8・9月前半カリキュラム見本はこちら

 

1day レッスン(リース、プリザ)のご案内はこちらから

 

ワイルドフラワーのリースレッスン

 

お供えプリザレッスンのご案内

 

ホームページはこちらから

 

日本文化体験されたい海外からの観光客の方へ



あっという間の1週間が過ぎようとしています。

ずっと楽しみにしていた夏休みだったのに

始まると一瞬で毎日が過ぎ去ってしまいます。


3度目のホイアンだったので、

今回はスピードボートと呼ばれる、恐ろしく早く

危険な船に乗って海の向こうに見えるチャム島に

行ってきました。このスピードボートは、

海ってコンクリートと同じだということが体感。

今までに乗ったどんなジェットスターよりも

身の危険を感じ。船が壊れるなと何度も思い、

実際に途中激しさのあまりに、座席が壊れ、

シートが飛び散り、足元にあった消火器をしまう

扉の鍵が飛び、足で押さえてないと中身が飛んでくる危険さえ。

完全にこの船のキャパを越えてるように感じながらも、

毎日運航しているみたいなので、それが普通なのかも。




チャム島にたどり着いたときは精神的に

かなりダメージ食らっていたので

静かに島を回ってきました。

さすがに島だけあって、海産物が豊富。




島の内陸部にはハーブティを干していました。

このチャム島のハーブティはちょっと甘茶のようで

ほんのり甘味が感じられました。




お寺にはかんかん照りの真っ昼間の中に

蓮の花が咲いていました。

蓮の花は仏教で極楽浄土に咲く花といわれていて

お釈迦様は蓮の台座にのられています。

蓮の花は、きれいな水の中では綺麗な花がさかず、

濃い泥であるほど綺麗な花がさきます。

そして、1つの茎に1つの花しか咲きません。

人間も一人一人ひとつの人生って事のようです。




そして、花と同時に中に実が出来ています。

この真ん中の黄色いのが実です。




そして1つの実の中にはたくさんの種があって、

1つの花は散るけれど実(子孫)を残すということです。

これが人間の一生涯と同じで仏教では蓮を使っているのでしょう。

まあ堅苦しいこと考えなくても、

蓮の花は綺麗だし、実も可愛いし、美味しいし

ドライになった実も可愛いし、根っこのレンコンも美味しいし。

蓮は良いこと尽くしですねぇ。




ゴミ箱さがしていたら、このイルカがそうだということに気がつき。

そういえば、さっきからあちこちにイルカがいたわ。

これだったら、その辺にゴミをポイってこともなくて、

イルカの口に入れたくなりますよね。

いいアイディアだこと。


奥に見える黄色い建物は、島内唯一の小学校。

中学生からは、スピードボートではなくて、

普通の船にのって本土まで片道3時間かけて通うようです。

日本も同じで島の子ども達は勉強するのは大変です。



あと今回はホイアンで小さな竹の船に乗って

マングローブの林に。




船頭のおばあちゃんに教えてもらって、




蟹釣りを楽しみました。

小さな蟹だこと。 これは食べちゃわないで

すぐに逃がしてあげましたよ。