或る文筆家の備忘録
何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅 』(地湧社)
▲当ブログ管理人の著書です。ご一読いただけると嬉しいです。
Copyright 2010 或る文筆家c. All rights reserved.
オリジナル記事」の無断転載、二次使用は禁止です。
  • 01Dec
  • 20Nov
  • 18Nov
  • 11Nov
  • 05Nov
  • 29Oct
  • 28Oct
  • 22Oct
  • 20Oct
  • 26Sep
    • 鬼滅のペコちゃん。Demon slayer x Fuji-ya, drawings.#...

      この投稿をInstagramで見る 鬼滅のペコちゃん。Demon slayer x Fuji-ya, drawings. #鬼滅の刃 #鬼滅のペコちゃん #ペコちゃん #demonslayer #drawing #drawings #japancomic #manga #japananime #kimetsu_no_yaiba #FANART #不二家 #ミルキー #ぬりえ NIPPON kiteyo(@nippon_kiteyo)がシェアした投稿 - 2020年Sep月25日am9時20分PDT

  • 06Jun
    • note、再開。というかお引越しで新規スタート。

      開設したまま長いこと放置していたnoteのアカウント。最近ひょんなことから再開してみようかと思い立ったところ、あまり方針もないままの実験的投稿にリアクションをいただき…。これは、自身のウェブサイト、SNS、ブログ、noteと、ちゃんと整理しておかないと読んでくださる方にも失礼だなと反省し、再開アカウントを処分する方向で、新規noteを開設。一発目はちょっと古い一か月前の原稿ですが…「星空の下でディスタンス」っ!とにかく書き散らすのが苦手なんで、今後各プラットフォームをどう棲み分けようかしら…と思案中。(了)

  • 11May
    • HPのご案内:旅情奪回 |  文筆家 太田圭のコラム&エッセイの画像

      HPのご案内:旅情奪回 |  文筆家 太田圭のコラム&エッセイ

      これまで20年近く、あまりフォーマットにこだわらず、様々な場所で原稿を書いてきたが、案外ネット上で公開される原稿というのは書いてこなかったような気がする。自分の中には、ライフワークと呼べる太いテーマがあり、枝のような興味関心にこれを仮託するようなスタイルで原稿にしてきたが、その中で「旅」に特化した原稿を一箇所に集めておこうと思い立ち、この春先にアーカイブのような、HPのようなもの−「旅情奪回」−を立ち上げた。「旅情奪回」というタイトルは、今から10年ほど前に本を書いた時すでに頭にあった言葉で、何らかの形でこのコンセプトにコンテンツを与えたいと思ってきた(旅行記の企画にしようとしたこともある)。特に、「奪回」という言葉にこだわっているのは、記憶でも思い出でも故郷でも、自然に失ったものより無理矢理に奪われたものならば、どのような方法を使っても取り戻したいような、放っておくこと能わざる「何か」があるといつも考えてきたからだ。SEOだとか、ランキングなどというものよりも、デザインとセットで一つの作品、という思いが強く、ファイル自体にタグを埋め込むこともできないことはないが、当面は生のpdfデータという形で原稿ファイルをアップしている。あくまで不定期、どのくらいの頻度で、いつまで続けるか決めていないが、これも一つの作品集として残して行こうと今は考えている。***********************************旅情奪回 | 文筆家 太田圭のコラム&エッセイ今や、「旅情」そのもののリアリティが希薄化している―。文筆家/アートディレクター/産業カウンセラーの太田 圭が送る、旅、時間、場所、記憶…をめぐる読み物あれこれ。ご興味を持ってくださる皆さま、どうぞご一読ください。(了)

