気づき。

いざこうして、
言葉にすると
薄っぺらく感じてしまうけど、

凄いものです。

人間の素晴らしさが詰まっている。

理解すること、と、気づくことは
似て非なるものです。

理解は、ひとつのことを理解する。
ある知りたいことがわかる。
大切なことです。

気づきは、ひとつのことの
事の成り立ちがわかる。
そして、気づいた瞬間に起こる、
頭の中の光とでも表現して、

それにまつわる
全ての構成要素、
世の中、自然界、宇宙の
繋がりがいっぺんに照らされる。

悟りの人は、
それが常にある。

だから、単純に言うと、
色んな事を相談されたとしても、
自身の生きている切り口から、
その現象を理解して、解釈できる。

リーディングというものもあり、
昔はそれができなければ、
と思っていた、が、

常に起こる気づきの方が
僕には尊い。

相手が自在にみえること、
できれば、そんな力も欲しい。

でも、気づきは、
自分や相手の見えている景色を、
全く違う色で見せてくれる。

そして、在り方を変えてくれる。
殆どの問題は、ひとの在り方だから、
色んな問題が解決されていく。

気づきは、
この言葉より、
実は余程、魔法のような現象なのです。


どうしたらできるようになるでしょうか。

道はふたつ。
①意識で氣を自在に動かせること。
②身体を動かして、
 螺旋を完全に認識できること。
 それに身を委ねられること。

ふたつの道だけど、
それが交わることが必要です。
どちらかだけでは、
陰陽のどちらかしか持ってない
のと同じ。宇宙は陰陽。

実は、氣功の型には、
①②の両方ができるように
見えにくいけど組み込まれています。

意識で動かせるのは、
身体の中の螺旋がわかるから。
それを身を持って理解して、操作できて、
そしたらやっと、意識だけでしっかり
動かせる。

そして、エネルギーを増幅できるのは、
螺旋の動きができるから。

氣功の型は凄いです。
先人達のその感性、経験、気づきが、
結集してます。

そして、その動きがわかると、
物事がどう動いているのか、
その宇宙の法則も見えてきます。

物事が始まってから
右往左往しているのでは、遅い。
乗り遅れている。

始まった瞬間から終わりがあり、
終わった瞬間から始まっている。

エネルギーを高めたければ、
時間を凝縮して過ごすことだ。

型はそんなことすら気づきを
もたらしてくれる。



風水の資料より。
これが今年の全体の流れ。
まさしく、という感じです。

ネズミ年の予想


短期で感情的になりやすい。

気性の荒い性格の年と言う

悪い面があるが、

しかし隠れた運がある。


言葉の応酬、言い合い、

小競り合い、誤解が多くなるが、

そこをぐっとこらえると、

強いリーダーシップによって解決し、

結果的にはうまくいく。


隠れた金運もあるので

1つのやり方にこだわらず

代案や多角的展開が吉となる。


1つのことにとらわれず

柔軟な心持ちでいれば

年の良い面から恩恵を受けやすくなる。


コロナによって、

そうなっている側面が

多い感じになっています。


風水取り入れてるひとは、

たぶん、今年の経済停滞の

影響はあまり受けてないと思う。


何故か、

なんとかなってしまっている筈です。