自分の声

テーマ:
急に詩を朗読したくなりました。
突っかかりながら読むことしばらく。



う…ん?
なんだ?何か違うぞ?

声のバイブレーションの中に飲み込まれていくというか、酔ってしまうような不思議な感覚を覚えました。(私が美声なわけでは決してないです)


自分の声って自分の中に最も深く響くものなのかもしれないな、と思います。



詩が素晴らしいから、というのもあるでしょう。
でも暗記する際、暗記したいことを自分の声で録音し、それを聴くと良いといいます。
また、鏡に映る自分に向かってポジティブな言葉を贈るとか、目標を声に出すとか、、


黙読が当たり前の時代。
だからこそ音読を考え直す。
AD

水引草の生命力

テーマ:


水引草。
お祝いののし袋にかける紅白の水引のように細長い姿から、この名前が付けられたそう。

この花、生命力がすっごく強いらしい。




幸せって決して儚いものではなくて、実はとっても逞しいものなのかもしれない。
AD

大統領とIQ

テーマ:
今日はいつもと違う美容院へ行ってきました。
担当してくれた美容師さん、政治にすごく関心があるようで、首相かアメリカの大統領になりたいんだそう。
どのくらい本気かは置いといて、面白いな、と思ったのが、「アメリカ大統領」という選択肢が出てきた経緯です。

彼曰く、大統領の平均IQは150くらい。で、自分もそれくらいあるから、自分もできるという結論に達したそう。



なるほど。
大統領といったら、コミュニケーション能力とか統率力とか、決断力とか、そういう能力が重要だと思ってたけど、IQで判断する人もいるのか。


彼の情報にどれだけ信憑性があるのかは疑問ですが、自分にできることと、できないことを見極める基準をもう一度見直してみる良いきっかけになりました。
AD

台風と安息日

テーマ:
もし風も雨もひどくなければ「台風の過ごし方」って結構いいな、と思います(あり得ない前提ですが)。

台風が来ると…
・家からできるだけ出ないようになる
・学校や病院などが休みになる
・公共交通機関がストップする
・停電する
・ケータイの電波が通じなくなる
etc

これ、ユダヤ教の安息日の過ごし方に似てませんか?

・家からできるだけ出ないようにする→家で家族と過ごすようにする
・学校や病院などが休みになる→働かない
・公共交通機関がストップする→乗り物に乗らない
・停電する→電気を使わない
・ケータイの電波が通じなくなる→電気を使わない、働かない



社会全体がお休みモードになるので、堂々とゆっくりできますね。

おへそと私。

テーマ:
雷が鳴っています。
ゴロゴロ。

小さい時、雷におへそを取られないように気をつけてと言われたことを思い出しました。
なんでそんな迷信が生まれたのか知りませんが、それを間に受けて一生懸命守っていました。



へその緒の跡をおへそと言います。
おへそ自体は特に何か役割があるわけではないので、あっても無くても良いものだと思います。

なのに、今でも「もしおへそがなくなったら嫌だな」と思ってしまいます。

おへそって、自分のルーツの象徴なのかもしれません。
もしくは、アイデンティティの根幹にあるモノ、だと思います。