今年第一弾の新商品 | たか坊のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。

歳が明けて、もう1カ月が過ぎてしまうんですねショック!

うかうかしていると、あっと言う間に年末になっている気がするガーン


と言う訳で、ゆっくりしている場合ではないので新商品の発売予告ですニコニコ


まずは、この商品の効用....と言うか、こんな方に最適ですニコニコ


・水性バインダーをお使いで、版の目詰まりにお悩みのあなた
・使用後の版に残る「ゴースト」にお悩みのあなた
・多色刷りの際の、中間乾燥時間を少なくしたいあなた
・落としづらい金銀メタリック及びグリッター印刷でお悩みのあなた



この商品は水性バインダー・プラスチゾルインク・溶剤型インクでお使い頂けますニコニコ


まず、

本来、インクの目詰まりは、

スクリーンのテンションの調節でほとんど解決できる問題だったりしますが、

張ってくれている業者に頼んでも、これ以上強くしてくれないガーンとか
某~くんを使っているので、どうしょうもできないガーンとか
「だからプラスチゾルインクにしましょうよぉ」とか勧められても嫌だガーンとか(とは言っても、テンションが低いと、プラスチゾルの方が厄介な問題が生じます)

色々な理由がお有りかと思いますので、まずこの商品を刷版の印刷面(被印刷物と接する面)にウエスかなんかで塗布して乾燥して下さい。

また、

「ウェットオンウェットで印刷できるって言うからこの(プラスチゾルインク)を買ったのにぃ。2版目以降に裏写りするぢゃん!」とお嘆きの場合

「インクの透過性が素晴らしいんだけど、この感光乳剤って、やけにバカ高いんだよねぇ。だからあんまり金銀は印刷したくないよぉ」とお悩みの場合なども利用価値が高いのですガーン


弊社には毎度色々な方々からお悩み相談を頂いているので、お客様の事情をお察しすると、単に「もっとスクリーンのテンションをあげて下さい」と言い続けるだけではいけないと思っておりました。

特にベタの多い印刷をすると、水性・プラスチゾルインクに関わらず、版を持ち上げる際に、シャツと版が(透過しきれていないインクの粘着力で)くっついているので、ジワジワ剥がすガーン事がお有りの場合、この商品は効きますニコニコ
ちなみに、ジワジワ剥がすと言う事は、その以前の問題ですが、落ちているインクの量は理想よりは少ないです。

と言う訳で、近日中に弊社ホームページ及び、ショッピングカートにて発売致しますニコニコ

商品名は「PS Liqid」に決定いたしましたニコニコ


スタンスのホームページ

Web-Stance(ショッピング)のページ