新年、明けましておめでとうございます。

 

旧年中はコロナの影響の中、

お客様や協力業者様皆様にご支援ご協力を賜り、

なんとか無事1年間を過ごせましたこと、

有難く御礼申し上げます。

 

今年も信頼にお応えできるよう努めてまいりますので、

本年もこれまで同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

コロナ過で改めて感じた事や、やりたいこと、

希望や明るい未来を想像して日々を過ごしていきたいですね。

 

少しでも早いコロナウイルスの終息や皆様の健康を願って。

 

プリメ

今年の営業も今日明日の二日となりました。

 

2020年は見えないコロナウイルスの恐怖で大変な年になり、プリメでも日々の消毒や換気、時短営業をしてなんとか乗り切ってきました。

 

このような状況の中、プリメをご利用頂き、ご協力頂いたお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

来年は1月4日から営業開始致します。

 

早くコロナウイルスが終息することと、皆様の健康を心よりお祈りしています。

 

ありがとうございました。

 

H様のホンダCR-V

ボディガラスコーティングさせていただきました!

じっくりとボディを磨きあげて、コキズを処理します

人数かけて、確認し確認して磨いていきます。






施工後は細かく確認です^ ^




H様、このたびはお世話になりました。
ありがとうございました。




プリメのガラスコーティングには2種類のクラスがあります。

 

①スタンダードクラスのガラスコーティング

 

②ハイクラスのガラスコーティング

 

どちらもコーティング剤はエシュロンというブランドを使用するのですが、今回はハイクラスコーティングの「何が違うの?」について、実際に作業を行うスタッフ目線で書いてみたいと思います。

 

プリメのハイクラスコーティングとは?

 
ハイクラスコーティングはプリメの最上位コーティング。
 
ガラスコーティング剤を施工するまでの下処理の工程はスタンダードクラスと同じです。ボディの素の状態をピカピカに磨き上げることを大切にしているので、どのクラスもきっちり仕上げます。
 
違いは施工するコーティング剤。
 
ハイクラスコーティングには「ゼンゼロ」という、エシュロンの中でも最高のガラスコーティングを施工します。
このコーティングは一台ずつの材料提供で、施工の証明書も一台ずつカード発行される、専門店ならではの最高級品です。
 

ハイクラスコーティングって何が違うの?

では、ハイクラスコーティングのゼンゼロとは何が他と違うのでしょうか?
実際に施工するスタッフの感じるところをご紹介します。
 

●撥水力は間違いなく一番すごい!

ゼンゼロコーティングの水の弾き方はすごいです。洗車の際に水をかけると違いが明確。
小粒の水玉がワーッと噴き出すような感じで弾きます。そして汚れが水玉と一緒にサーッと落ちていきます。
 
コーティングが効いてることを実感できる瞬間でもありますし、洗車を楽しくさせてくれます。
 

●コーティングの膜圧がしっかり

ゼンゼロコーティングは3層に分けて車に施工します。1回目2回目3回目と施工していく中で、やりながらコーティングの厚みがあることを実感できます。
 
透明なので見た目には分からないところですが、ゼンゼロは塗装面への吸着力が強く、コーティング剤を均一に拭きあげる時に、しっかり膜が張っていて厚いのがよく分かります。
 
ガラスコーティングは施工後の後管理によってもちが変わってくる性質を持ち、基本的にはゼンゼロコーティングの耐久性は3年から5年。
そしてこれはスタンダードクラスと同じです。ですが膜圧がしっかりあることで、耐久年数が長いのを現場で感じています。車庫保管や汚れたらすぐ洗われている車は3年経っても施工したてのように弾いています。
 

●濃色車はツヤが深い

最後にゼンゼロの見た目のツヤ感についてです。
 
プリメでは下処理を大切にしているので、その段階で車はピカピカなのですが、ゼンゼロコーティングを施工するとツヤがより深くなります。
 
その効果は濃色車に顕著で、黒い車ですと「黒々している」感じ。よりしまった深いツヤです。
 
 
 
今回はハイクラス「ゼンゼロ」コーティングをスタッフ目線で書いてみました。ガラスコーティングをご検討の際の参考にしてみてください。ありがとうございました。
 
 
H様のお車 マツダCX-30
ボディガラスコーティング

フロントガラスの撥水コートをさせて頂きました^ ^





鉄粉除却、下地処理、脱脂などの工程から、
施工に入ります~







仕上げを確認して完了です^ ^

H様、この度はお世話になりました。
ありがとうございました^ ^