プレジー3吉 OFFICIAL BLOG

プレジー3吉 OFFICIAL BLOG

アーティスト「プレジー3吉」の活動情報などを掲載。
随時更新。

NEW !
テーマ:
新宿で健康診断を受けて、本日は一日時間があるので、久しぶりに銀玉を弾きに行こう。さ〜て、どこでひと勝負やるかな?
 



下が100以上あった血圧もすっかり健全な日常生活で正常値に。ほんと、健康が一番ですね!!日々、感謝です☆
NEW !
テーマ:
9月22日は久しぶりの群馬県前橋クールフールで歌って来ました。ご来場頂いたお客様、共演の皆さん、マスターの佐藤あつしさん、ありがとうございました。今回も良い夜を過ごさせて頂きました。
 
 


2018年9月22日(土)

前橋クールフール


 

出演:

今井美樹

アンダーソン

アライコウジ

プレジー3吉


*表記順でした。

 







今回もおなじみ、前橋に来れば必ず立ち寄るパーラーモモヤレストランでまずはリハーサル前に腹ごしらえ。今回は電車で来たので、前橋駅から歩いて16時過ぎにレストランに到着。豚汁定食ですが、豚の生姜焼きも付いて820円。美味でした。
 
 







今井美樹


アンダーソン


アライコウジ


プレジー3吉



(左からプレジー3吉、今井美樹、アンダーソン、アライコウジ)
 
 


スタートはやや押しの21時前から。遅い時間にスタートするのも、ライブバーであるクールフールならでは。

 
 
今井美樹さんの歌、綺麗で流されるよう、アンダーソンさんの歌、笑えるのにシュール。長年洗練された歌。アライコウジさん、超絶ギターと汗飛び散る熱唱。今回のクールフールは異種格闘技戦でしたね。楽しかったです(^-^)v
 

 

プレジー3吉セットリスト
1.雲のように走っているのは俺だけじゃないさ!
2.どんぐり
3.thirty-nine.
4.ただなんとなく君が好きだよ
5.ハリガネ
6.カナリアは鳴いているか
7.羽根台ロマン〜パチプロ田山幸憲氏に捧ぐ
アンコール
8.初めての晩
 

 

終演後は乾杯してから客で来ていたサトチエさんの車に乗せて頂き、泊めて頂けるということで、いざ赤城山へ。初めての喫茶虫の音。やっと来れた!!夢が叶いました。サトチエさん、アンダーソンさん、お世話になりました。アンダーソンさんとは実は長い付き合いなのですが、こんなに話しをしたのは初めてで、ぐいぐい日本酒が進んで安定の二日酔いでした。(笑)久しぶりにうまい酒の席だった、いや〜まじ楽しかったな〜。虫の音のブーちゃんにも会えて忘れられない群馬ツアーとなりました。








いつか、虫の音でも歌えたらなあという小さな夢を抱いて、またいつか。23日は赤城山の温泉に立ち寄り、ひと風呂浴びて帰宅しました。いい疲れですっきり。実は21日、金曜の夜から具合が悪くて、ライブ大丈夫かなあと不安でしたが、プラスの気が身体まで癒してくれたようで、すっかり良くなっちゃいました☆☆
 
 
 
群馬の皆さん、またお会いしましょう〜!!
 
 



 
 
 



NEW !
テーマ:
10月7日の日曜日に国会議事堂を囲んで様々なステージでたくさんの表現者が集まり、本気のパフォーマンスをお見せするロックフェスティバル「イットク フェス 2018!!」のタイムテーブルが発表されました。
 
 




その前に、「イットク フェス」って何?という質問にお答えしなくてはなりません。主宰のロックシンガー浦邉力さんより転載します。


↓↓↓

第2回イットク フェス'18 反抗声明(^o^)v!

平成の治安維持法と呼ばれる特定秘密保護法、盗聴法、そして共謀罪の全てが、2017年7月11日より施行されていますが、表現の自由を奪おうとする権力の横暴は、やはり酷くなっている気がします。

昨年9月24日(日)の第1回イットク フェスでの警察による嫌がらせ、今年1月28日の東京渋谷のクラブ「青山蜂」のダンス禁止法改め、改正風営法の特定遊興飲食店の無許可営業による摘発…その後も六本木のショットバーへの警察の立ち入りなど、このままではエスカレートしていきそうです。

DJブースも無い六本木のバーの場合、客が許可なく音楽に合わせて身体を揺すった…そんな理由を警察は持ち出し、経営者を呼び出したということです。

当たり前ですが、誰にでも、自由に音楽を楽しみ、踊る権利はあります。 国会前でロックフェスをやることは、この国の表現の自由を守るアーティストによる大きな主張になると思います。

ロックンロールは、窮屈な世界への反抗として産まれた音楽だと思っています。

消されそうな個人の叫びを歌うのがロックンロールだと思っています。 この国の政府が個人の叫びを消したいなら、もっと大音量で叫ぼうじゃないですか。

プロアマ問わず、ミュージシャンが、普段ライブハウスで演ってることを国会を囲んで、フェスを演ります。 別に政権批判をしたり、政治的な曲ばかりでなくとも、自分の自由を歌うことこそが、民主主義を守るメッセージだと思います。

普段ライブハウスで本気のパフォーマンスを演っているアーティストが大勢参加します。

イットク フェスを成功させることに協力することで、あなたも、あなたの自由を守りませんか?

