野菜 de ボーノ!!

有機の種で安心野菜づくりに挑戦中! 脱サラ種屋のぶらーり日記!
<写真:ドイツの畑も行ってきた (有機採種場巡り 2012 )>


テーマ:

白くて丸い。 パッとみてなんだろう?という姿ですが

こちら、白系のさつま芋、「アメリカ」という在来種

 

けっこう大きくなってました。 肥料なし・農薬なしの無投入です。

 

この苗1本から4ヶ月ほど

 

やっぱ、家庭菜園いいわぁ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

天草に移り住んで8年ほど、一時はどっぷり天草に浸かってたけど、最近は月の半分くらいが関東出張という有様になってきた。

 

有機の種屋を始めて5年目、

売り先を見つけなければ食っていけず、おのずと人口の多い関東に足が向く。

 

のんびりと天草の海・山の景色を見ながら、耕していた畑は今や事務所脇のお庭だけ。

 

天草で生活できるのも、もう長くない気がしてくると、事務所から見える天草の海がなんだか切ない感じ。

 

来週も再来週もほとんど関東出張。 

私自身が環境配慮の種を売っておきながら、

それを売るためにガソリン垂れ流して移動を重ねる日々。

忙しさを言い訳にコンビニ弁当で胃袋を満たす日々。

 

なかなか、うまいこといかんなぁー。。。。。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
有機農業公開セミナーに参加して、非常に有意義な時間を過ごすことができ、改めて種という大変大切なものを取り扱う身として気の引き締まる機会となりました。

種に対して興味を持ち始めると、F1種 vs 固定種 という構図がでてくると思うのですが皆さんはどう考えてますか?

私は有機の種屋だから、「あなたはF1を否定する立場にある」とお考えのかたがおおいようですが、私は両者とも大切と考えてます。

今回のセミナーで現場で種子の固定に取り組む採種する生産者さん達から話を聞くなかで感じたことは、f1種であれ固定種であれ、大切なことはただ1つ。
次世代へ責任ある食を繋げることができる種を私たちは守る&創る、といことではないかなと感じてます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、オーガニックスプラウトセミナーで有機のスプラウトの種を提供させていただいた。

場所は、三越前「コレド室町2」のフレンチ、ラボンヌターブルさん。

 

田舎暮らしの私にとって、

都心の洒落たレストランで、異様な緊張感。

場違いかな・・・みたいな不安もありつつ。

 

どんなスプラウトのレシピがでてくるのか

 

↓ 産地こだわりのサラダは緑豆の発芽豆入ってる。

生のままらしい。

 

↓ 丸ナスとカツオのテリーヌ、

発芽させたヒヨコ豆のフムスと

赤ラディッシュ&ブロッコリースプラウトのレモンの皮塩漬けソースで

本気ですごくいおいしい!

 

豚肩ロースを

パプリカ&フェヌグリークのソース

黒ニンニク添えで

いやーこれもめちゃめちゃおいしい。

 

アプリコットとラベンダーのサバラン

発芽レンズ豆がラム酒に浸かって思いもしない味に。

枇杷の種クリーム

なんとも色んな味わいが拡がりまくっているおいしさ

 

いやー、おいしかった。 

 

最後に

若くてかっこいいシェフとパチリ。

 

料理の女性の先生方に囲まれて・・・

なんだか、華やか1日であった。

 

また、明日天草帰って頑張るぞ! と思った。

 

http://gfp-japan.com

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

引っ越した時から、

花も少ししかつけず、

葉もほとんどはやさない

梅もつけない梅の木がお庭にある。

 

 

如何なものかという思いもあったが、

 

木をネット代わりという選択

 

寂しいので、ジャンボ平莢インゲンを這わせてみた。

 

梅にインゲン。

 

案外、立派に育ってます。

無肥料・無農薬でもそれなりにつけてくれてる。

 

味も良好!

 

http://gfp-japan.com

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グリーンフィールドプロジェクトでは、昨日、

SAVE THE SEED プロジェクト の名のもとに、

日本の固定種を残すため・広げるため、

採種家の種を買い取り、販売させていただくプロジェクトをスタートしました。

 

上のポスターで書いてるのは当プロジェクトのミッションステートメントで、以下の通りです。

よろしくお願いいたします!

 

将来、我々の子供たちは、食の危機に直面するかもしれません。

安全に対する疑問が残る遺伝子組換作物や、農薬に頼った大量生産に限界が来たとしたら、突然の天災や紛争に巻き込まれたとしたら、これまでのような農業は続けられないでしょう。

その時、様々な環境に耐えうる、自然に寄り添った「在来種」が未来の子供

たちの命綱になるかもしれません。

 

「最も強いものが、あるいは最も知的なものが、生き残るわけではない。 

 最も変化に対応できるものが生き残る」ー チャールズ・ダーウィン

 

1980年には1214種あった日本の伝統野菜が、2002年には556種まで減少※

したといわれています。

 

消えゆく在来種を未来へつないでいく、

それは、私たちSAVE THE SEEDプロジェクトの使命です。

 

※ 野菜試験場育種部(1980年)「野菜の地方品種」農林水産省野菜試験場育種部 

  芦沢 正和 (監修), タキイ種苗株式会社出版部 (編集) (2002年)「都道府県別地方野菜大全」農山漁村文化協会

 

> 千葉県の自然栽培の農家様の採種場にて

 

この小松菜の種の販売をスタートしました!

 

HPはコチラから

http://gfp-japan.com/

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

発芽したての、根と芽を凝視したことありますか?
植物はよく見ると案外面白いです。

ジャーで育てるもやしスプラウトと
カイワレに育てるマイクログリーンスプラウト。

 

どちらも栽培4日目の写真です。

 

ジャーはビンの中で育つだけで、根が先に伸び、

芽はほとんどでていないですが、

 

茶色のキッチンファームでカイワレに育てると、

根も伸びてますが、新緑の芽が伸び始めています。

 

↓根だけが伸びる

 

↓根が伸びた後、芽が伸び始めている

 

根が水を求め、それから芽が伸びるのが純なのでしょう。
とすると、発芽豆で食べる場合、

本当は発”根”豆ということになるらしい。

 

発芽豆は生でも食べれますよ。

 

有機種子のグリーンフィールドプロジェクト

http://gfp-japan.com/

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地鶏、”天草大王”

天草の海を見おろす山の途中、ポンカン畑を切り開き、

2016年、ヤキトリマンの養鶏所が誕生!

 

日中は養鶏所で養鶏し、

夜は居酒屋ヤキトリマンでその鶏を焼く。

日々大忙しのオーナーの田口さん、

お忙しい中、快くお時間を割いていただいた。

 

 

「肉を食べる」ということは実に奥深い。

鶏肉といえども、その育ちは様々。

どう育てるか、何日間育てるか、コストは、飼料は、倫理は・・・諸々。

 


 

「理想の鶏」と「ビジネス上の鶏」を模索するオーナーは

私の目には実にリアルで、なんだかかっこよく映った。

 

最後に、出荷前の120日育てた天草大王と記念撮影

ブロイラーの鶏肉は50日手前で通常出荷されているらしいから、

生育にかかる時間差は大きい。

150日まで育てる天草大王もあるらしいが、

オーナーの田口さんは、

120日くらいが固すぎず、ブロイラーの柔らかい肉に慣れた

今のお客さんの口には丁度良いのでは・・・

とおっしゃっていた。

 

なるほど。

また、ヤキトリマンに行かねばならない!

 

先日、視察したい・・・と舌をまいた、ヤキトリマンの焼き鳥↓

弾力・旨みが申し分ない!

 

天草のヤキトリマン

http://yakitoriman.jp/

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。