クオリアホーム

クオリアホーム

八王子市にありますクオリアホームの代表をしています関谷です。
「収益物件」としての不動産投資をご検討の方への、不安解消のための基本の知識から、知っておきたいさまざまな情報をお届けしています。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

 

どうもみなさん、こんにちは。

【 株式会社クオリアホーム 】 代表関谷です。

 

 

10月も折り返し。体調などは崩されていないでしょうか。

私自身、普段からゴルフとスイミングを趣味として続けているおかげで、ここ5年は風邪と無縁の生活をしています。ありがたいことですね。これからも無理はせず、体調第一にいきたいと思います。

 

ゴルフと出たので少しだけ。

普段は八王子はもちろんですが、最近は山梨のあたりまでゴルフで出かけることが増えました。

すっきりした空の下だと、気分がよく、すかっとした晴れやかな気持ちになりますよね。

ここ数年はスコアにも少しこだわりを持ち始め、こちらもまたより上を目指して頑張っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

では本題。

 

不動産は物件を購入しなければ始まりません。これから始めようと考えている人は不動産ならではの投資リスクも存在しますので、事前に想定、準備をして問題が起こったときには慌てず対処できるようにする必要があります。最初の不動産投資対象として人気のある中古マンションについて想定されるリスクを考えてみます。

 

 

 

 

 

中古マンションは建物全体の過去を知ろう

 

 

新築と中古マンション、どちらがよいとは一概にはいえませんが、中古マンションを購入するメリットとしては、既にある一定の期間存在しており、管理状態もチェックすることができることです。また、資金面でも小さな物件であれば金額を少なく抑えることができますので、初めて投資する人には心理的には安心かもしれません。さらに既に賃借人がいる場合には物件購入直後から家賃収入を得ることができます。

希望に近い物件が見つかったら共用部分を確認し、かつ、管理組合が現在までどのように機能しているのかを必ず確認しましょう。マンションの修繕履歴があるはずですので、目を通しましょう。マンションは管理を買えといいますが、どれだけ管理が行き届いているかで建物全体の寿命に影響を与えますし、今までの修繕履歴と今後の修繕予定がしっかりしているかは購入を検討するときには非常に重要なポイントとなります。

 

 

 

 

 

新耐震基準に沿っていないのは一つのリスク

 

 

中古マンションで想定されるリスクの一つとして、築年数が古いために建物や配管などのメンテナンスの不備があった際には、予想しなかった修繕金額がかかってしまうかもしれないことです。マンションは建築されたある年を境に旧耐震基準、新耐震基準という構造の違いがあります。1981年以降に建築されたマンションは新耐震基準であり、震度6、7の地震が発生しても建物が倒壊しないように国の検査基準が厳しくなっています。

それでも、マンションが建つ地域の地盤の状態などにより一概に旧耐震基準だから地震で建物が倒壊するということではありませんし、新耐震基準だから倒壊しないということではありませんが、旧耐震基準の物件は地震などの災害に対するリスクが高めであることを認識しておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

投資にリスクはつきもの!重要なのは回避策

 

 

不動産投資は他の投資と同じで、利益を得る反面、リスクも存在します。どのように考えられるリスクに対して最小限の損害で収めるのかというシミュレーションは常にしておくべきでしょう。

中古マンションであれば、旧耐震基準の物件は地震保険の補償を厚くする、家賃下落や家賃滞納に備えて管理会社との連携をしっかりする、信頼できるリフォーム会社を見つけておき、退去時にすぐに対処してもらえたり、入居者からの緊急連絡などで問題が起こったらすぐ修繕対応可能な状態にしておく、空室期間が長くなると収入が途絶えてしまいますから不動産仲介業者との連携を密にしておく、など、重要なのは問題が起こってから慌てるのではなく事前対策をすることです。

 

 

 

【 投資物件探すなら クオリアホーム 】

 

HPもよろしくお願いします。


テーマ:

 

【 株式会社クオリアホーム 】 代表の関谷です。

 

HPのリンクを貼っていますが、弊社のHPでは売買物件を日々更新しております。

特に東京都下に力を入れていますが、HPには載せきれていない全国の物件にも対応しております。

また、会員様限定の非公開物件は超高利回り物件や、ほかには出していない目玉物件等を掲載しております。本気で探している方は見逃し厳禁かと思いますので、どうぞお越しくださいませ。

 

 

 

珍しく長々と前置きを書いてしまいましたが、それでは本日も投資についての知識を深めましょう。

 

 

不動産投資を行う場合には、不動産投資の手順をしっかりと把握しておくことが重要となっています。このような不動産投資の手順を理解しておけば、投資効果を高め、契約内容をしっかりと把握できるようになるので、安心して不動産投資を行えるようになります。

 

 

 

 

 

何よりも不動産市場の今と将来を知ることから!

 

不動産投資を行う際には、最初に不動産市場の状況について把握しておくことが重要とされています。このような不動産市場を把握するためには、現在の不動産市場の状況と、将来の不動産市場の予測が必要となります。

現在の不動産市場の状況を判断する場合には、物件の値上がり状況などの相場の確認を行います。相場の確認を行って状況を判断しておけば、物件の売り時や買い時を適切に判断できるようになるため、非常に重要となっています。

これ加えて、不動産投資では、将来の不動産市場の予測も重要です。将来の不動産市場の予測は、より好条件で物件の売買を行うために活用できます。そのため、市場予測などを情報サイトや不動産業者などから得ておく方法で対処していきます。

このように、不動産市場の今と将来を知ることは、適切な不動産投資のために高い効果を発揮します。

 

 

 

 

 

不動産業者の選定ポイントはココ!

