NY金⑫
1294.8ドル▼21.6ドル

NY金は急落。


米FOMC声明によってあと年1回予定されている利上げが指摘されたことで、12月の利上げの確率が70%台に大きく跳ね上がり、金利を生まない金は急落している。

2018年の利上げ3回も継続されたことで、長期的な利上げ懸念が足かせになり、欧州時間帯に入って、下げ幅を拡大していた。

目先、イランとの核合意に関する米国の動きが懸念されているものの、まだハッキリしない地政学リスクよりも、ハッキリと利上げの可能性が高まっているだけに、金は売りが優勢となっていた。

NY原油⑩
50.55ドル▼0.14ドル


NY原油は反落。

前日の米EIAの在庫統計での中間留分在庫の需要拡大が引き続き、NYヒーティングオイルの上伸につながっていた。

一方、これからの需要後退を警戒してガソリンは対照的に売られてしまった。一方、米国での原油生産の増加傾向やガソリンの需要後退から、原油在庫のさらなる積み増しが警戒され、WTIは反落しているが、ブレントはNYヒーティングオイルにリンケージしてしっかり。

なお、現在、カリブ海で発生しているハリケーン「マリア」は米国へ向かうことはないとみられている。WTI期近11月限は結果的に200日移動平均線を壁にしつつあるため、テクニカルな動きが目先は注目される。
 
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD
東京金⑧
4688円△4円

様子見打診買い方針始動

昨夜のNY金は売り買いが交錯する展開となり、一時1305ドル台までの下落も見せていたが、その後は切り返しを見せており、本日はGlovexの続伸に、東京金はプラス圏を回復する動きに。



この動きで、安値4669円が前日安値とツラ合わせになっており、終値ベースでは転換線を回復する形となっている。

ということで、FOMCのビッグイベント前となりますが、打診始動。
ただ、ネックライン割れは速やかにロスカット方針としておきます。

東京白金⑧
3424円▼20円

売り方針継続

NY白金、パラジウム共に急落しており、世界的なディーゼル車販売縮小・停止が予想以上のペースで報告されている事で、白金の自動車用触媒の需要後退も進行するとの需給バランスの悪化が懸念されている。



前日の均衡表の逆転から、一時3400円割れを見せるなど軟化していたが、その安値からは切り返しを見せており、総崩れの様相は回避している。

今夜はFOMCが控えており、こちらの結果にも注意しておきたい。

⑧3444円の売りHOLD

東京ガソリン③
51440円▼70円
買い方針継続


こちらはWTIは反落となっていたが、フロア後のGlovexが50ドルを回復する切り返しを見せた事で、東京ガソリンも戻りを見せていた。

ただ、本日はドル円が高値からジリジリと売られる形となった事から、東京ガソリンも夜間の高値からは値を消し、マイナス圏で日中取引を終えている。



さすがに11日以降の急伸に対する一服となっており、今夜のFOMCを前に利益確定も見られた模様。

そんな中で、EIA週報の発表が控えており、こちらの結果には注意しておきたいところ。

②49400円の買いHOLD。

by ジョージ地球
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD
NY金⑫
1310.6ドル▼0.2ドル

NY金は
小幅安。

トランプ米大統領の国連総会での演説に反応薄となるなか、FOMCを控えてドル高が一服したことを受けて下げ一服となった。

2週間振りの安値を示現する場面もあったが、株式市場の強調地合いとNY白金・パラジウムの値崩れが足かせに。

特にここ最近、戻りをみせていたパラジウムが急落し、実勢悪から続落していた白金の下げを助長し、白金は950ドル割れをみせることに。

世界的にディーゼル車の販売縮小・停止が予想以上のペースで報告される中、白金の自動車用触媒の需要後退も予想以上に進行するとみられていた。

NY原油⑩
49.48ドル▼0.43ドル


NY原油は反落。

サウジに次ぐOPEC第2の生産国であるイラクの石油相が来年3月に期限を迎える減産後の方針が11月のOPEC総会で協議されることを指摘。

市場では思惑買いを誘うキッカケに。今週末に監視委員会も予定されているが、通常の開催だけに、目新しい内容は期待薄。

新規の支援材料不足から、利食い売りに反落することに。
堅調に推移していたNY石油製品が、小売価格の上昇の影響で、需要減も連想され、原油在庫の取り崩しになかなかつながらないとの観測も出て、原油安、石油製品安につながっていた。

市場が期待しているほど、製油所の稼働率が伸びていないことも警戒されていた。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
AD
東京金⑧
4684円▼26円

