息子は、記憶力がよい子です。
自分の興味のある事に関しては
ピカイチで、能力を発揮します。

もちろん、全てにおいて
発揮されていたら素晴らしい
ことでしょうが、
興味ある事限定です。

ココ何度も強調^_^

目で見た記憶
耳で聴いた記憶

↑この辺が、非常に鮮明です。
何度聴いでも聞いても、
見ても、忘れてしまう
アラフィーの父や母とは
ドエライ違いです口笛口笛口笛



我が家の周りは、
畑も、山も、海も、あり
生き物が豊富に生息しているため、
幼い頃から、息子は
バッタ、カエル、ヤモリ、
イモリ、アオムシ、フナムシに
とりわけのめり込み、
たくさんたくさん
捕まえて遊んでいたものです。

当時の集中力はすさまじく
あらゆる小さな生き物を
捕獲しては、
昆虫図鑑、爬虫類図鑑が
ボロボロになるほど
読み込んで、
絵を描いていました。

お世話しきれず、逃す事も
お亡くなりになる事も
たびたび、でした…えーん



そんな息子が、小6の冬になって、
それまで、そうでもなく通っていた
クラッシックバレエに、
集中していくのですから
子供の成長って、ほんっと、
謎ですよね滝汗ポーン滝汗ポーン滝汗ポーン滝汗



で、最近思ったのですが。

虫を判別し、
記憶し、
特徴を掴む事を
喜びとしていた息子ですが

今、わりと
近い事をしてるんですよ。

バレエを見る、
音楽を覚える、
ダンサーを覚える、
振り付けを覚える、
特徴を掴んで記憶する、
真似をする

滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗
に、似てる…

古い動画を探してきては、

「あっ!!シクリャーローフだ!」
「ワディムが、ローザンヌ出てる」
「これ、ボッレが17才の時」

と、実に嬉しげに見つけるんです。
ボッレ17才の写真なんて
嬉しそうに保存までしてラブ
今は生けるダビデ像も
若い頃は細い〜と、喜んでいた^_^


プロダンサーの舞台を観たり、
動画を見ていると

「今日の公演に〇〇年ローザンヌに
出ていた△△君が出てた!!」
「〇〇バレエ学校卒の◻︎君もいた。」
「世界バレエフェスに出ていた
  〇〇が、ゲストで出ていた!」

と、まぁ本当に、
よく探せるよね?

これはもう、
息子の特技といっても
良いような気がします。
バレエ好きな一家に1人息子がいたら
とても便利ですおねがいおねがいおねがい

名前を覚える事も、得意です。
Mackenzie 
FIGUEREDO
KAPITANSKI
Marat
…………びっくりびっくりびっくり

カピ??フィ…??
えっ?!


ちなみに、2018年
ローザンヌに出ていた息子が
好きな方々ですね

インスタグラムなどで
皆さんのローザンヌ後の様子を
入手して喜んでいました。

姿かたちだけで
記憶するのではなくて、
踊りの特徴、クセ、脚の形🦵で
覚えているそうです。



私は、最近
息子が、バレエを好きな理由が
わかってきたような気がしています。

自分の好きなものを
記憶して探す事が好きなんですね〜。

毎日毎日、新しい小ネタを
仕入れては、ワクワクしながら
過ごしているんですね〜。

それは、なんだか
小学校帰りに、大事に大事に
そーっと、宝物のように
虫や爬虫類を連れて帰ってきていた
頃の息子と、重なります。

虫のかわりが、
新しいバレエの発見となり、
大事に大事に、
持ち帰ってくるんですね。

私は、息子の、そんな
楽しそうな姿を見ている事が
毎日毎日、
楽しくてしかたありません。

小さな発見の積み重ねは、
ワクワクしますよね。
そういうの、とても良いなと
思っています^_^

これからも、たくさんの
発見ができますように…




最近家に持ち帰ってきた
美術の作品。
あの日の観察は、今も
無駄ではなかったですね。

ちなみに、今も、
生物は一番得意です^_^

つづく^_^