ご訪問ありがとうございます。

 
 
埼玉県鶴ヶ島市にて
少人数制アイシングクッキー教室を開講しておりますMINATOです。
 

 

 
前回の記事でちらりとご紹介した、
業務スーパーの冷凍クッキー生地

今回は使用感をレポしたいと思います。
あくまでも個人的な主観なので、ご参考までにお読みくださいねほっこり


【冷凍】バタークッキー生地 Cookie Dough
購入時価格  298円
まず箱を開けると、1本約11×3cm・円柱形(100g)のクッキー生地が3本まとめてひとつのパックに入っています。
*写真は1本使用して開封後のため、残りをラップで個包装しておいた状態です

冷凍状態でも、生地から甘い香りが漂います。個人的には『キャラメル風味のお菓子に似てる香り』に感じました。

原産国はドイツ。
原材料は以下の通りです。
小麦粉・砂糖・植物油脂・バター・グルコースシロップ・卵粉末・食塩/ソルビトール・香料・乳化剤・pH調整剤 
原材料配合割合:バター6%(仕込み時)
という記載もあり、100gの生地に対して計算するとバターの量は6gになりますね。


生地の扱い方については、
①15分室温放置で半解凍
②生地を1cm幅に切る
というアイスボックスクッキーみたいな感じでもいいと思いますが
私は冷蔵庫で解凍後、めん棒で伸ばして型抜きしました。

5㎜厚で伸ばした100gの生地からは、3番生地まで使って約5cmの丸型が9個(+半端分)。
電気オーブンを使って焼成しました。


普段通りの温度・時間で焼いたら、色が付きすぎてしまいましたあせる
香りといい焼き色といい、これって砂糖がたっぷり入っているのかな?と予想した通り、味見したら
とっても甘い!

海外のお菓子にあるようなガツンとした甘さです。
クッキーだけでかなり甘いので、チョコやアイシングでデコレーションすると甘すぎてダメな方もいらっしゃるかも。


そして表面は荒かったです。
ツルツル感はなく、ざらざらした感じ。


ご参考までに比較写真。
下のタグ型クッキーが普段私がアイシング用に焼いているクッキーです。
同じ時間焼いていますが、焼き色が違いますよね。

また手作り生地と違い表面が荒いのは、食品添加物など原材料の違いなどもあるからかなあと思いました。
例えば、副材料を沢山入れたクッキーもこんな感じで荒くなりますしね。
でも、もしかしたらこれは焼成前の生地の扱い方によっても多少違いが出てくるかもしれません。



当教室のクッキー生地レッスンサンプル

正直、クッキー表面の綺麗さや味の美味しさは手作りの方が上かなあと思います。
でも、なんといっても手軽!
普段作らない人にとって、時短かつ
『失敗なく出来る』というのはチャレンジへのハードルが下がりますよね。
お菓子作りのきっかけにもなるんじゃないかなあと思いますほっこり


最後に、私が通販で見かけた冷凍クッキー生地をご参考までにいくつかご紹介します。

上記商品と比べると、業務スーパーの冷凍生地は破格の安さですね(笑)
ご興味あれば試してみてください♡



さて、今回焼いたクッキーは
アイシングで少し遊んでみようかと思っていますほっこり
完成したらまたご紹介させて頂きますねー