様子見

昨夜のNY金は大幅続落となっており、東京金は円安進行も支援材料にはならず。

夜間取引の高値では、一時4721円まで上伸していたが、その後はドル高を背景にNY金が急落すると、東京金はジリジリと売りが優勢の展開となった。

この動きで、足元で維持してきた切り上げる転換線を割り込む形となっており、チャートはここしばらくの堅調ムードに待ったをかける形となっている。

目先は、今夜から始まる米FOMCが焦点となり、現状12月利上げが約56%との織り込み度に変化が出るか否かで、方向感を探りたいところ。

東京白金⑧
3444円▼41円

様子見売り方針始動

NY白金も大幅続落となり、東京白金は一段安に沈む展開に。

この動きで、ここ数日のもみ合いをきれいに下抜けする形となっており、それと同時に大陰線が出現ししている。

足元では、多少の自律反発が3460円レベル辺りまで織り込まれるが、すでに均衡表では売りを示唆する形となっている事から、ここは打診的に売り方針始動としてみる。

東京ガソリン③
51510円△370円
買い方針継続


こちらもWTIは小幅高ながらも、本日は株高・円安の動きを背景に、東京ガソリンは一段高の展開に。

この動きで、東京ガソリンは前日高値を突破する一段高となっており、買いがつながっている。

先週末に書いたように、すでにこちらは52000円台が視野に入っていると個人的には考えていますが、目先はFOMCや日銀会合も控えており、為替などの外部要因には気をつけておきたいところ。

②49400円の買いHOLD。

by ジョージ地球
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
NY金⑫
1310.8ドル▼14.4ドル

NY金は大幅続落。

前週14日に発表された強気の米CPIが引き続き売り材料に週明けもなっていた。今週19日、20日に開催される米FOMC後の声明で、年内に予定されるあと1回の利上げが言及されるとの見通しが高まっている。

さらに株価の堅調地合いも嫌気され、金市場からの資金引き揚げが加速し、1310ドルを下回る場面も。米FOMCであと1回の利上げを予定通りに実施すると指摘されれば、1300ドルを割り込むとの見方も少なくはない。

NY原油⑩
49.91ドル△0.02ドル


NY原油は反落。

期近11月限は、50.85ドルまで上伸するものの、前週後半の高値である50.88ドルを上抜けず。ブレント期近11月限も前週後半の高値である55.99ドルを上抜けず、55.95ドルで週明けの戻り一服となり、利食い売りが先行し、高値から1ドル以上、値崩れする場面も。

ただ、下押し局面では、世界的な需給バランス改善期待と、米メキシコ湾岸での製油所再開による原油在庫の取り崩し期待もあり、値ごろ買いがまた、台頭し、下げ幅を縮小している。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
さて、敬老の日の本日はこんなチャートを上昇トレンド_透bgc



いつもながら、シンプルな基本チャートに、移動平均の単線をつけたもの。

大きな流れの中で、ポイントになっていたのが確認できると思いますがサーチ

それ以上に、気になる形になっているのが…





大きいのと小さいの。

いずれも三尊天井になっていますねDASH!

そして、この移動平均線を割り込むタイミングで、いずれの三尊もネックラインをブレイクしている状態エル

その意味では、現状はトレンドフォローの絶好のタイミングに見えますね…


ということで。

お時間があれば、こいつの正体探してみてくださいサーチ

どれか1つクリックお願いします押す
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
 
商品先物ブログ村の入口ドア
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。

18日(月)
敬老の日の祝日で東京市場は休場
対米証券投資(7月)

19日(火)
独ZEW景況感指数(9月)
米住宅着工件数(8月)
国連総会の一般討論演説(トランプ米大統領初出席)

20日(水)

日本貿易統計(8月)
米中古住宅販売件数(8月)
米FOMC声明、経済予測公表、イエレンFRB議長会見


21日(木)
日銀会合結果公表、黒田日銀総裁会見
NZGDP(第2四半期)
ドラギECB総裁、講演
ECB経済報告発表

米フィラデルフィア連銀景況指数(9月)
米新規失業保険申請件数(16日までの週)