 



呼びかけ:通りすがりのロックンローラー 浦邉 力(うらべ ちから)
 



今年も多くの方の熱意で開かれるイベント、イットクフェスは、野外ライブで、もちろん入場料金などはありません。好きな時間に来て好きなアーティストのライブに足を運んでみてください。もちろん聴いたことはない、観たことはないアーティストのライブも時間がある限りお楽しみください。プレジー3吉は数あるライブステージの中から、”アゲインスト”怒涛(弾き語り)ステージに出演することになりました。
 








地図で言いますと、国会議事堂の東側、国会図書館の辺りですね。出番は18時から30分ほどを予定しています。


 





全てのステージのタイムテーブルはこれで決定しました。中川五郎さんや、じゃがたらのEbbyさん他、有名アーチストの方も今回は前回に増して多数参加されます。



 
”アゲインスト” 怒涛ステージ
[図書館前弾き語りステージ]

図書館前から、国会の参議院側を真横から眺めるライブハウスシンガーの弾き語りステージ。
 
 
*タイムテーブル*
 
10:50
開会宣言
 
11:00-11:30
リトルキヨシ
 
12:00-12:30
流間蛙
 
13:00-13:30
音緒
 
14:00-14:30
SOSO
 
15:00-15:30
井上ともやす
 
16:00-16:30
野良犬太郎
 
17:00-17:30
ミツハシコウイチ
 
18:00-18:30
プレジー3吉←ここです😋
 
19:00-19:30
紅次郎
 
 




普段、ライブハウスまでは勇気がなくてなかなか足を運べないという方や、ライブハウスで音楽ライブを観たことがないという方も気軽にお楽しみ頂ける大イベントですので、ぜひご家族、お友達をお誘いの上、どしどし参加して頂けたら幸いです。その他諸々事項は、イットクフェス2018の公式HPを参照ください。
 
(イットクフェスのHPで右上の三本線をクリックすると目次一覧にジャンプできます。)
 





↓↓↓





 
 
 

 
野外会場でお会いできる方、ぜひよろしくお願いします、お待ちしています。見かけたらぜひ声をかけてくださいね(^-^)v








プレジー3吉(シンガーソングライター)

 






























 




テーマ:
明後日の土曜日は昨年11月11日の前橋水星さんでのライブ以来の群馬でのライブです。今回は三度目の前橋クールフールさん。佐藤あつしさんが経営するディープなライブBARです。
  

 
過去四度、前橋にお邪魔していますが、内、三度はベーシストのサモンさんとのデュオでした。今回は弾き語りで歌わせて頂きます。 
 
 

 
 
共演の方々も素敵な方達です、素晴らしい音楽をつまみに美味しいお酒をお楽しみください。近郊の方、ぜひよろしくお願いします。今月のライブはこれで最後です。お待ちしております。

  


 

9月22日(土)
前橋クールフール
  



開場20:00〜
開演20:30〜
料金¥500+投げ銭/Drink別 
  
 

出演:
アンダーソン
アライコウジ
プレジー3吉
今井美樹(佐渡)
 

*順不同、出順は当日決定です。
 





9月19日、東京、学芸大学アピア40の弾き語りライブは終了しました。御来場いただいたみなさまありがとうございました。共演の方、スタッフ一同、お疲れ様でした。
 
 
 



Apia40 2018.9.19

プレジー3吉 弾き語り

 

セットリスト

1.ただなんとなく君が好きだよ

2.thirty-nine.

