私は子どもの頃、「一休さん」というアニメをテレビで見ていた。

とんち小坊主の一休さんは、将軍さま(室町幕府三代将軍  足利義満)をもギャフンと言わせるほどであったが、その一休さんにも苦手なものがあった。

「どちて坊や」である。

どちて坊やは、一休さんに、わからない事があると、その都度、

「どちてですか?」
「どちてこうなるんですか?」
「ねぇ、どちて?どちて?」と一休さんを質問攻めにする。

流石の一休さんも、どちて坊やには敵わなかった。

さて、家庭教師をしていると、質問をする生徒さんと質問しない生徒さんに分かれる。

質問をする生徒さんは、疑問があれば何でも聞いてくる。

学校や塾と違い、家庭教師はマンツーマンで、いつでも、何でも質問が出来る。

私は中学生の時、少人数の塾に通っていたが、周りの友人達に「こんなのもわからないの?」と思われるのが嫌だった。

なので、わかったふりをして、あまり質問出来なかった…。

でも今思えば、もっと沢山質問しておけばよかったと思っている。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という、ことわざもある。

家庭教師を困らせるような質問を生徒さんには沢山してほしい。

令和の時代に、「どちて坊や」が現れるのを私は期待している。


先程、明秀学園日立(特進S)に合格したとのご連絡をいただきました。
 
合格おめでとうございます!
 
ご報告が遅くなりましたが、先々週には、磐城第一高(特進)、東日本国際大学附属昌平高(特進と一般)にそれぞれ合格しました。
 
また、先々週、福島県立ふたば未来学園中学には、2年連続で合格者を輩出しました。
 
これから2月、3月と入試が続きます。
 
体調管理をしっかり行い、全力で生徒さんをサポートしたいと思います。

今日の夕方、授業に行く前、昨日、高専推薦が残念な結果だった生徒さんから連絡があり、電話で少し話ました。

 

すると元気な声で、「先生、2月の高専学力選抜、頑張りますから。一緒に頑張りましょう。」と。

 

弱気になっていた私が逆に励まされました。

 

高専推薦は残念な結果ではありましたが、子供から教わることは本当に多いです。

 

30年家庭教師をしていても、私はまだまだです・・・。

 

また、いつも私のブログを読んでくださっているフォロワー様からメッセージを頂き、今日から前向きな気持ちにもなれました。

 

本当にありがとうございました。

 

2月の高専学力選抜に向け、生徒さんのために全力を尽くします。

 

結果を受け入れ、未来を変えたいと思います!

 

本日、福島高専の推薦入試の合格発表が行われましたが、親御さんから連絡があり、残念な結果となってしまいました。

倍率が高かったからとか、難易度が高かったからとか、一切言い訳はしたくありません。

本当に申し訳ありませんでした。

家庭教師をして30年ですが、結果が出なかった時がとてもつらいですし、とても悲しいですし、とても苦しいです。

今、生徒さんには、本当に申し訳ない気持ちです。

お役に立てず本当に申し訳ありませんでした。

本当につらいです。
試験が続き、毎日が戦いです。

今日は、高校3年生の生徒さんが、センター試験に臨んでいます。

来年度から共通テストになりますので、今年度が最後のセンター試験になります。

1日目は、国語や外国語など、明日2日目は、数学などがあります。

今夜、高校3年生の授業があり、明日の数学対策をセンター試験過去問研究を使って行います。

また、今日、福島高専の推薦入試もあり、中学3年生の生徒さんが挑戦しています。

厳しい戦いが、まだまだ続きます。

体調管理に気を付けて頑張ります!





あけましておめでとうございます。


本年も宜しくお願い致します。


今年は家庭教師をはじめてから30年目の節目の年です。


おかげさまで30年、家庭教師を続けることが出来ました。


ひと言で、この30年を振り返ることは出来ませんが、これまで350名を超える生徒さん、ご家庭の皆様に支えられてここまで来ることが出来ました。


本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


新年早々、来週には、中学3年生の学力テスト、私立高校入試、県立中学入試もあり、今日、元日だけお休みし、明日、1月2日から授業を再開します。


一日、一日を大切に、一日を一生と考え、悔いのないよう「一日一生」の気持ちで指導していきます。


家庭教師は「夢を形にする仕事」であると私は思います。


今年も、生徒さん、ご家庭の皆様と喜びを分かち合えるよう精一杯頑張っていきます。


どうぞ宜しくお願い申し上げます。





早いもので今年も残すところあと僅かとなりました。


いわき市内の小中学校は、今日から冬休みに入りました。

 

