ウルトラマンで特別支援教育

テーマ:

すごく久しぶりにアップします。

ウルトラマンで特別支援教育をというお話です。


クリスマスのエリー」『ウルトラマンマックス』第26


 先ずはストーリーから。押さえておきたいのが今回の主人公エリーはアンドロイドであること。

 街はクリスマス。人々が浮かれているなか、理解できない顔のエリー。この日の人間の感情を説明しようとする隊員コバであったが、エリーの思考にはいまひとつうまく伝わらない。なぜ人間はクリスマスというだけでそんなに嬉しい気持ちになるのだろうと首を傾げるばかりである。 

 そこへ現れた古理博士。ひょんなことから博士についていく。博士は、12年に一度現れるという神話の幻獣ユニジン捕獲計画中。幻の怪獣なので、この怪獣の話をする博士を世間はペテン師と見ています。

 博士についていくことで、エリーと博士の不思議な時間が始まります。犯罪防止プログラムの働くエリーは博士が人のものを盗もうとするとやめさせるなど、コメディアン犬塚弘扮する古理博士の演技が光り、この場面が実にうまいのです。エリーに叱られる場面が多い博士は、その都度エリーに

「ロボットの娘さん、今の気持ちは?」と自分の感情を確認させる。エリーは過去のデータと照らし合わせてふさわしい感情を答えていく。時には「その感情が困ったことになるんだよ。」というようなことを博士はインプットして行く。

 やがてユニジンが現れ、捕獲に成功するが博士は逃がしてやります。立ち去った後にはイイギリの赤い実が残されていた。これは博士の少年時代、クリスマスツリーに赤い実を飾ろうと探しに出た時に初めてユニジンに出会ったのです。ユニジンはそのことをおぼえていて、今回イイギリの実を持て来ていたのです。ユニジンが置いて行ったイイギリを見てじんわりとした喜びが古理博士に湧きおこります。そして、エリーに最後の問いかけをします。「ロボットのお嬢さん、今の気持ちは?」

「ウ・レ・シ・イ? 博士が嬉しいから、私もウレシイ」と自分以外の存在の感情を始めてエリーが理解をするのです。クリスマスは誰かに喜びを、だから人々は嬉しい気持ちになるのだと気づく。

かなり、乱暴な粗筋なので、このお話の良さがどこまで伝わったか分かりませんが、相手の感情が理解できない者に対して、感情を理解させるためには、

「相手の気持ちになってみろ。」と叱る教師が、いかに馬鹿な叱り方をしているのか分かっていただけますか。「相手の気持ちを理解できない」というのがアスペ達の障害なのですから、「空を飛んでみろ」と言っているようなものなのです。アスペの子ども達は相手の気持ちを理解するのは困難ですが、当然自分の気持ちは表します。従って、その気持ちを整理してやることが大切なのです。自分の気持ちなら振り返れますから。その都度振り返り、感情の情報をデータベース化することで、相手の気持ちを推し量るようになる。古理博士が嬉しいと理解し、自分も嬉しくなったというかなり高度な感情の動きをエリーは情報処理できるようになりました。

 実際、私が中学校に勤務していた時に接していたアスペの生徒に対してこの指導をしたことがあります。丁寧に1年間続けました。結局卒業の時期にも成果は出ませんでした。しかし卒業後、この取り組みの成果を確認できる場面があったのです。自分の成長を確認し涙する母に、「そうだ、泣くのは悲しい時だけではない。」と思い出し、喜んでくれていることを彼は理解したのです。

 この脚本を書いた太田愛さんはすごい。大田愛さんはウルトラマンマックスを足がかりに『相棒』のライターになられました。ウルトラシリーズで、彼女のシナリオはどれをとっても珠玉です。また、ウルトラに戻ってきていただきたいライターです。

AD

ダーク・ゾーン2

テーマ:

 今回はリメイクではありません。『ダーク・ゾーン』を思い出いだしてしまった事件があったので、書いてみました。私の戯言を読んでいただくより、何年か前、滋賀、県民の集いで講演された高遠菜穂子さんの講演内容を思い出してください。ちょっと彼女のフェイスブックから引用します。

 イラク戦争をずっと見てきましたが、今は特にアメリカの若い米兵たちの姿から考えることがたくさんあるように思います。

イラクでヒャッホー!と言いながら無差別殺戮をしたり、拷問や虐待をしたり、笑顔でピースサインしながら遺体と記念写真を撮る米兵たちは、最初からモンスターだったんでしょうか。

おぞましい、信じられない、残酷、狂気…そう思いました。でも、その後にこんな風にも思いました。きっと米兵たちも、アメリカではいい息子だったり、やさしいお父さんだったりするんだろうな。もし私が若い時に軍隊に入っていたら、自分が絶対にこうならないという保証はないなと…。