  • 30Oct
    • 風のヒューイは弱いのか?-統率力と機動力の非凡なる才能-

       風のヒューイがなぜ弱いのか。「拳王の強さを際出せるため」「相手が拳王だったから」というのが定説となっているが、やっぱり拳士としても、何より将としてそこそこは強かったんじゃないかという思いが拭い去れない。 その根拠が、なぜ彼が五車星の一翼を担えたかを考えることと同意だとすれば、やはり荒廃した世紀末において、圧倒的な機動力を誇っていたこと、これに尽きるのではないかと考える。 部隊で見た場合、機動力は、動力のほかに類まれな統率力を兼ね備えていなければ機能しない。 ヒューイが率いる「風の旅団」は、ヒューイによって完璧に統率され、おそらく拳王直属の部隊はもちろん、五車星の部隊の中でもだんとつに機動力に優れていたのではないだろうか。斥候であり、先鋒隊であり、部隊内外の連絡や諜報業務を担って仕損じなかったろう。 この部隊の機動力の源は、これまた完璧に仕上げられた大量のバイク軍団であった。あの荒れ果てたモノ不足の時代に、あれだけのバイクを集めて軍団を編成するあたり、バイクの入手やメンテナンス先、パーツの入手経路など、かなりの独自な情報網を持っていたはずだ。必要であれば、バイクの集まる場所をいちはやく見つけ出し、急襲をかけて簒奪しては部隊を強化していたのではないか。 統率力と機動力。風のヒューイは、でっかい拳が正義、な時代に生まれたことが不幸だったよな、なんてどうでもいいことをなぜまじめに考えていたかと言えば、たぶん風邪ひいたからだろう。(了)

  • 17Oct
    • 1.5と4.5。

      10年くらい前からだろうか、一定期間そうした研究者とお仕事をさせていただいた縁で、あるタイミングから「場の研究」ということをどこかでライフワークにしているのだけど、便利な尺度がほかにないのでサードプレイスを援用しながら、現在試験的にいろいろな企画などでテストしているのが「1.5プレイス」と「フォースプレイス」。前者はオリジナル、後者はすでに言われているけれど、ニュアンスとしてはもう少し掘り下げてみたいな、という感じ。私のは「4.5プレイス」というのが正確かな…。(了)

  • 07Oct
    • 渡辺おさむ: 虚飾 ―Vanity of vanities - 行ってきました。の画像

      渡辺おさむ: 虚飾 ―Vanity of vanities - 行ってきました。

       渡辺おさむさんの個展『虚飾-Vanity of vanities-』@ホワイトストーン・ギャラリー銀座新館、観にいってきました。 渡辺さんとのご縁は、仕事のインタビューに登場していただいたのをきっかけに、その後交流が続き、東京での初の個展をされた際にお仕事をご一緒させていただいた経緯があって、その後はさらに活動範囲を広げていく中、追いかけていくことができない手前、遠くから活動を応援させていただいてきた。 それほど昔でもないのに、世の中の変化は想像以上に加速し、いつの間にか、渡辺さんのスイートな作風と虚構なはずの世界観が、あたかも現実のような時代になったように感じる。だからこそ、渡辺さんのビターな部分が凝縮さてているであろう、今回の個展には是非とも足を運び、おそらく誰よりも、このあまねく世界が甘くフェイク化していくことに自ら立ち向かっている「現在」を目撃したいと考えたのだ。 銀座の雑踏を少し離れたところに、話題の洋菓子店がオープンした。そう勘違いされてもおかしくないウインドウディスプレイでは、完全に無表情なしゃれこうべが、なすすべもなく、大量の(偽)一万円札を下敷きに虚飾に塗れている。そうやって、舐めるように、下衆な目線で札束から煽って無表情なドクロまで視線を遣ると、なんだかドクロが空虚な、しかし嫌らしい笑みを浮かべているように見えたりもする。虚飾の世界=世界の虚飾へ、ようこそ。 といって、作品のすべてがテーマと連動しているわけでもなさそうだが、そもそも渡辺さんはフェイククリームアーティストなのだから、その魅力を追い始めたところからすでにして、虚飾にとり憑かれているのかもしれない。 人類は、虚栄心とともに進歩し、だから同時に破滅に向かっている。安直だが、それが「人間の性(さが)」なのだろう。虚栄心が人を高め、虚栄心が人を墜とす。 トロフィーの歴史は古いが、もちろん、狩猟の獲物の頭部なり全体のはく製を英語でトロフィーという。ただでさえ、愚かで地上最弱動物である人間の空威張りを象徴するこのトロフィーを、甘く可愛らしいお菓子やフルーツで飾り立てる。この露悪的で挑発的な毒に、渡辺さんの魅力がある。そしておそらくこれこそが、今回の個展のテーマそのものではないか。 自分へのご褒美なのか、誰かへの贈り物なのか。そこにも、虚栄心を反映せずにはいられない人間の弱さと滑稽さ。アノ、シンボルもロゴも。ブランドというのは、無論作り手のプライドと所有者の虚栄心が育てていくものかもしれない。 虚栄心がなぜいけないのか。果たして罪なのだろうか。本質的な部分で言えば、虚栄心そのものが悪なのではなく、虚飾虚栄もまた例外なく綻びを避けがたく、これを繕うのは至難であること。そして、多くは「嘘」を重ねていくことでしか維持できないこと、そこに虚飾虚栄のもろさ、むなしさ、そして罪があるのだ。 たとえば、美しいゼリーや今にもとろけそうなキャンディーやクリームを飾り立てるフルーツの細部をよく見てみると、繕いきれなくなった虚飾として、フルーツが劣化したり黴ていたりする。こうした若々しく瑞々しい果実だからこそ、なおのことその傷みが際立ってくる。永遠の若さや鮮度などないのだと気づかされ、哀しくなる。メメント・モリであり、甘く立体化された「死との舞踏」なのである。 だから、でもないが、ギャラリーを一回りしてみて最後に挨拶を告げることになる、甘い棺型のボードに括りつけられた人骨に、メキシコの「死者の日」を重ねずにいられないのだ。あの、過度な明るさが痛く物悲しい、死者たちの祭り…。そうか。虚栄心という桎梏から逃れられない私たちの虚飾に満ちた日常とはあの、賑やかでカラフルな、しかし死者の祭り、“Día de Muertos”なのだ。(了)開催:ホワイトストーンギャラリー銀座新館アクセス:〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-16 東京メトロ「銀座」駅C2出口より徒歩2分開催期間:2019年10月4日(金)~10月27日(日)       11:00~19:00(月曜休館)