 

 

不動産投資のための不動産業者を選定する場合のポイントとしては、投資物件の取り扱い数や仲介手数料の価格、不動産管理業務を行っているかどうかなどを挙げることができます。

投資物件の取り扱い数は、投資家の選択肢の幅にかかわってくるため、非常に重要なポイントとなります。なお、取り扱い数が多いことは、不動産業者の規模や実力にも関係するので、選定の目安として高い効果を発揮します。

また、仲介手数料の価格は、お得に利用できる不動産業者かどうかを判断するために活用していけます。さらに、不動産管理業務を行っているかどうかというポイントは、購入後の投資物件を適切に管理していくために重要となっています。

このようなポイントを踏まえて不動産業者を選定すれば、適切な形で不動産投資を行えます。

 

 

 

 

 

契約をする際は書類と物件を隅々まで確認を!

 

 

投資物件の購入や売却の際には、契約内容を把握するために書類の確認が重要となっています。書類に記載されている契約内容には、瑕疵担保責任に関する取り扱いなどの重要な事項が含まれています。そのため、しっかりと確認を行って、契約内容を把握しておく必要があります。

また、物件の購入時には、購入予定の物件の確認が必須となります。投資物件の中には、思わぬ瑕疵がある物件も存在しています。そのような瑕疵がある場合には、購入後に別途に交渉や訴訟などが発生してしまいます。このような事態を避けるためにも、物件の購入時には、細心の注意を払って、購入予定の物件の確認を行っていきます。

このように、契約をする際には、書類と物件を隅々まで確認することが重要です。

 

 

 

【 不動産投資ならクオリアホーム 】


テーマ:

 

( 株式会社クオリアホーム ) 代表の関谷です。

 

あっという間に10月になってしまい、日々の忙しさに感謝をしつつ

今年も年末に向けて最後まで突き進もうと気持ちを入れ替える今日このごろです。

 

 

 

さて本日は物件選びのポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

不動産にまつわる話題がクローズアップされてきているのは、それだけ多くの人の興味関心が寄せられていることを物語っているといえるでしょう。収益物件をみつけるには、おさえておかなければいけない点があります。

 

 

 

 

 

不動産市場を見定めて投資をするエリアを絞ろう!

 

 

不動産投資の決め手になるのが物件選びです。駅から近いなどということだけで、物件選びをした挙句に大失敗してしまったというケースは多くあります。大切なことは、今だけが良ければいいという着眼点だけではなく、将来を見据えた視点を持つことです。

将来性のあるエリアを見極めるのは容易なことではありません。信頼できるパートナーをみつけるなどして、ありとあらゆる手段を駆使していくことが必要になります。ネットでの検索はもとより、時には現地周辺に足を運ぶなどの努力も必要といえるでしょう。情報収集のアンテナを高く張り巡らせておくと同時に自分自身の足を使った活動も重要になるのです。紙面やネット上の情報を鵜呑みにすることも危険ですので注意しましょう。

 

 

 

 

 

無謀な投資はしない!予算を決める重要性

 

 

投資をする際には、自分自身の身の丈に合った予算決めをすることも重要です。よほどの資産家や高額所得者以外の人の場合は、不動産取得時には、銀行など金融機関からの借入金が必要になりますので、完済に至るまでの道筋をしっかりと立てたうえでの投資が必要になります。

預貯金などが豊富にある場合には、先々のことも考え、頭金を多く入れることが有用といえるでしょう。あくまでも、借入金は少ない方が安全です。万一、購入した物件の相場が意図しない方向に進んで、手放すことになったとしても、売却金と借入金を相殺した場合に、手もとに資金が残るような状態が理想的といえます。ややもすれば、投資を始めるときには、ポジティブになり過ぎてしまうこともありますので、冷静に考えましょう。

 

 

 

 

 

不動産会社の選定は外せない重要ポイント!

 

 

不動産を取得する際には、なんといってもその不動産会社選びが重要です。現在でも、多くの不動産会社が謳い文句を高らかに掲げて、あの手この手を使った宣伝広告活動をしています。豊富な情報量や営業社員の冗舌なトークを武器に顧客を集めて、物件を購入させるという手法を行う会社が多く見受けられます。

不動産業界に精通している人は別として、一般的には、個々の不動産会社の情報を入手するのは難しいといえます。ですから、営業社員の説明だけを頼りに契約に至ってしまうというケースも多いようです。不動産物件は、決して安い買い物ではないため、購入者自身のしっかりとした判断でパートナーともいえる不動産会社を選択することが重要なのです。不動産会社にとっては、不利益であるような事実もきちんと説明してくれて、販売実績も豊富な会社を選ぶことが大事です。

 

 

 

 

【 不動産投資ならクオリアホーム 】

 

HPでは日々売買物件の情報を更新しております。ま会員様限定ページでは、さらに高利回り物件や一押し物件を紹介させていただいております。

非公開物件の件数を見てもわかる通り、優良なもののみを集めていますので、どんどんご契約を頂いております。弊社と一緒に、素敵な投資を探していきましょう。

 

 

Ameba人気のブログ