プロパンガス

プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう

8月の雇用統計。

 

表面的には失業率が3.458%から3.650%に上がってしまったように見えるけど、これはまったく気にする必要はない。

 

いったん労働市場から退出していたけど戻って来た、という人が61.4万人もいて、そのうちの34.4万人がまだ仕事を見つけられていないから、一時的に失業率が上がっただけ。

 

この影響(労働参加率の上昇)分を排除して計算すると、失業率は3.251%になる。

 

まだまだ人手不足は続く。

 

7月の62.103%から62.360%に上昇した8月の労働参加率、コロナ前の2020年2月の63.392%と比べればまだ1%ポイント以上も低く、まだ上がる余地がある、つまり人手不足は解消の余地がありそうだけど、実際にはもうほぼパツパツ。

 

というのも、25-54歳のGolden Ageに限ってみてみると、2020年1月(サブプライムショック以降のピーク)の 83.055%に対して今回はもうすでに82.849%で、ほとんど上昇余地はない。

 

人数にして、わずか26.2万人。

 

これを食い尽くすと、あとは引退した高齢者に戻ってきてもらうぐらいしか、余力はない。(移民をガンガン受け入れるというのは政治的にも社会情勢的にも厳しい)

 

ま、まだまだ強すぎて困る雇用統計は、当分続きそう。

今日発表の日本・第2四半期のGDPは、4兆2,516億ドル。(換算レートは期中の高値・安値の平均=129.375)

 

まあ、それについてはこないだ書いたので。

 

これ、円建てだと報道されてるとおり、実質で、前期比年率2.167%のプラス。

 

名目だと、同1.118%でしかない。

 

それでも実質で2%台の数字が出たのは、GDPデフレーターが前期の100.9から100.6、つまりマイナスになったから。

 

GDPデフレーターがこのインフレ下でマイナスになるのは直感に合わないかもしれないけど、実際にそうなんだからしょうがない。(GDPのマイナス項目である輸入のデフレーターが41.558%も上がってるので、これが全体のデフレーターの押し下げ要因になる)

 

肌感覚で言うと、名目でプラス1%、GDPデフレーターでなくCPIで補正して、実質はざっくりマイナス1%、そんなとこだよね。

 

もういっかい要約すると、そこそこのGDPが出たのは、輸入物価が上がってる分を小売価格に転嫁できていないから。

 

そういう理解、だいじだと思う。

 

 

 

週明け、日本の第2四半期のGDPが出る。

 

ざっくり、4兆2千億ドルぐらい。

 

20年ぶりぐらいの、ひっでえ数字。

 

その間に、アメリカは2倍以上、コリアは3倍以上になってるのにね。

 

赤が伸びてないことばかりが問題視されてるけど、青がズタボロであること、もっと気にしていいと思うよ。

 

感情的になってはいけないと思い、しばらく温めてたけど、やっぱりダメだと思うので、書く。

 

もちろんぼくも、他の全視聴者同様、マクファーだけはない、他の誰でもいいけどマクファーだけはない、と思ってる。

 

だけど、今回のバチェロレッテがダメなのは、そのせいじゃあない。

 

なんでマクファーが選ばれたか。

 

バチェロレッテだけがマクファーを人間として、男性として、素敵だと思ったか。

 

そんなことはありえない。

 

バチェロレッテがマクファーを選んだのは、ずばり、顔が好きだから。

 

いや、いいんだよ。

 

良し悪しはともかく、人はかなり、顔で異性を好きになる。

 

必ずしも美男美女という意味ではなく、好きな顔というのが、どうしてもある。

 

顔が好きと思う二人が付き合ったり、結婚したり、それでうまくいってる例も無数にある。

 

バチェロレッテは、たまたまマクファーの顔が好きだった。

 

ファーストローズを渡したことからも、それはわかる。

 

それだけのこと。

 

なので、これが一般の恋愛だったら、何の問題もない。

 

ただし。

 

これ、バチェロレッテだよ。

 

バチェラーもそうだけど、それじゃ番組のコンセプト、完全に崩れちゃうじゃん。

 

一緒に旅して、二人の時間(集団の時間も含む)を過ごすことで、少しずつ相手のことを理解して、理想の相手を選ぶ。

 

その過程を、本人たちも視聴者も楽しむもの。

 

それをさ。

 

顔が好きだからこの人、なんてやっちゃったら、成り立たないじゃん。

 

ぶち壊しだよ。

 

だからダメだっつうの。

 

長谷川さんの顔も、きっと好きだったんだろうね。

 

あそこでヒゲ剃ってなかったら、ひょっとしたらひょっとしてたのかもなあ。

いい感じにばらけたね。

 

愛工大名電vs星稜、ぐらいかな。

 

以下、ベスト8の予想。

 

鹿児島実業

明徳義塾

下関国際

智辯和歌山

星稜

天理

横浜

大阪桐蔭

 

それにしても、優勝の予想は難しいね。

 

大阪桐蔭が頭10個ぐらい抜けてて。

 

その大阪桐蔭に勝てる可能性があるとしたら、智辯和歌山だけで。

 

じゃあ、もし大阪桐蔭がいなければきっと優勝するだろうっていうような強さは、智辯和歌山にはなくて。

 

