腐ってやがる・・・ぷログ

腐ってやがる・・・ぷログ

オタク系海洋生物ぷログです。

ぷっとしたログだからぷログ。

時々、というか度々ネタが生えてきます。
最近はふなっしー依存気味。

猫路地ィ団体「ランド丸チーズ」の公式ブログです。


このたわけた団体は何をするわけでもありませんが、ここはなんでもありの不思議なプログです。


1990年代特撮作品リスト


検索で来た人が分かりやすくする為の入り口です↑



      
ヒーロー大戦 餌をやるな  


コメントに関して、古い記事のコメントも受け付けるけれど、一部誤認がある部分(分かってても面倒で直していません)を突っ込まれても対応しきれないので華麗にスルーする場合があります(コメントが面白ければその限りではありません)。

また、連載で後から記事内で答える予定の事象などの返答は、答えたその時まで延ばすことも有り得ます。ご容赦ください。

捕鯨に関しては、中立の立場です。

ただ、非科学的な言説の流布が嫌なだけで・・。言っちゃあなんだけど政府の捕鯨推進の論拠って穴だらけで、支持しづらいのよね。

後、調査捕鯨の意義がないとは言わないけど、リスクが多いんだよね。


あと、未成年の方の場合メッセージ送信などに問題があるので、基本このブログは大きなお兄さん、お姉さんなど向けということで。


テーマ:


ロボット刑事K


今回は、バンダイのロボット刑事Kです。

1973年の「ロボット刑事」に登場するヒーローです。

今まで、度々十年ほど前に商品化されたソフビ魂というソフビ人形を紹介してましたが、回はそのときに商品化されなかったという曰くつきというか、後回しにされたらシリーズが終わったというか。


K


これは1990年に、昔のヒーローを商品化する企画で、雑誌で人気ランキングを集めて入選したんですね。宇宙刑事やメタルダーとかも出たんですが、実は上位を占めたキカイダー兄弟が出なくて、ソフビ魂みたいに高いコストをかけられる商品ではなかったのでクリアパーツが難になったのは想像に難くありません。

また、少し昔の商品なのでややアレですが、それでもリペイントしたらかなりいい感じです。

両腕が少し長く感じたので、胴体にめりこませました。



Kは生まれた


実は約一年前にKは出してます。

このときよりやや手を加えた状態になりましたね。


テーマ:


快獣ブースカ


今回のヒーロー簡単フィギュア改造、というか違いますね。


快獣ブースカ、1966年の「快獣ブースカ」に登場した快獣です

快獣、快よい獣と書きます。

ウルトラマンルーブにも出ましたね、出番は短かったけど。

これもヒーローではないですね。

品物はバンダイが二十数年前に出したソフビです、ウルトラ怪獣のシリーズなのに例外的に商品化されたという、なんで出たんだろう。



ブースカ


実は、これ、過去にもこのブログに多分出してます。

最初に塗装したのがそもそも20年近く前で、今回背中を塗ってなかった、というか、当時背中の模様を知らなかったので、今回追加して、茶色のアクリル絵の具で墨入れしました。

基本、ヒーローよりも怪獣塗るほうが気が楽なんですよ。


写真はイベント参加のついでにいった横須賀で撮影しました。

凄くいい風景が多かったんですけどね。

あのころのブースカ


ブースカのリアルタイム放送は白黒だったので、その雰囲気の一枚。

君は誰?


君だれ?えっ友達を探してるの?。

あっちでみたかも。


テーマ:


仮面ライダー電王 ゼロノス


今回の簡単ヒーローフィギュア改造は仮面ライダー電王とゼロノス。

2007年放送の「仮面ライダー電王」のヒーローです。

なんか、つい最近の作品のような気がしますが、これでも11年経過してます

俗にいうソフビ人形の通常ラインナップで初版は放送当時ですが、現在は一回り大きいソフビに入れ替わっています。

新造形の方は大きく出来がいいんですが、背中がほとんど塗装されておらず、スケールが一回り大きくなるのが嫌だし、サブライダーが揃わないのでこちらにしました。

ただ、改造について一番苦労したのが武装、デンガッシャーなどの塗装です。

おもちゃ屋さんがデザインしたヒーローなので付属玩具も多く、ボタンやこまかい部分の塗装はガンダムマーカーがいいですね。

仮面ライダー電王


このソフビ人形は子供のころに買ってもらった人も多いと思うので、タッチアップしてみると見違えるように変わると思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス