オーガニックな種屋の おいしい楽園プロジェクト

オーガニックな種屋の おいしい楽園プロジェクト

趣味で始めた家庭菜園 → 有機の種屋、グリーンフィールドプロジェクト(GFP)を立ち上げる。 
→ 種屋・農家・家庭菜園者と出会い、色んな野菜と出会い、
これからの家庭菜園・農業はもっと楽しくなるに違いない!!

2018年の三善大根は、選抜方法が適切でない部分もあり、

 

どうするか迷ったのですが、仕切り直して再出発することにしました。

 

こちらは茨城県取手市の、三善大根の佃農園の圃場です。 2020年12月14日(月)

無施肥の自然栽培圃場です。 


この畑から2列、完全無選別で連続200本を抜きまして

※200本程度は抜かないと、その品種の個性もなかなか見えてこないので、

少なくとも100本は抜きたいところ。 

で、選べれないものは捨てるともったいないので、切り干し大根などにするとよいか?

 

本日は、大根の育種のプロからZoomでアクセスしてもらい、一本一本みてもらいつつ

形質がいまいちなものや、劣勢が入ってるようなもの片っ端からはじいていきました。

 

まずは良い大根を50本強選抜して、その中から母本候補を15本さらに厳選!

 

 

良い大根を選抜したうえで、下1/3程度を斜めにカット

 

たまに、写真のようにスが入ってたり、黒斑病などの病気などが入ってるものがあるので、

こういった大根はしっかりはじいていきます。

 

中身の精査もパスした選べれし母本10本!

 

10本には選ばれなかったけど、そこそこ形質のよかった大根たちは授粉用の大根として、母本の周りに植えていきます。

下の写真が授粉用の大根たちです。

 

このまますぐに植え付けると、カットした口から病気が入ることもあるので、

ここから1週間ほど、カットした口を自然乾燥させます。

冬場なので、低温になりすぎないよう温度管理も注意が必要です。

 

1週間後に、無事に定植完了しております。

来年は、この母本たちから、各1本ごとの種を分けて採種し、さらに系統選抜を行い、精度を高めていきます。

 

 

グリーンフィールドプロジェクトでは、固定種の種とりを数年前から、

savetheseedプロジェクトという名の下で活動しておりますが、

最近は、技術の高い種屋さんから固定種採種の技術を伝授いただいております。

 

近年は自家採種を試みる有機農家もボチボチいらっしゃるようですので、

今後は、プロ育種家からご教示いただいている技術や情報を採種を試みる皆様にも開示していく機会を提供してまいります。

当ブログでは選抜すべきポイントの細かな部分は説明しておりませんが、今後はイベントなどを企画して、具体的な選抜のポイントなども開示していきたいと考えております。

 

ご関心ある方は、弊社のフェイスブック(以下)をフォローいただけますと、その折ご案内してまいります。

 

 

 

#自然栽培 #無施肥の種 #国産 #有機種子

#savetheseed #グリーンフィールドプロジェクト

 

良い土を探しつつ、鹿沼へ。

 

鹿沼の地で長く土屋を営む「加藤産業さん」と有機の種屋「グリーンフィールドプロジェクト」のコラボで、

 

有機栽培の実践に向く有機培養土を作ることになりました!

 

昨年の春先から、なんやかんやいいながら試作をつづけて、やっとなんとか形にできたかな!

 

鹿沼と言えば鹿沼土、鹿沼土といえば盆栽。

というイメージの方も多いかもしれないですが、決して盆栽だけではありません。

 

鹿沼の地層を見てみてみると

 

一番下が赤土、次が鹿沼土、そのうえが赤玉土、 さらに上が黒土、みごとな土層を形成している。

 

とりあえず、記念写真をとってみたけど、層がしっかりあるのがわかりますか???

 

ここでとれる、赤玉土+鹿沼土+黒土をブレンドし、

 

これだけではどうしても栄養が不足するので、

 

腐葉土&バークたい肥&ココピート等を配合。

 

この中でも腐葉土の効果は絶大!

 

3ヶ月、水をまきつつ、切り返し発酵させ、

 

 

その後は粉砕してさらに2次発酵。

 

ふるいにかけて、腐葉土の完成です。 

 

との予定でしたが、中期的な栽培だと、どうしても肥料成分が弱く、

 

あれを入れ、これを入れつつ、、、、

 

最終的には、上述の土やたい肥に、適量のグアノを投入することにしました!

 

グアノは動物性たい肥だけど、牛・豚・鳥のたい肥と違って、危ういものが入らないメリットもあり、

効果てきめんにて採用することに!

 

ブレンドも、むらが発生しないよう、丁寧に混ぜ合わせていきます。

 

 

有機栽培に最適な、

こだわりの土はコチラです ↓ 

※ 規格2.5L

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い冬は、おうちで発芽豆育ててます。

といっても栽培期間は3日ほど😅

こちらは緑豆。マングビーン。



↑ こちらは発芽ひよこ豆
油引いて、塩コショウだけ


↑ ホッピー と一緒に。
お酒のお供に最高です。

ホクホク😋

春から育ててるホーリーバジル。

まだ、枯れない↓

 

種とり用なので、できるだけ枯れるまで畑に置いておきたかったのですが、

引っこ抜いて

 

干すことにしました。 これで種の充実を待ちます。

 

 

あいた畝に、残ってた苗たちを定植。

 

やっと、秋苗をすべて定植できました!

 

これで、越冬の準備完了です。

 

来年は畑の面積も増やし、お米も始める予定。

 

#savetheseed

 

 

 

 

 

ほうれん草のプランター栽培


左列が欧州産のアーリージャイアントリーフ
右列が茨城県産の針種ほうれん草

今のところ、アーリージャイアントの方が生育早い感じ。

ほうれん草食べ比べが楽しみ😋

家族農業の10年と小農の権利宣言。
具体的な手法が書いてないかなと読んでみた。
 
この手の本は、今のフードシステムや農業をいきなり丸ごと変えましょうと言ってるので、あまりにも変化が大きすぎる気がする。
 
この手の本で現実路線の文献あれば是非ご紹介ください🙇 
 
 
 

 

ついに完成!

 

おうちでベジpremium - Glass & Stainless

 

3年前くらいだろうか「おうちでベジ」という商品を自社開発して、

上の写真の容器、ご好評いただいて、今なお、お陰様で大人気なのですが、


 

「高くてもいいから脱プラで作れないのか?!」とご指摘をいただいていた。

 

その後、たくさん業者を探し回り、海外に試作依頼したり、

 

色々作ってみたり、形を変えたり、それから数年も経過してしまったのですが、

 

手作りで網を作ってくれるステンレス業者さんをついに発見!

 

そこから網の目の大きさがどうのこうの。

種が落ちるからどうのこうの。

ガラスに傷がつくからどうのこうの。

取っ手が使いやすいのはどうのこうの。。。

 

会社には、似たような色んなステンレス網でいっぱいで、

「大変だった自慢」したくなるほどの年月をかけてしまいました_(._.)_

 

そしてついに、

 

完成。 完全ハンドメイドです。

 

水やりも、取っ手があるから便利で快適。

 

耐熱ガラスだから、スープカップとしても利用できます。

 

ガラスの厚みも薄めでオシャレにしあげました。

 

なんといっても、ハンドメイド。

 

数が少ないため、試験販売的な感じで、

 

プレスリリース出すほどでもない門出になってしまいました。

 

おうちでベジpremium ひっそりスタートです!

 

>種つきお買い得セット

https://shop.gfp-japan.com/?pid=154347262

 

>種なし(容器のみ)

https://shop.gfp-japan.com/?pid=154235634

 

 

 

 

よろしくお願いします !(^^)!

 

 

 

 

日本の在来種、近年じわじわ減ってますが、

 

「菜っぱ」はまだそこそこ残っている方かもしれません。

 

今回はこういった在来種をご紹介。

 

「しろ菜」

 

漢字にしてしまうと、白菜(はくさい)になってしまうという、シンプルでややこしい名前の野菜ですが、

 

「しろ菜」は白菜とアブラナ科のナッパ(正式な品種は不明)の交雑種らしく、

 

関西圏(とくに大阪)ではかなり流通していたそうで、別名は「大阪しろな」。

 

白菜ほどは太くない白い茎部が、煮るととても柔らかく美味しい。

そして葉は柔らかく、エグみなくあっさり味。

 

煮もの、おひたし、ごま和え、浅漬け、なんでもこいの便利な葉野菜です。

 

芯のやわらかい部分が、なんともうまい。

 

ではなぜ、売れずに希少になってしまったのか。

 

柔らかく葉が薄いので傷みやすく、流通させにくいとのこと😢

 

小松菜あたりに撃沈されたようです😢

 

そんな可哀そうな野菜ですが、

 

種まきからわずか30日程度で収穫できるので、栽培して自分で食べるにはとってもオススメ。

 

おうちで育ててみてはいかがでしょうか?

 

以下は、この冬、採種において、異形株をとりのぞいてる様子です。

(茨城県取手市、自然栽培で採種いただいている佃農園の圃場にて)

 

  

 

 

在来の野菜を楽しもう!

 

 

しろ菜はコチラ↓

https://shop.gfp-japan.com/?pid=154372429
 

 

 

 

 

 

 

ロックチャイブ = ガーリックチャイブは、

 

おうちで簡単に栽培できるのが魅力。 スプラウトでも失敗しやすい品種あるけど、これは簡単です。

 

見た目は綺麗で、根の部分もうっすり緑。 根も茎も両方いただけますょ。

 

香りはしっかりガーリックで、肉系にあわせるとほぼほぼおいしい。

 


「誰でもカンタンに栽培を楽しんでもらう術はないものか?」

 

いつも探し回っているのだが、

 

Go to Travel も始まった今こそ、

 

持ち運びできる家庭菜園をご紹介したい。

 

それは

 

発芽豆 ↓↓↓

 

↓こんな感じ。

いつものサラダに発芽豆をトッピング。

発芽豆は生でもおいしいのだ!

↑ こちらは、緑豆 と ひよこ豆 と レンズ豆 の ミックス発芽豆。

新たな食感と豆の香りが加わってとっても美味。

好みのドレッシングで簡単クッキングできます。

ヨーロッパでは今や定番らしい。

 

われら日本人の舌にはちょっと青臭い?!

 

そんな方へのお薦め

 

①発芽豆カレー 

 

カレーには欠かせないフェヌグリークを発芽させ、

もっちり感を出すために、緑豆の発芽豆もトッピング。 

 

 

カンタンレシピをお探しの方へは

 

②発芽豆炒め

 

発芽させた緑豆をシンプルに塩コショウで炒めるだけ。

もっちり感がたまらない、お酒のお供にもバッチリな美味しさ!

 

 

甘いもの大好きという方へお薦め

 

③発芽豆ぜんざい   これまた相当なおいしさです。

 

食べてみたいお料理は見つかったでしょうか?

 

発芽豆は、おいしいのみならず、とってもスーパーフード!

栄養価で人気のGABAもたくさんとれるし、

食物繊維やたんぱく質もバッチリ。

 

栽培は、 なんと2~3日で収穫できちゃいます。

 

まずは、このガラスとメッシュ網の着いた栽培容器を準備。 

↑片手に納まるビンだから、持ち運びOK! 

旅行のお供にはいらないかもしれないですが滝汗

 

↓ 豆を入れて、たっぷりの水で一晩寝かせます。

 

↓ 半日経ったら、その後は水を切って置くだけです。

 

その後、半日~1日で、種の表面が乾いてきたら、

また水を切って置くだけ。

 

↓ 2日と半日

 

また、水を切って置くだけ

 

↓ 3日目 

↑ 発芽豆としては、食べ頃です。

 

これ以上、育てたければ、水を切って置き続けて下さい。

どんどん伸びていき、

だんだんモヤシになります。

 

今回は緑豆(マングビーン)で紹介しましたが、

ヒヨコ豆やレンズ豆、青エンドウ豆(豆苗の豆)、フェヌグリーク

など色々楽しめますょ!

 

栽培成功率100%口笛

 

 

発芽豆はコチラから

 

https://shop.gfp-japan.com/?mode=grp&gid=2379602

 

 

※発芽豆は、きちんと発芽する、種屋の発芽豆をご使用下さい。

 食用豆は発芽不良となるリスクが高く、生食は危険です。