  • 20Jul
    • Musashino Forest Sport Plaza. Waiting for 202...

      この投稿をInstagramで見る Musashino Forest Sport Plaza. Waiting for 2020. #tokyoolympics2020 #tokyoolympics #2020 #武蔵野の森総合スポーツプラザ #東京オリンピック2020 #musashinoforestsportplaza #オリンピック会場 #オリンピックがんばれ #味の素スタジアム #ajinomotostadium NIPPON kiteyoさん(@nippon_kiteyo)がシェアした投稿 - 2019年Jul月20日am7時39分PDT

    • Coloring by pencil for kids. Just for fun:D P...

      この投稿をInstagramで見る Coloring by pencil for kids. Just for fun:D Power Rangers & Masked Rider. #coloring #pencildrawing #coloringpencils #justforfun #maskedrider #maskedriderjiou #powerrangers #kiddy #sundayfun #仮面ライダージオウ #リュウソウジャー Kayeさん(@1235_and_ko)がシェアした投稿 - 2019年Jul月20日am7時32分PDT

  • 26Jun
    • My new collection. Lovely.BREEZE/ Mai Yamamo...

      この投稿をInstagramで見る My new collection. Lovely. BREEZE/ Mai Yamamoto(Glass Artist) #mycollection #object #artwork #glassart #glassartwork #gemoftheday #masterpiece #japanart #japanglass #maiyamamoto Kayeさん(@1235_and_ko)がシェアした投稿 - 2019年Jun月26日am2時57分PDT

  • 12Jun
    • Toyosu fish market. A tuna filleting. Still l...

      この投稿をInstagramで見る Toyosu fish market. A tuna filleting. Still life or not. #nipponkiteyo #tokyotrip #traveltokyo #toyosumarket #toyosufishmarket #fishmarket #tsukijifishmarket #tuna #tunafilleting #豊洲市場 #マグロ解体 NIPPON kiteyoさん(@nippon_kiteyo)がシェアした投稿 - 2019年Jun月11日am9時52分PDT

    • Rainy season has come...the tracks of tears.....

      この投稿をInstagramで見る Rainy season has come...the tracks of tears...tears of joy. #nipponkiteyo #japanscenery #rainyseason #rainyday #tracksoftears #teardrop #tearsofjoy #seasonsgift #percaso #梅雨入り #梅雨カフェ #chiyodaku #千代田区カフェ #jinboucho #神保町カフェ NIPPON kiteyoさん(@nippon_kiteyo)がシェアした投稿 - 2019年Jun月11日am9時46分PDT