心に染みる

テーマ:

昨日からお彼岸が始まり、今週末は秋分の日。

 

昼間と夜の長さが同じになる。

 

あの世(彼岸)とこの世(此岸)が最も通じやすくなる日。

 

そんなお彼岸の頃に1週間だけ咲く花が彼岸花。

 

またの名を曼珠沙華、死人花、地獄花、捨て子花、幽霊花など。

 

何だかとても不吉な名前。

 

この花は全草(花・葉・茎・根)有毒。

 

もし食べてしまったら…、二度と目を開けることがないかもしれません。

 

そしてその毒があるからこそ動物が近づかず、

 

土葬の時代には好んで墓標として植えたとか。

 

そんなこともあるからでしょうか、不吉な別名があるのは。

 

でも、その成長過程は興味深い。

 

まずは花が咲き、茎がのび、花が散って茎も絶える。

 

すると球根から葉が生えてくる。

 

この逆行した成長が不吉とされたのかもしれません。

 

また、あの毒々しいまでの赤さと佇まいが

 

かつての日本人には好まれなかったためかもしれません。

 

でも私は大好きです。

 

燃えるような赤にすっと伸びた緑色の茎。

 

そして何よりそのシルエットがたまらない。

 

なぜか。

 

 

興味津々の時の猫のヒゲに見えませんか?

 

 

チョークアートの記念日ボードやインテリアボードなど各種制作販売承ります。

 

  お問い合わせはqueueduchaton@gmail.com
  作品紹介(Instagram)はこちら

 

AD