軍隊という装置の中で、反射的に攻撃できるよう訓練され、軍の規律に従うよう教育され、戦地の究極の緊張状態の中で「敵を殲滅(せんめつ)せよ」という命令を受けたら、全力をつくしてしまうかもしれないと考えたのです…。軍の中で自分がいじめられていたなら、捕虜たちにもっと酷いことをするかもしれない  と…。

この文章は20137月に書かれたものです。高遠さんが滋賀県米原市で講演された頃(2010年頃)は、米兵が裸にしたご遺体を積み上げ、笑顔でピースサインをする米兵達の写真が報道されました。高遠さんのお話の中でもこのことが話題になっていました。私も「おぞましい、信じられない、残酷、狂気…」と思っていました。いえ、私は今でもそう思っています。高遠さんの現在の思いにはまだ至っていません。

イラク戦争の時にアメリカ兵がしたこととして報道された内容はおそらくごく一部で、現地でつぶさに見ていたイスラム教徒の目にはどう映っていたでしょうか。家族や友人が理不尽に殺され(多くの市民も殺されています)、強姦され、そのご遺体も、手足がもぎ取られたり、首が転がったり。そして笑顔で写真を撮る兵士たち。イスラムの人たちから見ると、キリスト教徒たちによって民族が分断され、国が分断され、そして同胞を殺害され、人間的尊厳を殺された後も奪われているというふうに映っているはずです。また、最近では、殺害したイスラムの人たちのご遺体に小便をかける映像が流され、宗教、民族関係なしに批判されたこともありました。

もちろんテロは卑劣でどのような理由があろうとも許されるものではありません。ただ自分達の正義が譲り合えないためにこんな状態となっていると考えられます。地球の正義、ペガッサシティの正義、ペガッサの人々は地球人に滅ぼされてしまいました。挙句最後の一人はウルトラセブンによって・・・。

こんなことを続けたら地球は持続できないことを両者が気づくべきで、ESDを打ち上げた日本がその役割を担うべきなのですが・・・。

AD

ダークゾーン

テーマ:

『ウルトラセブン』第6話 若槻文三脚本、満田かずほ演出

 当時結構話題となった作品です。ウィキペディアから少し引用します。

「宇宙有数の高度な科学技術を有しているが、故郷のペガッサ星は惑星の風化作用により荒廃したため、ペガッサ星人たちは故郷を見限り宇宙空間に巨大な都市ペガッサシティを作り上げた。都市は地球の8万倍もの密度を持つ物質で構成されており、自らの動力で運行すると共に空気や水も含めてあらゆる物が工場で人工的に作られている。」

 という星のようなものが地球とぶつかりそうになるというお話です。あらすじもついでに引用します。

 「動力系統が故障したペガッサシティと地球 との衝突を防ぐため、地球の軌道を一時変更するように要求する。要求が受け入れられない場合に地球を破壊する任務を帯びた一個体が秘かに地球に来ていたが事故で負傷、「ダーク・ゾーン」と呼ばれる小型の暗黒空間をまといアンヌの部屋にひそむ。当初は正体を明かそうとせず、影の状態で宇宙都市ペガッサの素晴らしさを語り、ダンやアンヌと仲良く談笑するまでになるが、地球の軌道変更ができないことを知ると、正体を現して事前に用意していた爆弾で地球を爆破しようとし、その際、アンヌにダンと共に地球から逃げるよう告げるが、駆けつけたダンにペガッサシティが地球防衛軍によって破壊されたことを知らされ復讐を誓う。しかし変身したウルトラセブンと戦い、ペガッサガンを放つがかわされ、アイスラッガーを額に受けると、いずこともなく闇の中に走り去って行く。残された爆弾はセブンによって運び去られ爆破される。星人のその後の消息は不明。

ウィキペディアって結構分かりやすくまとめていると思うけど、このお話については、なんのこっちゃですね。要するに、地球ともう一つの星がぶつかりそうになり、どちらにも回避できる能力がない。どちらにも知的な生命体(人間や人間みたいなもの)が住んでいて、お互いなんとかしてくれよという状態なのです。このままじっとしていたらぶつかってどちらも破壊されてしまいそう。かといって両方生かす方法は見つからない。となると、どちらかを破壊しなければならない。でペガッサシティは地球を破壊するために「影」を送り込むのですが、一足先に地球側がペガッサシティを破壊してしまった。という話なのです。

 考えてみたらどちらも勝手な話。でも、気持ちは分かりますよね。じっとしていたらぶつかって場合によってはどちらも壊滅するか、ひょっとしたら地球の方が密度の小さい分、地球だけが木端微塵ということが考えられるわけで、地球を防衛する立場の役職についていたら、私もきっとそうしていたと思います。

ただ、ペガッサシティからやってきた宇宙人は地球を破壊するにあたり、仲良くなったアンヌとダンは救おうとしているところに注目をしてください。

AD