3.どんぐり

4.ハリガネ (new)

5.カナリアは鳴いているか

6.羽根台ロマン〜パチプロ田山幸憲氏に捧ぐ

 

 

 

 

[プレジー3吉年内 ライブスケジュール]

9/22 群馬前橋クールフール

10/7 国会前イットクフェス

10/9 高円寺ペンギンハウス

10/14 学芸大学アピア40

*プレジー3吉トリオ「燦燦」で出演

10/27 荻窪ドクターズバー

11/16 荻窪クラブドクター

11/25 亀有キッドボックス

12/2 荻窪ドクターズバー

 

 












テーマ:
○年前のあの日のパチンコ日記 第6話
「スーパー海物語in沖縄3 ASB」
   


2015年9月19日
対戦機種: 
甘デジ スーパー海物語in沖縄3 ASB
/三洋物産
 



(はじめに)
 
  

このシリーズも36話目になった。一年くらい経ったら完結しようと思うのだが、いかんせん、ほとんどが”2年前か3年前の今日”の日記しか手元になくて、”○年前の”という割に時期が固まってしまっているのは失敗であった。(笑)
 
 
 
最初にも書いたのだが、パチンコ日記を書かなくなって、一時期Facebookの方にパチンコ日記を書いていたので、いわばそこに存在するもののみになってしまうわけだ。昨年の日記もそのうち出てくると思うのだが、テーマ”ぱちんこP3”の方にもパチンコ日記が多少あるので、日記が被ってしまうような場合もあるかもしれない。
 
 
 
いっそのこと、自宅にある大量のパチンコノートを掘り出して、「15年前の今日のパチンコ日記」とか書いてみようかとも企んでいるのだけれど、さすがにそれは相当な時間がかかるわけで、パチンコのデータ自体は2001年から現在まで、そのほとんどが残されているが、文章は新しく書かなければいけなくなる。それに、15年も前となると、鮮明にその日の出来事を思い出せるわけもないので、いくらか想像を練り込んだ文章しか書けないこと。完全には言葉で再現しきれないという難点がある。
 
 
 
それはまた別口で先の未来に気が向いたら考えるとして、今回は3年前のパチンコ日記。前回、35話ではグランドオープンの対抗狙いでナナシーDXを打って快勝というお話しだった。今回はその続きで、しばらくグランドオープンに伴い状況が良くなった中でのパチンコの立ち回り。
 
 
 
今回は甘デジのスーパー海物語in沖縄3の甘デジが対戦機種。第6話にも書いたのだけど、私はもともとほとんど海物語しか打たない人だったのに、海物語の人というイメージがほとんど抜けたようで、私が海物語を打っていると、似合わない!なんてことを言う人が今ではいるくらい。(笑)
 
 






これは8年ほど前のパチスロパニックセブン百万塾という雑誌の私の記事だが、こういう風にきちんと海物語の解説を書いていたのである。(笑)
 
 

決して、私のことを、「海物語が好きなシンガーだ!」という認識はなくなさないように!忘れないでくださいね( ^∀^)w
 
 

 
では本日のパチンコ日記。
2015年9月17日の稼働へ。

 



(以下、本文)
 


先日に流れを変える新規グランドオープンがあった。こんな時に不遇にも音楽活動が重なってしまったわけだが、そればかりは仕方ない。パチンコの為に歌っているのか?歌うためにパチンコをしているのか?どちらだろう。それはきっとどちらもであり、歌うことでアウトローを続けてこれたし、パチンコ台と向き合うことで作詞作曲をしてきた。
 
 


どちらにせよ状況が好転したことには変わりがない。明日も歌う方の仕事が入っているわけだが、
新規紛争がどう進展しているかは必ずチェックしておきたい。せいぜい25日くらいにはほとぼりは冷めるだろうが、それまでは同業、軍団も含め多くなる。クギを見るだけなら彼等に負ける気はしなくても、向こうは人数がいるから。落ち着いて慌てず。一つ一つ片付けていけば良い。
 
 
 
「生きているのだ...。」
 




9月19日は土曜日。遅くまで酒を煽り、少年と先の話しをしていたのが響いたか、起きたら10時。
  
 

*少年...同棲している20代の若者。パチンコ雑誌とブログで私を見つけ、ライブ会場に来てくれたことがきっかけで今や一緒に住む関係に。
 
 
 

ライブというのは自分が思う以上にエネルギーを消耗するようだ。このまま寝ていられるような日常が欲しく感じてしまう。でもそれを頻繁にしていると、そんな自分に嫌気がさして、何か刺激を求めるだろう。若い頃からずっとそうだったのだ。パチンコは自分自身を映しだす鏡でもあるようだ。
 

さて、パチンコ稼業、気分で休むわけにもいかない。特にクギが開けられてる時は座っておかないと絶対後悔するから。手を抜いて稼ぎを減らしたことも若い頃たくさん経験した。そうは言っても、先述通り明日はまたギターを抱えて歌うことに集中しなければならない。少しは静養したくもあるわけ。どのみち打たないにしてもクギは見ておくべき。21日からが本番だろう。羽根モノなら夕方まで打つ、とかもできるからな、とりあえずは着替えて前回の駅に向かおう。

 
 