22日(金)
独・ユーロ圏製造業PMI速報値(9月)
メイ英首相、EU離脱巡り演説

ダラス連銀総裁、講演
サンフランシスコ連銀総裁、講演
カンザスシティー連銀総裁、講演


23日(土)
NZ総選挙

24日(日)
仏上院選挙
独連邦議会選挙



にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
東京金⑧
4702円△24円
様子見


昨夜のNY金は小幅反発となったが、ドル円が一時111円台を回復する円安となった事や、早朝の北朝鮮によるミサイル発射を受けて、東京金は堅調推移となっている。

この動きで一時、直近高値を上抜け4708円まで上伸しており、前日に試した転換線のサポートを確認して反発した格好。

16日午前4時に国連安保理が招集されており、各国の対応など続報に注意しておきたいところ。

東京白金⑧
3487円付近△13円
様子見


NY白金は小幅安となったが、円安の動きや本日のGlovexが急伸している事で、東京白金はしっかりとなった。

前日高値を一時上抜ける動きを見せており、現状では再び基準線が意識される形となっている。

足元では、ミニ持ち合いをやや上方に抜いた形となっているが、まずは本日の大引けに注目しておきたい。

東京ガソリン③
50970円付近△200円
買い方針継続


WTIは続伸となったが、本日はGlovexが反落しており、東京ガソリンは51450円の高値からはジリジリと上げ幅を縮小している。

先日も指摘したように、ターゲットではすでに52000円台が視野に入っているが、このまま本日が上髭残しとなるようだと、かい離した転換線へのアプローチを想定しておく必要がありそう。

それを維持できるなら、引き続き買い増しスタンスで。

②49400円の買いHOLD。

by ジョージ地球
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください

NY金⑫
1329.3ドル△1.3ドル


NY金は
反発。

NYダウの急伸やドル高進行を嫌気して、NY金は1319.5ドルまで急落する場面もみせており、市場ではすでに1360ドル台を高値にした天井を形成し、地政学リスクの後退から1300ドルを試すとの見方も一部で挙がっていた。

北朝鮮のミサイル発射の動きが伝わると、またリスク警戒の動きで戻りをみせたが、株高もあり、一進一退の値動きをみせていた。

清算値決定後にはドル安が急ピッチに進行したことで、1330ドル台での堅調な動きもみられた。

北朝鮮は週末に軍事的な挑発を行うことも多いため、売り手控えからの買い戻しもみられた。

NY原油⑩
49.89ドル△0.59ドル


NY原油は
続伸。

今週に入って相次いで発表されたOPECとIEAの月報で、世界の原油の需給バランスの改善が指摘されたことも買い安心感につながった。

前日発表された米EIAの在庫統計で、稼働率がさらに低下したことは予想外だったが、今後の稼働率の急回復が原油在庫の取り崩しにつながるとみて、WTIが大きく買い進まれ、NYガソリンが一段と下落する対照的な値動きは続いていた。

WTI50ドル台示現で、目先の達成感も一部で挙がっている模様。
NYガソリンは清算値決定にかけて安値更新をみせており、WTIやブレントは上げを一服させていた。

by ジョージ地球

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。
東京金⑧
4680円付近▼13円

様子見

昨夜のNY金は続落となったが、ドル円が急伸を見せた事で、東京金は夜間取引で4700円を示現。


ただ、その後は海外安が重石となり高値からは、じりじりと値を消すと、マイナス圏まで沈む形となっている。

足元では、前日の転換線抜けからの一服となっているが、切り上げてきた同線は4673円となっており、これを維持できるかが目先のポイントとなりそうですかね。

仮に再びブレイクしてくるようなら、一気にWトップ懸念が台頭すると予想され、ここは注意して見ておきたいところ。

東京白金⑧
3476円付近▼5円

様子見

NY白金は小幅安となっていたが、本日はGlovexが続落していることや、ドル円の下落を眺めて、東京白金はマイナス圏での動きを強いられている。

この軟化によって、前日に意識されていた基準線を割り込む形となっており、足元では3478円の20日MAも割り込む動きを見せている。

この3日ほどで、高値切り下げ・安値切り上げのミニ持ち合いとなっており、目先はこの持ち合いの抜けに注目しておきたい。

東京ガソリン③
50740円付近△620円

買い方針継続
こちらは海外高を背景に買いが優勢となっていたが、本日は昼前からの円高を受けて、ジリジリと上げ幅を縮小している。
ただ、この上昇で直近高値を一気に上抜ける陽線が出現しており、単純にターゲットを出せば、現時点で52000円超えが視野に入っている。

目先は50200円付近までの押しを維持できるなら、買い増しも検討。

②49400円の買いはHOLD。

by ジョージ地球
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
※個人の相場観です。売買は必ず御自身の判断で行ってください。