2017年12月09日(土)

1月発売予定のCD

テーマ:News
Harumi
Harumi
Harumi

以前FalloutからCD再発された際には、その内容の強烈さで失神者が続出したと噂される、謎の日系人サイケ"Harumi"。オリジナルはLP2枚組で、ディランやベルベッツなどを手がけた大御所のTom Wilsonのプロデュースのもと、1968年にVerveからリリースされています。LPの1枚目にあたる前半は、ソフトサイケ期のバーズみたいなフォークロックベースのポップサイケ(ホーン&ストリングス入り)なんですが、聴きものはLPの各面に約20分の長尺ナンバー1曲ずつが配された後半。三味線や琴などの和楽器入りのバックに乗せて、右スピーカーからはHarumi、左スピーカーからはTom Wilson?(クレジットはRosko)が延々と英語でしゃべり続けるという"Twice Told Tales of the Pomegranate Forest"。そしてラストの"Samurai Memories"では、ファズギターをフィーチャーしたサイケビートのインストをバックに、Harumiの父、母、妹までもが登場して、一家四人が日本語でしゃべりまくるという、頭がクラクラするような「しゃべくりサイケ」大会が展開されます。





Art of Lovin'
Art of Lovin'
Art of Lovin'

Art of Lovin'はマサチューセッツの男女混声5人組。この唯一のアルバムは1968年にMainstreamからリリースされています。グレース・スリック似の女性ボーカルを擁する、Jefferson Airplaneフォロワーなフォークロック系サイケで、チープオルガンやファズギター、ママス&パパスな男女ハーモニーが入っているのも「痒いところに手が届く」サウンドです。





Mystic Astrologic Crystal Band
Mystic Astrologic Crystal Band
Mystic Astrologic Crystal Band

Mystic Astrologic Crystal Bandは米西海岸のポップサイケグループ。音はStrawberry Alarm ClockミーツBubblegum Popという感じでしょうか(シタールチューンあり)。本作は1967年のデビューアルバムで、今回の再発はボーナスに2ndの"Clip-Out, Put-On Book!" (1968) 全曲を収録した2on1仕様となっている模様です。





Farewell American Tour
Sally Eaton
Farewell American Tour

Sally Eatonは60年代後半にブロードウェイミュージカルの"Hair"で名を成した舞台女優。70年代にはシンガーソングライターとしても活動していたようで、この"Farewell American Tour"は1971年にParamountからリリースされたアルバム。本作中のファズギターチューン"Flowers in the Air"は、シタールコンピの"Electric Psychedelic Sitar Headswirlers"シリーズに収録されていたので、聞き覚えがあるかもしれません。





BEAT GIRLS ESPANOL! 1960s SHE-POP FROM SPAIN
VARIOUS ARTISTS
BEAT GIRLS ESPANOL! 1960s SHE-POP FROM SPAIN

Ace RecordsのBeat Girlsシリーズの新譜はスペイン編。トラック14までを収録した別ジャケのアナログLPも同時(1月26日)発売予定。

01. Corazon Contento - Marisol
02. Creo En Ti - Rocio Durcal
03. Ya Veras - Karina
04. Pinta Mi Mundo (Colour My World) - Gelu
05. Molino Al Viento (Mulino A Vento) - Los Stop
06. Aqui En Mi Nube (Get Off Of My Cloud) - Sonia
07. Si Llegara El Amor (Are You Ready For Love) - Rosalia
08. Nunca Hay Bastante (Non Basta Mai) - Adriangela
09. No Se Por Que - Massiel
10. Prima O Poi - Silvana Velasco
11. Tendras Que Llorar - Lorella
12. La Verdad (La Verita) - Soledad Miranda
13. Voy A Pintar Las Paredes Con Tu Nombre - Los Mismos
14. Pon Un Anillo En Mi Dedo (Put A Ring On My Finger) - Las Chic
15. Yo Te Dire - Karina
16. El Es Distinto A Ti (Society?s Child) - Pic-Nic
17. Las Rocas Y El Mar - Massiel
18. No Me Lo Puedo Creer - Ivana
19. Sor Ye Ye - Rachel
20. Tiene La Tarara - Marisol
21. Cerca De Ti - Las Chic
22. Ven Con Nosotros - Marta Baizan
23. Quiero Romper Tus Cartas - Ivana
24. Calor - Conchita Velasco