 
間も無く10月だと言うのにまだまだ暑い。毎年夏になると百日紅(サルスベリ)が我が家の近くでは綺麗に並んでいる。そのいさぎよい佇まいを見ていると嫌な気分が和らぐ。手を出して子供の頃を思い出しながら滑り台を滑り落ちるような仕草をしてみる。
 
  

 
人とすれ違うたびに現実に押し戻される気分で電車に乗り込み、11時くらいに目的の駅に着いた。
まずは羽根モノ店。前回スカした店だ。グランドに対抗意識がないのは前回見て取れたが、今日は開けている、、なんてこともあるだろうから。
 
 
 


でも変わりなし。(笑)
期待するだけ無駄なようだ。
 


やっぱりMハンや新規店が相手では退く一手なのか。マイペースなものだ。ここの常連客はわりと浮気をしないようだから、奪い合う必要もないのかもしれない。ちなみに羽根モノの島は満員御礼、今日は用はなし。
 


では、先日それなりに期待値が高いナナシーを打った等価店。すぐ近いから、さっさと移動。ナナシーは客がいて、ヘソが大きく締められている。
あれは17日だけのサービスだったのかしら。
 


ハイスペック、MAXコーナーは軍団だらけ。甘デジバラエティーはほとんど客がいない。それでもクギを見ていくと、それなりの割合で見た目いけそうな台がある。ピンの良いところは1台あれば稼働できるところ。全体的に締まっていても、締まっていない、または、代わりに開いた台は見逃さないのだ。何を打つかだが、この店、実はデジタルを打つのは前回が初めてで、羽根モノは固定ハンドル禁止で、かなり前に注意されたんだっけ。
 


基本的に、羽根モノに警戒が強い店は、デジタル機の電サポの止め打ちにもうるさい店が多い。当たって、止め打ち注意されても敵わないよね。こんなことまで事前に頭を使って機種を選ぶ時代がくるとは...と、等価にしてはえらく寄りクギが素晴らしい甘デジの沖縄3を見つける。
 
 

3台ある中の真ん中に好意を抱く。一発目の振り分けクギからバラクギ、寄せて風車までのクギが完璧だ。でも右の台も悪くないなあ。右はヘソが一番でかく、ワープの縦幅も一番広い。真ん中はヘソやワープが右よりやや狭い代わりに、寄りがいいわけだね。
 





寝かせにもよるが、足し算引き算したら真ん中のが回りそうかなと。確実に千円22とか23はあると思うがどうだろうか?出玉のクギも等価にしては上出来。スルーはややきつめ。特に、一発目の振り分けクギがいい場合、スルーが高調整でないと、かなり厳しくなる。沖縄を選択する理由、をここで説明しておくと簡単なこと。沖縄3は時短で玉を増やすのはほぼ無理なんで、基本打ちっ放しでもあまり変わらない。特にこのクギだとね。
打ちっ放しなら店も何も言わないからねぇ、アタッカーの止め打ちくらいでああだこうだ、はないだろうし。海は回ればどうにでもなる。昔より海はだいぶ辛くなったが、それでも「逆転の発想」、打ちっ放しでも期待値が出る海は貴重だ。
回る台を探すだけなら手っ取り早いし。
 


等価交換だし当たりの方もお願いしますよ。(笑)
千円22回転あたりの台で今年はいくら稼ぎ損ねてるのだか、、できたら23くらいは回ってほしい。
 



 
 
さて、打ち出したセンター台。3000円で68回もデジタルが回ってくれた。うむ、やはり玉の流れが非常にいい。ヘソに吸い込まれる割合が仮に右台より低くても、風車から寄っていく玉が多くなれば、やはりこちらのが間違いなく回る。ヘソは下げクギだが、道クギも下げ。ヘソは基本的に上げがプラス調整と言われているが、道クギが下げ、ヘソも下げなら特に問題はない。最近の調整はほとんどこれ。ムラは出やすいクギ調整だ。
 
 
 


3500円の75回目。早速、カメさんが滑り、魚群。
滑り→魚群は熱い。当たってくれ、4連チャン。
早速16Rも引いた。ご機嫌な滑り出し。まさにサルスベリ。すり〜、すり〜!!
 
