たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
本日は札幌市内のとあるお客様のご要望によりニコニコ
と言うより、やっとかなきゃいけない事を成し遂げに、某企業を訪問して、弊社製品を試験して参りました。

たか坊のブログ-STAN-FILM

シルクスクリーン印刷製版用のポジを作成する材料「STAN-FILM 」でございますニコニコ

これを使って頂く事で、水性インクジェットプリンターでポジを作る事ができる訳なのですが、コンシューマー市場でのインクジェットプリンターでは、EPSONのEP-4004位しかありません。
おまけに、ロール紙は使えないので、いちいち裁断して手差しでプリントして頂く事になります。

と言う訳で、某EPSONさんにお邪魔して、

MAXARTの6550で出力可能か?出力したものがシルクスクリーン版のポジとしての濃度を保てるかどうかを試験させて頂きましたニコニコロール紙も使えるし。


結論ビックリマーク




OK!!ですニコニコ

但し、御注意頂きたい点が数か所ガーン


1.ブラックインクは「マットブラック」をご使用下さい。

 フォトブラックだと濃度が落ちますガーンもともと、フォトブラックはグレーを上手く出力する為のインクらしいので。


2.プリンターが自動的に用紙をカットして下さるのでガーンすが、余白が120mm程余計にかかります

 ですので、ポジは、できうる限り纏めて出力しましょう。いちいち切っていると、10回で1M20cm以上を無駄にしてしまいますガーン
 これについては、マニュアルで上手く切断できないかどうか、EPSONの親切なS様が調べてくれる・・・・・てはずだったと思いますガーン(Sさん。これ読んだら、調べて下さいねガーン

3.PX-6550は8色インク機ですので、ポジの出力のみに使うのでしたら7色無駄ですガーン

4.あ・・・それと、手差し機能がありませんガーン

 PET状のフィルム用紙は用紙トレーに入れては使えないとの事ですので、左右の余白は部分は無駄になってしまいます。別途EP-4004などでお使い下さいガーン


と、言う訳で、STAN-FILMはS様にお預けして、東京にあるPX-6250Sで出力して頂く事にしました。
こちらは4色なので、無駄になっても3色ですガーン


ポジの濃度は、露光機の能力によっても微妙に違ってきますので、一般的に「大丈夫」な濃度を保っているという事でご理解頂ければと思います。詳しくは、電話やメールでご質問下さいニコニコ


という訳で、とっても親切なEPSONさんに行ってきてのご報告でした音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。