土曜日

新潟

3R9・11・14・15番

東京

1R5・8・1213

馬単790円

2R3・1112

馬単790円 3連単3740円

5R・4・5・12番

中京

1R3・5・14

馬単530円

2R5・6・10・16

5R2・6・7・16番

6R・4・

馬単1510円 3連単4940円

10R・2・3・

馬単570円

日曜日

東京

2R・8・1516

馬単640円 3連単2250円

 

本日は新潟、中京の該当レースはありませんでした。

 

当たりはマズマズも配当に恵まれませんでした。今週は高配当を期待して購入し続けたいと思います。

マイルスタイルが暴走気味に逃げるレースとなり、他の馬は翻弄されないようにじっくり待機という競馬となりました。いくら何でも残り目のない逃げに出たマイスタイルは次走以降、抑えがきいた逃げが打てるかが心配になるくらいの走り。やはりこの馬は田中勝春騎手が似合います。

そんな中で直線は激しいたたき合いとなり、仕掛けどころが明暗を分けました。テン乗りとなった鮫島克騎手騎乗のサンレイポケットが重賞初制覇。昨年の毎日王冠の好走がフロックではなかったことを見せつけました。夏にもっと力を付けて秋にはスターホースとの対決を見せて欲しいものです。

 2着にはクビ差で1番人気のポタジェ。間違いなくボッケリーニマークの競馬をしており、早めに動いた分末が甘くなり惜敗。それでも重賞で好走できる力はついてきました。人気先行の馬ですが、今後も成長を続け、早めに重賞制覇をして欲しいと思います。

 3着もクビ差。サトノソルタスはまたあと一歩で重賞に届きませんでしたが、レースぶりが良くなってきました。6歳でも使い減りしていないだけに、今後も注意したい馬です。

 所長◎のボッケリーニは少し仕掛けが早かった印象。もう一段ギアを上げられるようになれば、そこを見せていないだけに強めの相手でも崩れはなさそうです。

 

ときめきが続く、お花の定期便bloomee(ブルーミー)

Oisix(オイシックス)食材宅配おためしセット

ダービーの切符をかけた戦いは、人気馬3頭の見応えのありレースとなりました。1番人気の素質馬ルペルカーリアがハナを切っての自力勝負に出ると、同きゅう舎のもう一頭の素質馬レッドジェネシスは少し離れてペースに乗った走りを見せる。もう1頭のマカオンドールはその後ろで、レッドジェネシスの動き出すのをじっくり待つという、真の力比べ、他の馬には申し訳ありませんが、この3頭が今回は力上位でした。一歩先に仕掛けたレッドジェネシスが僚馬のルペルカーリアをかわいがりながらもしっかり抜け出して優勝。これでダービー出走権は獲得しました。馬体は成長していますが、デビューから少しここまで使いすぎている感は否めません。それでも馬主の夢であるダービーには馬の状態が良ければ使って欲しいと思います。

 2着にはルペルカーリアが残りました。この馬も素質馬で、今後は必ず走ってくる馬ですが、春のクラシックには縁がなかったのかも。ここはじっくりリフレッシュに当てて成長を即して欲しいところです。

 3着のマカオンドールは着実に自力強化して臨んできましたが、現時点ではこれが精いっぱいといったレースでした。高速馬場は疑問ですが、パワー型の馬場になれば浮上してきそうな馬です。

 

ときめきが続く、お花の定期便bloomee(ブルーミー)

ABEMAプレミアム

昼間開催ですが、南関東ファンの方はうまく馬券にご活用ください。

 

10R2・3・5・8・11番

11R3・5・6・10番

12R1・4・5・7・9・10・12番

 

 

ときめきが続く、お花の定期便bloomee(ブルーミー)

ABEMAプレミアム

東京

2R7・8・15・16番

 

本日は新潟、中京の該当レースはありません。

 

 

ときめきが続く、お花の定期便bloomee(ブルーミー)

ABEMAプレミアム

2020年農林水産省賞典 愛知杯(GⅢ)などに優勝したデンコウアンジュ(牝8歳 栗東・荒川 義之厩舎)は、5月7日(金曜)付けで競走馬登録を抹消しましたのでお知らせいたします。
なお、同馬は北海道浦河郡浦河町の三嶋牧場で繁殖馬となる予定です。

 

ギリギリ今年の種付けに間に合うかどうかですが、個性派の仔の誕生を期待しております。

お疲れ様でした。

 

成績

JRA通算成績 39戦4勝

JRA獲得賞金 225,090,000円(付加賞含む)

 

重賞勝鞍

2015年 アルテミスステークス(GⅢ)

2019年 福島牝馬ステークス(GⅢ)

2020年 農林水産省賞典 愛知杯(GⅢ)