 


 


アタッカーは大丈夫だ。これなら1R125~130発あたりあるだろうか。4連チャンは電サポ10発減り。時短抜けてすぐにタコが滑り、魚群が出た。
ニヤリとしたがハズレてしまった。。直後にウリンチャンスもハズレて、朝からなんだかなぁ...ツキまくりとはいかないか。
 


この沖縄3は相性が悪く、時折爆発するが、トータルでは回せど回せど期待値に対して収支がつかないため、半ば諦めているのだった。結果論としての単なる相性ってやつなのだろうが、とにかく勝てない。たまに爆発したところで、期待値の下に終わることばかりで気が滅入るわけであり、演出を見てるだけでも腹立たしいのである。(笑)
 


もともと「海物語プロ」でパチスロパニックセブンにスカウトしてもらって誌面に出させて頂いていたのに、自分でお恥ずかしくもなる。今となっては海物語が嫌いになりそうだ。
 


...などと考えていたら、ノーマルで888が揃っていた。しかも16Rだ。早い初当たりが8回。23回ですでに持ち玉は10800発となっている。投資は3500円で数時間で1万発、またとない沖縄へのリベンジのチャンス。

 





回りは全くストレスがない。寝かせがいいのかステージもバンバン決まってくれる。もう負けはないだろうが、1日にたくさん回せる海物語は長い。回らない台なら1万発すっ飛ばされることもあるし、夜まで金を入れて一気に爆発することもある。海は出るのも飲まれるのも速い、我が人生でどれだけ海物語と戯れてきたのやら。まだまだ勝負はわからないし、決めつけてはいけない。
 


やっぱり当たりは遠のく始末。中途半端な回転の当たりが続いてきた。STではよく当たっているのが救い。6800発あたりまで飲まれたのだが、今日のスランプはここまで。なにせ回るから4000発やそこらの凹みで済んだようだ。乗り越えたら初当たりラッシュ!
 
 

沖縄は回転がその日その日でブレる。その理由は、8個保留だからであり、初当たりに恵まれる日は当然、電サポの残保留で回転率が上がる。加えて、ウリンチャージがあるからね。ウリンチャージも1日に確率ブレするからねぇ。。
 
 

何はともあれツイていることにに変わりがない。
19時過ぎには持ち玉は15000発となっている。16Rに恵まれたら10万勝ちも狙える回転率だが、
時間的には厳しいだろう。そうは言っても、期待値以上の勝ちがすでに確定している。遅刻したのだけが反省だが、そもそも休むつもりだった。1発で回る台を選び、当たりまで付く。パチンコ稼業で一番優越感と自己満足を得られる至福の時だ。

 

20時20分に回転率を計算してみる。千円25回転にまで上がっている。当たりにつられてこちらの方も素晴らしい!途中15分くらいゆっくり休憩したよ、
身体も労わりながら、21時には18800発となって、もうひと頑張り。この期待値ならば22時までは座りたい。千円25回転あれば期待日当は4万円レベル。沖縄3では上等な部類。昔の海ならちょくちょくあったレベルも、今ではなかなか打てないレベルだ。等価交換でこんなに回る台はなかなか探すのが難しいのだ。
 


やめようとしたタイミングでウリンチャンスから単発、21時59分。やめる頃合い。17502発回収。
幾分か玉は減らしたが、当たり68回とよく当たってくれた。等価交換なので回収は7万円。投資が3500円なので、プラス6万6500円となった。

 

ライブ前に頑張りすぎたが、むしろこのクタクタ感で臨むほうが良いライブになりそうだ。いやはやラッキーだった。こんな回る台が11時過ぎに誰にも打たれていなかったのだから。最近のライバル達はヘソのクギしか見ていかなかったりするからこういうおこぼれを頂戴する機会はわりとある。地域的にレベルが低いのもあるが、ありがたい。寄りクギがヘソを怒涛するってこと。
 


ちなみに私がクギを見る順番は、スルー→アタッカー→後は天から順番に見ていき、最後にヘソを見る。ヘソはある程度あれば機種にもよるが大丈夫、ヘソを先に見ると、そのサイズにつられ、騙されがちになる。参考まで。

 

本日快勝、次回もこうありたい。帰り道に百日紅を撫で撫でしたのは言うまでもない。
 
 


がんばれ、日本人!★彡
 
 