楽しいね。

ペロシの件。


何か書かないといけないと思いつつ、ぶっちゃけ全然わからないまま、時間切れだから、無意味なことを若干。


ペロシの台湾訪問で、北京がどう動くか。


そんなことは、100%読みきった上で、ペロシは行くわけで。


敵がどう出るかわからんまま行くとか、そんなことはありえない。


じゃ、どう出るのか。


何もせん、は、ありえないし。


かと言って、アメリカが本気で怒ることをするのも、ありえないし。


アメリカが怒ったフリをしながら対応できて、で実はちゃんと儲かってて。


とすると、何だろう。


尖閣、とかいうのも、ちょっと筋違いすぎるしね。


とすると。


実害がない程度に、台湾近海にミサイルでもブチ込んで。


同時にサイバー攻撃しかけて、米台日軍を一時的にせよ無力化して。


アメリカをビビらせるとともに、アメリカが同盟国にサイバー兵器を売りやすいようにしてやる。


こんなことぐらいかなあ。

リセッションの定義は、2四半期連続で実質GDPがマイナスになること。


バイデン大統領は、リセッションではないと主張し、リセッションの定義を変える男として話題になってるけど、少なくとも、アメリカはテクニカル・リセッション入りしたと言える。


か、どうか、わからない。


本当に、アメリカはリセッション入りしていないかもしれない。


アメリカの2022Q2の実質GDPは、19兆6,817億ドル。


これは、2022Q1の19兆7,279億ドルから年率で0.9%のマイナス。


2021Q4から2022Q1にかけても1.6%のマイナスだったから、2四半期連続のマイナスでリセッションということになっている。


ただし。


この実質GDP、つまり2012年時点のドルの価値に引き直して算出した数字がクセモノ。


この計算をする前の名目GDPで見ると、2022Q2の24兆8,518億ドルは、2022Q1の24兆3,867億ドルから年率7.6%、表面的には増えている。


名目GDPを実質GDPに換算するのがGDPデフレータで、2022Q2は1.26269、2022Q1は1.23615が採用された。


これは、Q1からQ2にかけて年率8.6%、物価が上がったということを前提にしている。


この数字こそが、ぼくが信頼できるのかどうか、よくわからない。


ほんとに8.6%も上がってるのかということと、インフレターゲットの4倍以上も物価が上がっている時にGDPデフレータという数字が有効なのか、ということ。


たとえば、コアCPIは、Q1からQ2で年率6.5%上がってるけど、もしGDPデフレータの上昇率もそれと同じだとすると、2022Q2の実質GDPは19兆7,838億ドルで、前期比年率1.1%のプラスということになる。


同様にコアPCEデフレータで計算すると、同19兆9,678億ドルで、4.9%の成長だ。


この計算はただのアタマの体操であって、実はきっと2022Q2がプラス成長だったはず、だなんて言うつもりはない。


ただ、GDPデフレータの扱い如何でプラスにもマイナスにも振れる程度の数字なので、来月以降の改定値ではプラスが出てくる可能性もある。


あんまりリセッションだ!って騒ぎ過ぎないほうがいいのかもしれない。

日本の賃金は30年上がっていない、って、大騒ぎ。


いや、むしろ、なんで上がると思うんだろう?


日本の賃金、特に東京や首都圏近郊、大阪や名古屋あたりの賃金って、今でも高いよ。


高過ぎるくらい。


マニラやムンバイよりも高いし、クアラルンプールやバンコクよりも高いし、(購買力平価とかバカ丸出しの基準を持ち出さなければ)なんと上海やソウルよりも高い。


提供できる労働の価値は、それら地域の人たちより何も優れてないし、いや、圧倒的に負けてるし。


英語も北京語もしゃべれないで、どうして人並みの賃金もらえるんだよ。


上がるわけないじゃん。


世界的に格差が縮小していく。


いいことだ。

ぶっちゃけ、NFTでデジタルアートを、とか言われても、ピンと来ない。


NFTはともかく、アートがまったく理解できないんだから、しょうがない。


ただ、こういうの見せられると、ひょっとしてそういうことなの?って気にはなる。


https://twitter.com/tyomateee/status/1551829042558795776?t=bGJB2ptRwThbognedLmYmw&s=09


いや、まったく解釈間違えてるかもしれないけど。




動機がどんなものであれ、国政選挙の応援演説中に一人の政治家が凶弾に倒れたという目も背けたくる現実に、驚き、憤り、深く悲しんだ。


しかもその犠牲者が、長らくこの国の首相を務めた人とあって、感情はより複雑になった。


合えて誤解を怖れずに言えば、名前も聞いたことのないような地方の政治家が撃たれたということであれば、ここまでの気持ちにはならなかったことだろう。


ただ。


それが安倍さんだったから殊更に悲しかったかというと、必ずしもそうではない。


名前を勝手に挙げて申し訳ないが、それが菅義偉さんであったとしても麻生太郎さんだったとしても、あるいは極論、鳩山由紀夫さんだったとしても、そこに特段の差はない。


安倍さんだから殺してはいけなくて、鳩山さんだったら殺してもいいというものではない。


安倍さんは、良くも悪くも、特別な存在ではない。


同様に、安倍さんだから国葬、っていうのは違うと思うし、アベだから国葬反対もおかしい。


みんな、もっと冷静になりなよ。