毎年のこととはいえ、受験生中心に冬休み集中補習授業を行い、多忙な日々が始まりました。

 

年内は、大晦日の31日まで授業が入っておりまして、気が抜けない日々が続きます。

 

1月1日の元日だけは、毎年、お休みを取らせていただいておりますが、1月2日からノンストップで突き進みます。


授業に専念するため、皆様のブログにご訪問出来ない日も多いかと思いますが、どうかご容赦ください。


少し早いのですが、今年1年ありがとうございました。

 

来年も宜しくお願い致します。

 

年末に向けて、ますます寒さも厳しくなりますが、


皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。


 

昨日、12月17日、東日本国際大学附属昌平高等学校普通科体育コースの推薦合格発表があり、生徒さんが無事合格しました。

 
今年度の合格第1号であり、令和になって最初の合格者になりました。
 
おめでとうございます!
 
試験は、実技、作文、面接で行われましたが、生徒さんは緊張のあまり、作文を書いている時、手に汗をかいて、原稿用紙が破れてしまったそうです。
 
「手に汗握る」とは、まさにこの事です。
 
でも、そのくらい真剣に試験と向き合って、本当によく頑張りました!
 
将来は、スポーツトレーナーを目指すとのこと。
 
頑張ってほしいです!
 
高校に入学するまでは、気を緩めず、しっかり勉強の基礎をつけていこうと生徒さんには話しました。
 
今年度も幸先の良いスタートが切れました!
 
 

来年度、2020年4月以降のご予約を開始致しました。

志望校合格、成績向上を目指すのであれば早めの準備が必要です。

私は29年間、いわき地区を中心に家庭教師をしております。

長くやれば良いというものでもありませんが、29年の経験を生かした授業を行ってきました。

これまでの志望校合格実績でも圧倒的な強さがあります。

私のこれまで指導した生徒さんは、自分が進みたい高校に入っています。

行ける高校ではなく、行きたい高校へです。

地域トップ校を目指す生徒さんもいれば、工業高校で自分の将来やりたいものを目指す生徒さんもいますし、商業高校で将来即戦力になることを目指す生徒さんもおります。

人それぞれ目指すものが違いますから。

ですので、私は他の塾や家庭教師のように

「地域トップ校に何人合格したか」を基準にしておりません。

自分の進みたい、自分の入りたい高校にどれだけ合格したかだと思っています。

家庭教師の基本はマンツーマンで、わかりやすく、わかるまで教えることだと思います。

生徒さんによっては基礎の基礎から教えることもあります。

ですので、地域トップ校を目指す生徒さんにも、工業高校や商業高校を目指す生徒さんにも、
どの生徒さんにも、分け隔てなく平等に教えてきました。

正直、人それぞれ理解力が違いますし、苦手教科も違いますから。

とにかく、生徒さんひとりひとりに、わかりやすい授業をこれからもおこなっていきます。

生徒さんが入りたい高校、進みたい高校へ全員合格(みんな合格)を目指します。

 

入会金、教材販売、管理費、電話勧誘、解約金、年会費、月会費など無駄なものは一切ありません。

 

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

受験に関するご質問、授業料についてのお問い合わせ、不登校に関するご相談、学習障害に関するご相談、その他、教育に関することであれば何なりとご質問、お問い合わせ・ご相談いただければと思います。

 

もちろん、お問い合わせ・ご相談はすべて無料です。

 

 

 お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらまで

                ⬇︎       ⬇︎
     ☎︎ (0246) 81-9532
 
 
    メールでのお問い合わせ・ご相談はこちらまで(24時間対応
              ⬇︎      ⬇︎

 

 

大相撲の最高格である立行司は、短刀を差している。


これは、軍配を差し違えてしまった場合は切腹するという覚悟を示したものとする説がある。


私も家庭教師として、この大事な時期に体調を崩して生徒さんに迷惑をかけるようなことがあれば大袈裟と思うかもしれないが切腹ものだと思っている。


そのくらいの覚悟でこの終盤戦に臨んでいる。


覚悟と責任を持たなければ家庭教師など務まらない。


今日から12月。


覚悟と責任を持って授業に臨みたい。