○等価交換
甘デジ スーパー海物語in沖縄3
11時14〜
*休憩15分

*データ表記
⑦→4R50回、④→4R25回
①⑥→16R100回

3500円
75⑦
時短44⑦
2①⑥
時短6⑦
*4連チャン

50+34①⑥
4⑦
*2連チャン

50+33⑦
3④
1④
*3連チャン

25+50⑦
1⑦
*2連チャン

50+87⑦
4⑦
4④
*3連チャン

25+166⑦
*単発

50+5⑦
4④
2④
*3連チャン

25+13④
時短23⑦
3⑦
1⑦
2④
*5連チャン

25+239⑦
1⑦
*2連チャン

50+43⑦
4④
*2連チャン

25+284⑦
*単発

50+15④
1④
*2連チャン

25+22④
*単発

25+68⑦
1④
*2連チャン

25+27⑦
*単発

50+112⑦
*単発

50+22④
1⑦
1⑦
*3連チャン

50+26⑦
3⑦
*2連チャン

50+2⑦
時短32⑦
*2連チャン

50+79⑦
*単発

50+44⑦
5④
*2連チャン

25+27④
*単発

25+56⑦
時短10①⑥
4④
5④  *19時00
*4連チャン

25+3⑦
*単発

50+126④
*単発

25+72⑦
2⑦
2⑦
4⑦
*4連チャン

50+40⑦
*単発

50+88⑦
2⑦
*2連チャン

50+9⑦
2④
*2連チャン

25+47⑦
時短26⑦
4⑦
2⑦
2⑦
*5連チャン


50+56⑦
*単発

50+162⑦
*単発

50+9やめ。
〜21時59



投資3500円
出玉17502発
回収7万円
プラス6万6500円

 

通常/初当たり
32/2141→1/66.90
時短
6/1227→1/204.5
ST中
30/266→1/8.87
電サポ数1493
総回転3634
16R.3回
4R.65回
総ラウンド308ラウンド

アタッカー1R125発
玉減り計890発
電サポ1回あたりの減り0.596発
期待出玉561.5発
ツキ指数+15.14回
千円あたりの回り25.51/1k
期待時給1時間5.43回で計算
約3600円
期待日当12時間計算
+4万3000円





テーマ:

○年前のあの日のパチンコ日記 第35話 

「SUPER電役ナナシーDX.66VV」




2015年9月17日
対戦機種:
SUPER電役CRナナシーDX.66VV
/豊丸産業
 
 
 
(はじめに)
 
 
 
私がパチンコを始めた2000年頃、大きくパチプロはこう分かれていた。
  

ゴト師
平打ちプロ
ジグマプロ
開店プロ
攻略プロ

 
 

ゴト師というのは、違法・不正行為によって、無理くり玉を出すような人たち。今でも存在し、羽根モノやパチスロにも存在。近年の羽根モノのトキオデラックスでは、蜂蜜ゴトなどが有名だ。昔だと磁石ゴト、ピアノ線とか。
 
  

平打ちとは、今ではその定義が曖昧になってしまった気がするが、特殊な攻略打ちをしない、基本的な保留止めやステージ止めのみを行い、クギを読んで優秀台を見つけて座り、正攻法に基づいて勝っていく人たち。
 
 
 
ジグマという言葉は、「地熊」から来ていると聞いたことがあるが、どうだろう??私がこの言葉を知ったのは田山幸憲パチプロ日記だったと思う。1店のみで稼働して勝つパチプロをジグマプロと呼んだが、古い昔のスタイル。きちんとこまめにクギの開け締めがあってこそ成り立つ勝ち方なので、店の優秀さが問われる。毎日同じ店のクギを見れるメリットは確かにあるが、デメリットもある。その辺りは以前から書いてきた。
 


 

開店プロはその名の通り、グランドオープンや新装開店、いわば店が意図的に出す時(クギを開ける時)のみ狙い打つパチプロ。これが進化したのが、組織系のパチプロ軍団であり、優秀台を多勢で占拠し、持ち玉を共有したり、勝ちを分配しながら収益を出す。旬が過ぎればまた新しい場所へどんどん移動していくスタイル。
 
 



攻略プロとは、腕で羽根モノのVを狙ったり、大当たり確率や連チャン継続率などを、違法でない方法で上げて結果を出す。機種を挙げればキリがないが、パチンコの腕が非常に達者な人達。昔は体感機を使って大当たりを狙い打つのも攻略プロに属したと思う。実際、体感機を使うのはゴトになるのだろうけど。攻略軍団で有名なのが浪速の梁山泊。映画化もされていて非常に面白いのでパチンコ好きの方は一度観てみて欲しい。
 
 


簡単に分けるとこんな感じ。では、電チューサポートで玉を増やしたり、ハンドルを捻って大当たり出玉を上げるのは攻略打ちに当てはまらないのか?と言われたら微妙なところで、今ではパチンコの勝ち方が一般的に広まりすぎて、当たり前のように多くの人が止め打ちや変則打ちをするようになったので、攻略打ちとまでは言わない気もするが、まあ深く考えることはないのかな。
 
 

 
平打ちという言葉も実際今ではほとんど使われることがなく、現在のパチプロ達の勝ち方をうまく大別する言葉が浸透していないというのが本音かもしれない。立ち回りにおいては、同じように優秀なクギを探すにしても、全国各地を相手にしている人もいるし、身近な場所で電車を使いながら台を探す人もいる。また、インターネットを駆使して情報を集めたり、他人と優秀な店や台の情報を共有しながら稼ぐプロもいるだろうし。
 
 


