分の思うカウンセリングを

やりたいとこれまた熱く思うようになり、1年の準備期間を経て2012年に独立。


こんな経歴でカウンセラーになりましたが、このブログでは、肩書を外した、

素の 『自分』 をつづっています・・・


エキサイトお悩み相談室でも相談員をしています。


小日向 るり子


専門家プロファイル

書こう書こうと思っていて、もう旬は過ぎてしまった感がありますが、今回は「親ガチャ」について個人的に思うところを書いてみたいと思います。

まず私は、虐待、ネグレクト、あるいはそれに近い状態の親に対して「親ガチャ」という言葉は使うべきではないと思っています。
虐待やネグレクトはれっきとした犯罪ですからゲームに例えるのは不謹慎だと思うからです。

では何を持って親ガチャのアタリとハズレを言うのか。

いろいろな意見を読んでいると、虐待以外では親の経済力やそれに準ずる教育を与えてもらえなかった場合に「親ガチャにはずれた」と言っている人が多いように感じます。

しかし私は親ガチャのアタリハズレとはズバリ
親との相性
だと思います。

 

どんなに家が裕福でも資産家でもすごく熱心に教育を施してくれても、都会に住んでいても、親が惜しみない愛情を注いでいても、自分は親ガチャに外れたと思う子供はいる。

数ヶ月前に私が大好きなフジテレビ系「ザ・ノンフィクション」で放映された元校長先生のお父さんを看取る長男の話。

お父さんは校長まで勤めたくらいですから経済的に不自由はない家庭でしょうし、映っていた家も立派な一軒家でした。

でも長男は父親に対して憎しみにも近い感情を抱いていました。恐らく彼に聞けば、親ガチャはハズレということになるのだと思います。

また、現在巷を賑わせている皇族の女性と結婚しようとしている男性とその母親。
あの母親は親ガチャアタリでしょうか?ハズレでしょうか?
恐らく多くの方はハズレだと思うのではないでしょうか。
しかし彼はあの母親に対して「親ガチャハズレ」と思ってはいないのではないかと思います。
それは、4月に彼の母親の金銭問題への説明文として彼が公にした文章に表現されています。
彼は母親のしたことは借金ではないと母親をかばい、金銭問題の話し合いの際に自ら録音までしていました。
これは、お母さんを守りたいということですから、つまり母親と価値観など含めて相性が合うということなのだと思います。

親が死刑囚であっても親の無実を信じ、親を心身両面から支え続けている某事件の子供さんのような人もいます。

彼のインタビューなどを聞いていると、もちろん苦労も多いけれどそれが息子さんのアイデンティティ形成の大切な要素になっているようで、彼もまた「親ガチャハズレ」とは言わないような気がします。

私に限って言っても、私は父親の好きな山登りや釣りが自分も好きだったので、父と休日に動き回ることは楽しかったけれど、運動や野外活動が嫌いだった姉に言わせれば、父親ガチャはハズレだと言うと思う。

(現に中学生くらいから姉と父が会話をすることはほぼ皆無となり、そのわだかまりは父親が亡くなるまであった)
でも、どちらの認識が正しいとか言うのではなく、ただ私は一個人として父親という人間と趣味が合ったというそれだけなのだと思う。


この親ガチャ問題は、子供に対して虐待という名の犯罪をする親までをガチャに例えて論じようとするから「人生努力で変われる」という正論者の間に対立が生まれるのだと思います。

とにかく親という一個人と相性が合わなければ客観的に見てどうであろうと子供にとってはハズレ。

ガチャ、嫌いなキャラクターが出てきたらそのキャラを好きな友人と交換したりしたよね、あれはゲームのガチャではなくてガチャガチャだけど。

親は交換できないから難しい。

 

 

★お知らせ★

 

10月5日発売の「女性自身」内にて『"おかえりモネ"恋愛全バトル・菅波先生vsりょーちん』と題して主人公モネと菅波先生、りょーちんの恋愛心理を解説させていただきました。

 

マイナビウーマンにて恋愛・心理コラムを書かせていただいています。私の記事はこちらから。

小日向るり子・監修執筆記事一覧

 

Yahoo!ニュースにも配信される「オトナンサー」にも記事を執筆させていただいております。

オトナンサー・小日向るり子執筆記事一覧

 

★10月のお休み★

4日(月)、7日(木)、14日(木)、15日(金)、19日(火)、29日(金)

 

★過去に「教えて!goo」に回答した回答集★

教えて!goo小日向るり子回答一覧

 

●Facebook  小日向るり子(心理カウンセラー) 

 

●相談員として登録しているサイト

エキサイトお悩み相談室

恋愛ユニバーシティ

 

小日向るり子Twitter:@ruriyakko1107

ハートストレングスTwitter: @heartstrengthj

 

 専門家プロファイルのページはこちら

専門家プロファイル

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*