Particlesからは、世界各地のサイケポップを集めた"Cornflake Zoo"の第11弾と、英国マイナー・ポストサイケコンピ"Mixed Minds"の第13弾がリリースされます。レア英国ビートコンピ"Beatfreak!"の第8弾はすでに発売中。

Cornflake Zoo Episode 11: the
Various Artists
Cornflake Zoo Episode 11: the Original Psychedelic Dream

1. THE DIFFERENCE - Outside (1968)
2. THE SHAKERS - Tracks Remain (1967)
3. THE PUSSYCATS - Death Is Coming (1967)
4. THE LEAGUE 66 - Tomorrow's Void (1968)
5. ANDERS NELSON - Black Ode To Jill (Where's Jack?) (1968)
6. G-BROS - She (1968)
7. THE MEGAS - Leicester University Sound (1968)
8. THE RIVETS - Make Up My Mind (1967)
9. THE TONY HENDRIK FIVE - I've Said My Say (1968)
10. THE VIPERS - Sold To The Highest Bidder (1968)
11. THE RAITS - Sunday Morning (1967)
12. THE BATS - Money Ain't Worth A Dang (1968)
13. CHEERS - Love Me Two Times (1968)
14. EXPLODING MUSHROOM - There Will Come A Day (1966)
15. STEAMPACKET - Bluebird (1968)
16. THE CLARKS - Spanish Fly (1968)
17. THE PUSSYCATS - Vanja-Maria (1967)
18. THE REGINES - Prologue To A Magic World (1968)
19. ROEKS FAMILY - In My Mind (1969)
20. TOXIC - Waiter (1970)


Mixed Up Minds Part 13: Obscur
Various Artists
Mixed Up Minds Part 13: Obscure Rock & Pop from the British Isles 1969-73

1. CHEEP BOOTS - Come And Stay With Me (1970)
2. TANGERINE PEEL - Wish You Could Be With Me (1969)
3. WHITE PLAINS - Dad You Saved The World (1972)
4. JIGSAW - Sitting On A Bomb (1972)
5. P. C. KENT - After Dark (1970)
6. MURRAY HEAD - Miss Illusion (1972)
7. SADIES EXPRESSION - Annie Wagon (1970)
8. HONEYBUS - Cross Channel Ferry (1973)
9. RED PEPPER - I See A Land (1973)
10. THE LONDON BOYS - All My Life (1971)
11. FESTIVAL - Today (1972)
12. PETE ATKIN - Girl On The Train (1970)
13. ELLIOT MANSIONS - Shades And Shadows (1971)
14. JIGSAW - No Questions Asked (1971)
15. CHARLES BRUTUS McCLAY - The Scent Of Pine (1970)
16. MURRAY HEAD - Nigel, Nigel (1972)
17. BARRY RYAN - Feeling Unwell (1969)
18. ZAKATEK - I Gotcha Now (1973)
19. THE WORLD - Not The First Time (1970)
20. JO ANN and NUMBER ONE - I Wish I Could Communicate (1972)


Beat!Freak! Vol 8: Rare & Obsc
Various Artists
Beat!Freak! Vol 8: Rare & Obscure British Beat 1964-68

1. TONY RITCHIE - Could You Really Live Without Her (1968)
2. NEIL CHRISTIAN - Yakity Yak (1968)
3. DAVE ANTONY'S MOODS - Give It A Chance (1966)
4. GATES OF EDEN - In Your Love (1967)
5. THE CIRCLES - Don't You Love Me No More (1966)
6. THE ECHOES - Thanks A Lot (1966)
7. TONY JACKSON GROUP - Walk, Walk, Walk (1966)
8. THE IMAGE - I Can't Stop Myself (1966)
9. THE MOCKINGBIRDS - How To Find A Lover (1966)
10. SWINGING BLUE JEANS - What Can I Do Today (1966)
11. DEK & JERRY - Don't Waste Your Time (1966)
12. BROTHERS WILLIAM - Honey Love (1965)
13. THE ROLL MOVEMENT - I'm Out On My Own (1967)
14. THE KAVERN FOUR - I Want To Dance (1964)
15. THE RANGLERS - Step Down (1968)
16. THE KREW - Somebody Stole My Girl (1966)
17. BRASS TACKS - Let The Sunshine In (1968)
18. THE KAVERN FOUR - So Glad (1964)
19. JASON DEANE - Don't Ever Want To See You No More (1966)
20. THE ENDEVERS - Taking Care Of Myself (1968)

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。