 
ピン(一人)のパチプロという点で、私は田山プロや安田プロがずっと憧れだった。彼等が書く文章も愛読していたし、パチプロとしての格好良さを持ち合わせていた。勝っている額だけでその優劣を決めるならば、世間のメディアに出てこない人で化け物みたいな人はたくさんいるが、それはそれで彼等の生き方。世間からはみ出しながらも生き方が素敵でかっこいいなあと思えた田山さんのパチプロ日記。
 

 
ナナシーを打つたび彼のことを思い出す。今では毎年田山さんの命日7月4日(ナナシーの語呂合わせのような日)に私は千葉の八柱霊園に田山さんに会いに行っている。
 
 


 
今回は、たくさん店が客を奪い合う激戦区において、グランドオープンの店が出現し、実際その駅でパチンコを打った日記を紹介しよう。少しネタバレにはなるが、グランドオープン店ではパチンコをしなかった。グランドオープンの対抗狙いという立ち回りは過去にもけっこううまくいったケースが多かった。まあ私の場合はひねくれ者なので単に人混みが嫌いでそういう方向性になったのかもしれないけどね。(笑)パチンコにはいろんな視点での立ち回りがあるということを少しでも知っていただけたらと思う。
 
 

では3年前の9月17日のパチンコ日記のスタートだ。
 




  



(以下、本文)


 

音楽活動と新規(グランドオープン)が重なった。ちょいと不運な組み合わせとなったが、元々私のパチンコは平常廻りのスタイルだ。新規に行けば、古い知り合いに会うかもしれないし、また、集団のパチプロ達の姿を見ればパチンコ屋にいるのも嫌になるであろう。
 
   



それでも今回は特別だ。なぜならば今月の稼ぎがペラペラなのである。我慢、我慢で羽根モノで小さくも勝ちを重ねたタイミングで新規が絡んできた。
 
  


新規自体、全てが決して甘いわけではない。パチンコ店も開店プロに対し、異様に反発する場合もある。身分証明の確認なども最近では非常にシビア。向かえば窮屈なのは目に見えているのだが、メインとなる島にさえ入らなければ特に腹立たしくもならないだろう。今回ばかりは大手チェーン店が競い合う駅だけに注目しているのだった。
 
  

 
9月17日の金曜日。さて、どこに向かうかが大事だ。やはりまずはグランドオープンがある駅だろうな。合わせて時差を組んだチェーン店は12時。
新規は用なしとし、それでもやっぱり現地が一番熱いのは間違いない。
 
  

 
え?!結局、グランドオープン店には行かないの?って。そうそう、いざ当日になると気が変わるというもの。とんだひねくれ者ではあるが、並んで座れば成果が出るというパチンコは面白みに欠けるものだ。
 
 


「う〜ん...。」
過労であろうか?体が重くて仕方がない。こんな生活を長年やっていれば早死にしても当然であろう。そろそろ真面目に足を洗おうという決心はしていても踏ん切りがつかない。さあ、やる時は体を張らないと。現在はパチンコで勝っていかなければ生きていけない身であるわけだ。
 


気合いを入れた割にやや寝坊したおかげで遅れてのグランド駅。昨日の羽根モノ店から。グランドに対抗する気なし。昨日となんら変わらないご様子。まあ、対抗しても勝てない店だよね。。賢明なやり方かもしれない。今日は人が多いからおこぼれの客から利益は抜けるだろうし。
 
 


Mハンに行こうとしたが、Mハンはすでに軍団プロが占拠しているだろう。今回は大手チェーンの闘いだからね。面白いくらい今日は見慣れぬ怪しい人間達が駅前をうろちょろしている。こういう日にはよくある光景だ。彼らを見てると、私も同じ民族なんだよな..とげんなりすることもある。まあ、彼らも生活を賭けているわけで、やり方は気にくわないけれど、何も言う権利はあるまい。
 
 


駅をひとつ動き、駅間の対抗狙いも観察してみることに。「力を入れると宣伝していた」が、どこもガラガラ。さすがに笑った。まあ、これは店側も想定なんだろうな。どうやっても、新規に向かう客を呼び寄せるなんて不可能だもんな。
 



あ〜、ガラガラな環境でなるだけ打ちたい。(笑)
それほどパチプロが嫌いなのだ。勢いこちらで少しばかり海物語を試してみたが、どれもだめ。早々撤収。最初の駅に戻る。忙しいや。
 
 

○10時27、某駅某店
等価交換 

海ブラックLight
1500円20やめ。 

以下ミドル沖縄3
500円8やめ
500円6やめ
500円5やめ
2000円37やめ。

マイナス5000円
 
 
 
 

