戦争は役に立つか?イエス! | しんりの手 :psych NOTe

戦争は役に立つか?イエス!

war


♪ウォー(ズン・ズン)フゥー!(ズン・ズン)ィエィー!♪ゥワティ~ズッ・グッフォー?♪アーゥソゥルーリー(ナッシィン!)アハ~ァハー♪ 「戦争は何の役に立つのか?完璧に何の役にも立たない!」


と歌ったのはエドウィン・スターですが、まぁこれは言葉のあやで、役に立つ場合もあるんですな。今回の研究によると、実際に戦争(イラク)に行ったイギリス人兵士421人を調べたところ、彼らの心の健康状態が戦争に行く前に比べて改善されていたそうです。


まぁね、これは順当な結果でしょう。ざっくり言って、人が100人いればそのうちの10人くらいは心の健康状態がおかしいです。原因は遺伝30%、環境70%と言ったところでしょうか。かと言って100人中30人が遺伝により完璧に発症する、とさっくり割れるわけではなく、原因になりうる遺伝要素と環境要素の割合は人によっても違うので、環境に強く影響される精神不安定などもあります。


環境に強く誘発される精神的不健康は、当然のことながら環境を変えれば改善されることがあります。これは個人的な意見なんですが、良い環境というのは(1)目的に向かって邁進(まいしん)していて、(2)些細な社会交友にくよくよする暇がない、という二大条件を整えていることだと思います。


今回のイギリス兵士にとっての戦争は精神衛生的に条件が良く、(1)目的に邁進している(戦争に勝つ)、(2)くよくよする暇がない(死の危険のある状況を切り抜けなければならない)、と2つの条件とも整っています。


なので条件のあった戦争は、精神衛生を保てるまたは改善できる環境なんじゃないかと思います。


僕のような貧乏院生も似た環境ですね。自分の好きな研究をしている(目的に向かって突き進んでいる)し、くよくよ思い悩むほどの時間がないほど研究に忙しい。と言うか研究を進めないと奨学金を失ってしまうし。


----------------

元のニュース:

Going to war does not have to hurt: preliminary findings from the British deployment to Iraq. JAMIE HACKER HUGHES, PsychD The British Journal of Psychiatry (2005) 186: 536-537

関連音楽:

Edwin Starr
Essential Collection
検索キーワード:心理学、臨床心理、clinical psychology, mental health,