公認会計士 野田弘子の会計と経営の話し

公認会計士 野田弘子の会計と経営の話し

ご訪問ありがとうございます。

会計を知らずして経営はできません。
会計は経営のツールです。

会計に携わっている経理部の方にはもっと経営に携わってほしい
経営者には会計を使いこなしてほしい

そんな思いで日々活動しています。

朝ドラ 舞いあがれ・・・パイロットになりたい女性の話なのね、ふ~ん、ということで

ほぼ時計代わりにしていました。が、町工場の経営者だった父親の突然死で母が社長に、ヒロインもパイロットをあきらめて“ねじ”の営業にという展開。ここのところ真剣に見てます。

 

もう6~7年前ですが、岡山県津山市(ウエストランドの出身地)で女性向けや経営者向けの研修を実施しました。もちろん、会社員として働いていらっしゃる前向きで真摯な女性にもたくさん来ていただきました。また、経営者や経営者である夫なる方を支えている女性の皆さんたちもご参加くださいました・・・思い出すなあ。

 

Aさん

お父様の金属加工の会社を継ぎ、結婚相手に社長になってもらい、二人で会社を切り回していらっしゃいます。”リーマンショックの時はどうして切り抜けられたのか記憶がないぐらい“とおっしゃってました。いつもどうしたら従業員が気持ちよく働けるか、アイディアいっぱい、実行力いっぱいの方です。

 

Bさん

“気楽な主婦になられ~って仲人さんにだまされた!”とおっしゃるBさん。ご夫婦で家業を切り回し、さらに新業態への転換、気が付いたら夫は会長、自分が社長で先頭に立って会社を切り回していらっしゃいました。一昨年メールが来て“無事にM&A,会社は売りました!”とのこと、あっぱれ!

 

Cさん

経理など会社の事務は一手に引き受けて夫の会社を支えていらっしゃいます。別の研修で会社名と名字が一緒の若い女性がいらしたので、“ひょっとして娘さんですか?”とお聞きしたら、”嫁です。私も会社を支えていきたいと思い、姑と同じ考えでやってきたいので先生の研修を受講することにしました“とのこと。講師としては涙が出るほどうれしかった。

 

Dさん

まだまだお若いのに名刺に社長とあり、“社長だった主人が突然亡くなり、創業者の舅も亡くなり、私が継ぐことになりました”とのこと。周りにベテランの方々がいる会社とのことでしたが、どうされているかしら・・・またお会いできたらと思うばかり。

 

日本の産業はこういう中小企業に支えられているのだと改めて思います。

舞いあがれ、今週のダイジェストは心ならずも号泣してしまいました。

 

 

ダイバーシティの研修では、企業におけるその必要性の理由は2つと申し上げています。

 

一つは

不祥事から会社を守ること・・・新しい人材の新鮮な質問に答えられますか?

(なんで数字を変えるんですか?とか なんで業務記述書通りに作業しないんですか?とか・・・そういう本質的な質問にきちんと答えられるかどうかがあなたの会社を不祥事から救う)

 

もう一つは

イノベーションを起こすため・・・今までと同じメンバー(今までの伝統的な日本企業でいうと男性、日本人、同じ会社に30年)で新しいものが生み出せますか?

 

この2つです。

 

こちらの書籍、まさにその通り!という内容です。

実は、CIAには同時多発テロに関する重要な情報が寄せられていたのに、なぜ無視したのか?・・・

ぜひ、お読みいただきたいです。

 

 

とある勉強会で 米欧回覧実記を読むことになりました。

 

これは明治四年に岩倉具視を団長に、伊藤博文やら、大久保利通やら、木戸孝允やら、明治政府の中心人物が2年にわたって欧米諸国を視察した記録です。

 

政府の重責にあるほぼ全員が2年間日本を留守にする!というすごい決断で、残ったのは大隈重信、西郷隆盛等々。ちなみに ”自分らがいない間に勝手なことをするな”という誓約書にサインさせたそうですが、その間に暦も変えるし、学制や徴兵制度もこの間に決まったらしい。

 

それにしても驚くべきことはみんな若い。最年長の岩倉具視が47歳、伊藤博文に至っては31歳。

 

改めて若い力による明治維新だったことを思います・・・