クイーンダンス教室のブログ

クイーンダンス教室のブログ

愛媛県松山市にある社交ダンス教室「クイーンダンス教室」のブログです。教室のイベント、四国ダンス競技愛媛大会、愛媛ダンスフェスティバル等について書いています。

松山市にある社交ダンス教室『クィーンダンス教室』の公式ページをご覧いただきありがとうございます。
クィーンダンス教室は1981年(昭和61年)開校の松山でも歴史のある教室です。
私どもは「ジュニア」から[シニア」まで、地域一番・初心者に優しい教室づくりを目指しています。

「自分は踊りにむいていない・・・」 「今まで全く踊りをした事がない・・・」
「興味はあるが自信が無い・・・」

など、社交ダンスどころかダンス自体が初めてという初心者の方でも、安心して社交ダンスを楽しんでもらえるよう、クィーンダンス教室では、ダンスの楽しさをご指導させて頂いております。
マイペースに趣味として踊りたい方、本格的にやりたい方、幅広い世代に人気のある社交ダンスを楽しく踊れるようになってみませんか?

無料体験も行っておりますので、是非お気軽にお越し下さいませ。
お問い合わせお待ちしております。
℡ 089-931-6110 queendance.ehime@gmail.com

テーマ:

9月17日(日)は神戸で行われた 第5回ダイヤモンドスターズダンス競技大会にお邪魔しました。

 

兵庫で行われる大会といえばかつては「神戸スターボールダンス競技大会」の名で開催され、2016年には77回(年二回開催)されていたとても歴史のある大会です。

兵庫県BDF名誉相談役の「鳥居弘忠先生」のご挨拶にもこの点は触れられご祝辞を述べられておりました。

私も20数年前の現役時代には踊った経験のある大会で感慨もひとしおでした。

2年余り前より「兵庫ダイヤモンドスターズダンス競技大会」と名を改め、「橋本 剛 BDF会長」のもと、年二回の開催で今回が5回目となりました。まことにおめでとうございます。

 

長時間にわたり運営された役員の皆様、そしてジャッジスタッフの先生方に中心より敬意を申し上げます。

 

さて、香川県BDF会長のようには一眼レフを駆使できないため写真はありません(涙)、おってアップされる香川(パレスダンス教室)のブログを楽しみにお待ちください。

 

さて、白熱のアマチュアラテンA級戦ではニュースター誕生の予感を熱く感じる「山本 健太 石垣 真衣 組」が優勝、若さあふれるオナーダンスで会場は大いにヒートアップしました。

 

お楽しみのプロフェッショナルスタンダードA級戦!!まさにボールルームの芸術性とスポーツ性が遺憾なく発揮された白熱の戦いを制したのは「清水 太地  清水 早紀 組」 年頭の「スクリブナー杯 3位」の実力を発揮、観客を魅了しました。

 

成績は西部日本BDFのページをご覧ください。

http://jbdf-west.jp/compe/data/20180916/result/main.php

 

 

 

 

さて、うちの子たちは 先の尾道大会でアマ・スタンダードはW T 1位と10月からのC級昇級を決めましたが、ラテンはポイント規定で5ポイント足らず、5ポイントを奪取の試合でした。

幸いなことにスタンダードは引き続き W T と1位をいただき、望外の喜びでした。

 

ここでWの決勝でハプニング! クイックオープンからホバーでトラぶりパートナーが見事に転倒、彼女の頭の中には、転んだら最下位の情報がなぜかインプットとされており瞬く間に泣き顔に!タンゴの前にはリーダーが肩をだいて慰めタンゴを何とか踊りきりました。

表彰式での1位のコールにまたまた号泣! まあ皆様には感激して泣いていると思われたことでしょう(笑い)

 

いつもは厳しいリーダーもこのときばかりは紳士になりよい経験になったことでしょう。

 

さて、問題のラテンは、高校生カップル、学連出身者も参戦の中、C 3位、S 2位、 R 2位 となりました。

やはり中央の競技はレベルが高いと本人達もさらにファイトを燃やしたようです。よい薬になりました。

 

 

 

 

 

4月に池田五月山体育館に行ったときは全工程を車で行き、翌週は大変疲れが残りましたが、今回は往路を愛媛県東予港より出発の「オレンジフェリー」にしましたのでとても楽でした。

オレンジフェリーはとてもきれいで振動も少なく同行の選手もゆっくりと眠れたようです。

 

外観はこんな感じ

 

 

室内はこんな感じです。

今回は奮発して4人部屋にしました。

 

 

大阪、神戸方面の遠征はこれに限ると思ったしだいです。

 


テーマ:

8月26日開催の尾道大会、選手の熱い戦いのもと盛会に幕を閉じました。

 

猛暑の中整った会場設営、運営の手腕はさすが広島県BDFだと感服いたしました。

 

激戦のプロフェッショナルB級選

まずラテンアメリカンを制したのは徳島県の

「堂谷 祐介・  堂谷 悦子 組」

パートナーは決勝戦へはドレスチェンジをして踊られ、躍動感あふれるおどりでみごと優勝!

オナーダンスはサンバのご披露でした。

 

また愛媛から参戦の

「山先 充芳 ・武田 佳子 組」も決勝に進出、6位入賞をとげられ愛媛県人として誇らしい限りでした。

 

変わってスタンダードを制したのは

林 秀明 ・岡田 有代 組

決勝戦への同点決勝を勝ち抜き、気迫の踊りで見事優勝されました。

 

オナーダンスへのコールに喜びが爆発したリーダー、うるっとしたパートナーが印象的でこちらも素晴らしいオナーダンスをご披露してくださり、拍手喝采でした。

 

転じて、アマチュアの部では愛媛・俊野ダンススタジオ所属の「久米 達朗・ 武田 るり子 組」が スタンダードEF混合戦にてみごと W T F と一位の完全制覇!!みごとD級への即日昇級を決めれました。

まとこにおめでとうございます。

 

また当教室から出場の「赤堀恵佑・めぐみ 組」はスタンダード・ラテンともD級にて W T C Rと一位をいただき望外の結果に驚きと喜びの日となりました。

 

ころれより季節は秋へと向かい競技も後半戦へと向かいます。

 

各競技会のご盛会をご祈念申し上げます。と供に 選手各位がそれぞれに良い結果がでますよう、ご祈念申し上げます。

 

 

 

 


テーマ:

今日 8月26日は広島県尾道市にて、第52回全西日本競技ダンス尾道大会が行われました。

大会会長の桜本和夫先生の元広島県ボールルームダンス連盟役員各位のご尽力により盛会に閉会されました。

 

長時間の審査に当たられたジャッジメンバーの先生方、また大会運営に携われた先生方お疲れ様でした。

 

 

 

 

当教室から出場の 赤堀恵佑 めぐみ組はアマチュアスタンダードD級、ラテンアメリカンD級に出場しました。

幸いにもW T   R Cとも優勝させていただきました。

望外の結果に嬉しさと驚きでした。

 

まだまだな二人ですが今後の精進を誓い帰宅致しました。

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス