むばたまの夜の衣を返してぞ着る

むばたまの夜の衣を返してぞ着る

~いとせめて恋しきときはむばたまの夜の衣を返してぞ着る~
平安時代の歌人小野小町の歌から。
愛しい人にどうしようもなく会いたくてしかたのないときは、
寝間着を裏返して寝るわ
(寝間着を裏返して寝ると恋しい人の夢を見ることができるという説があったそうで)

他での発信が多くなり、ついついこちらはご無沙汰続きにひひ
生きてるかなあ?と思われる時には⇒コチラ
Amebaでブログを始めよう!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス