刺青|賽のじ雑記 -5ページ目
2015-09-14

うらめしや~冥途のみやげ展 - 東京藝術大学大学美術館

テーマ:展覧会


毎年円朝忌に合わせ8月に谷中は全生庵で開帳される円朝コレクションの幽霊画が、今年は国立東京芸術大学の美術館で「うらめしや~冥途のみやげ」展として全品が一堂に公開されるとの事で足を運んで参りました

全生庵のあの狭い一室一杯に掛けられた幽霊たちを蒸し暑い中で見上げるいつもとは違い、空調の効いた広い館内で出会う幽霊たちはちょっと余所行きの顔をしてました

本展では肉筆の幽霊画だけでなく錦絵も相当数展示されており、それらの状態のあまりの素晴らしさは想定外の嬉しさでした

中に「うらめしや~」とはちょいと趣きは異な感じでしたが芳年の「豪傑奇術競」があり、今まで多くの「奇術競」を観てきましたが「いつ刷ったの」と云うくらい綺麗な状態だったけどどこのなんだろ?

図録の表紙は上村松園の「焔」で謡曲「葵上」の六条御息所、チケットは鰭崎英朋の「蚊帳の前の幽霊」で三遊亭圓朝の怪談噺「牡丹燈籠」のお露



でも・・・・やっぱり幽霊は多くの死者の眠る傍らで観るに限りますね

来年はまたいつもの全生庵でお逢いしましょう♪

東京藝術大学大学美術館
東京都台東区上野公園12-8
電話 050-5525-2200


刺青|賽天 - www.psyten.com

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス