こんばんは、pure-junkoです。

 

だんだん秋めいてきましたね。

 

広島も朝晩は、冷え込んできました。

 

台風による災害を見るたびに

こちらも心を痛めているところです。

心よりお見舞い申し上げます。

 

今月でしょうか、教師同士の

いじめ(パワハラ)が問題になりました。

 

教育機関というところもあり

浮き彫りになってきた事案ではありますが

世の中に、心で育てようとしている

大人たちが少なくなってきた気がします。

(ちゃんとできる人は、できますよ。あしからず)

 

いじめや暴力は、子どもだけではないのです。

大人も人間です。

こういう時こそ、カラーで自分の心や

相手を思いやる心を持った人間たちが

いて欲しいと願っています。

 

今日は、RYBカラーEPコースの続き。

4コマ目となりました。

 

 

色のメッセージが書かれている

書籍もお見せすることができました。

「今日はグリーンの気持ちですね」と。

 

前回は、三原色の意味についてお伝えしましたが

今日は色彩を習われている方には、ご存じの

2次色たちや、無彩色のお話を。

 

2次色は、よく補色という名前で

取り上げることも多い色です。

 

例えば、緑のことだと

黄色と青が混色された色、ということは

2つの色の両方の意味も持っていると

解釈できるのです。

自然界に一番ありふれた色だったり

「緑は目に優しい」と言われる理由も

緑の意味に入っていることもあります。

 

そうやって、三原色を足してやれば

世の中にある色も、理解できます。

 

今日もお話をしてみると、早速三原色を元にして

「シンプルに考えていけてるんですよね」と

少しずつ成長されていらっしゃいました。

 

カラーのお勉強をされて、少しずつ

自分や友人・知人も含めて

色で理解していけたら…と

意欲的に学んでいらっしゃいますよ!

 

色の意味のお勉強は、今日で終了。

 

次回からは、三原色を元にした

ワークを始めます!

こんにちは、pure-junkoです。

 

朝晩とお昼の温度差があり、中にはインフルエンザが流行り始めたというニュースも。

 

皆さま、体調はいかがでしょうか?

 

今日はとても忙しい日を過ごしました。

 

朝イチで父の病院の付き添い。

あちこち身体に出ていますが、今日は耳鼻科受診でした。

 

以前は耳の神経の異常があったようで、大規模な病院に行って手術をするかどうかを考えていました。

 

今は手術するかどうかは、様子見で処置でした。

 

今日も耳の炎症があったようで、薬で経過をみることに。

新卒で入職したところが、耳鼻科だったのです。

一緒にいた母は、「耳鼻科のことなら、娘が分かる」と

診察室には、私が同伴することに。

 

病院の付き添いが終わった後は

「RYBカラーEPプログラム」3コマ目でした。

 

 

色の意味が入りましたよ〜

 

「たくさんの色のことを知らないといけない」と

思われている方もいらっしゃいますが

RYBカラーに関しては、シンプルです。

 

RYBカラーと言っていますから、三原色

赤・黄・青を知ることが、大前提です。

これを基本にして、補色のことや

他の色だって「黄色に少し赤が混じっていると〜」

など、色の導き方が分かればオッケーです。

 

だから「シンプルだけど、深いカラーシステム」

そう言われるのです。

 

三原色のお話しすると、

「全色に3つのことが分かったら、繋がるんだ!」と

気付かれました。

 

そして、お昼からは「色育カフェ」

この時期は、ハロウィン仕様で色を楽しむことで

季節や、心を繋がるきっかけになっています。

 

今日も可愛い女の子と、お母さん。

お子さんは、昨年白雪姫になり切って

遊びに来てくれました。

 

今年も可愛く、色と仲良くしてくれました。

 

 

昨年に引き続き、広島カープのマスコット

スラィリーになり切った、色育メンバーの私(笑)

 

午前はカラーの講師、午後はカラーで楽しむ

いずれにしても、カラーを楽しみたいという

思いで走っている気がします。

 

次回は11月19日(火)

広まちづくり推進協議会ギャラリーにて!

 

お待ちしています!

 

 

 

こんにちは、pure-junkoです。

 

今月になって、寒暖差もあり

体調に来ることも多くあります。

 

「カラーセラピストは、色を通してアドバイスしているから

悩みを抱えてなさそうですね。」

 

そんなことを、いつか聞かれました。

 

いえいえ、色でアドバイスではなくて

自分の心や体のことを、自分に対して

気づくためのものが、カラーであって。

 

それぞれの色の通訳をするようなのが

カラーセラピストだったり

カラーカウンセラーの役割だと思っています。

 

不調を訴える前に、カラーに投げかけることで

「これがつまづいているんだなぁ」と

気づくことができます。

 

 

RYBカラーリーディングの

アドバンストチャート。

 

それぞれの色味でも9種類あります。

各色で最大4つ選ぶことで、自分の考えが

どうしたいのかが分かってきます。

 

数えていくと54色の色があります。

一見難しそうですが、アドバンストのほうが

明確に出て、面白いのです。

 

今回は、赤と青にポイントがありました。

動きをためらっていること、自分が何をしたいのか

そこが色にも見えてきました。

 

病院に行く前に、カラーを選ぶ。

 

そういうことに気づけたら

結構楽になります。