10時55分に最初の駅、グランド駅に戻る。Mハンを覗いてみた。ほら、軍団だらけ。しかしクギは開けていない、たいして。打ち子はそれでもいる。彼等は資金力と人数力があるからね、期待値の安い台をしこたま粘り倒してくのが特徴。ピンなら絶対打てないような台でも打てる意味では羨ましいかも。よく考えられたビジネスだ、拍手。
 
 


昨日の羽根モノ店。もう自分の行動が何をしているかよくわからなくなってきた。あれ?予定狂い?すなわち、あぶれたかな?(笑)ま、なんとかするさ。

 

まずはトキオ。2500円で、30鳴き、12拾いやめ。
次は祭りだサブ。昨日の台と違う台。6500円使い、16Rを引いたところで、11時59分。ここは12時オープンの対抗チェーンを覗くべきではなかろうかと我に返った。すぐ近くだから玉は置いたまま観に行けば、200人は並んでいる。
 
 

「無理ぽ...。」
小走りで、サブへ戻り。しばらく打つが、鳴きが足りないよ。サブは鳴きが取れなくて座りきれないことが非常に多い。こんなパチンコばかりではいかん、プライドにかこつけて食いっぱぐれたのでは、実に情けない。やはりやることやらんと。
 
 

1250発を貯玉し、先ほど諦めた12時開店に向かったのだ...。
 


○2店目、等価交換
11時12
羽根モノ トキオデラックス
2500円
30.12やめ (ナキ.拾い)

羽根モノ 祭りだ!サブちゃん
4000円 (ナキ.拾い.うちわの蹴り数.R数.当たり方)
45.24.9/③ノーマルS0/2.24
2500円
26.14.4/①⑥ノーマル.38
*11時59~下見12時01
19.11.4/①⑥sp1/3.rp0/2.49
22.11.3/③ノーマルs1/4.60
3.2.0/①⑥S2/5.62
☆3.1.1
19.9.6やめ。1250発
134.71.


*全台でマイナス4000円
*ここまでの累計マイナス9000円
 
 
 
 
 



到着したらほぼ満席だ。換金率は等価交換。12時40分。バラエティにいくらか空きがある程度。店が力を入れているミドルタイプの島は軒並みグループのパチプロが座っているお決まりの状況。2台あるナナシー、1/66タイプが空いている。前に2台とも打っていて、片方のがクギがいいのは認知済み。悪いほうが空いてるが、ヘソは開け。
 
 

これでいいや、試し。4000円で6回ステージからの回り+66回転がヘソからの回り、すなわち72回目に大当たり。右打ちをして当たりを消化していたらもう1台のナナシーを打っている人がやめた。ラウンド消化し、単発即やめてそちらへ移動した。まずまず玉は出て900発を移動。
 







よしよし、ヘソはかなりでかいな。前に試した時より2枚はでかい。ワープの見た目もいい。右スルーはいまいち。ナナシーは、ヘソ当選1/66.9。
電チューが1/56.5。ステージ入賞→電チュー1回となるので、実質合成初当たり確率は1/66.9より甘くなる。そう考えれば、回しに対するステージ入賞割合でもボーダーは変わってくるので、ナナシーの計算は面倒くさくもある。肝は当たり中に、
いかに右スルーを抜けるか?これは古いナナシーシリーズでも同じこと。通常時も右から回して確率、回転を上げることは過去機種同様できるが、今回はきっちりセンサーで恥ずかしい「左打ちに戻してください。」の声が轟くので、素直に通常は左打ちしよう。このクギだとスルー抜けはそんなにはないだろうな。まあ、とりあえずヘソで20回れば十分打てるはずだから。
 
 


移動した矢先にこちらも6回転で当った。当たり中は悩む。連動チューリップの止め打ちは割と自信あるが、スルー抜けが悪いからなあ。ようはさ、びっちり止めて出玉を上げるか、わざとやや無駄玉出しても連チャン狙うか?
迷うわけ。そうは言ってもそもそも抜けないのだからやはり止め打ちで出玉を上げるべきだろうな。ナナシーのチューリップの止め打ちは簡単かつ50発以上の出玉を底上げすることが可能だ。出玉もムラはあるもので、850発ある場合もあるし、800発を下回る場合もある。電サポ当たりは親のチューリップの賞球数が少ないので、ヘソ当たりより出玉はやや少なくなる。750発あるかないかになりそう。
 


当たり中の連チャンは、7:3で上乗せゲームか、マル得に振り分け。マル得は完全連チャン、上乗せはルーレットによりG数上乗せ。おそらく上乗せに関しては当たった場所でG数を決めていて、ランダムではないはず。当たり終了間際だと+4Gにならないと理屈的におかしいからね。+4Gはマル得と出玉は同じ?実際はコンテナが1つ消失してしまうので、マル得の方が多い。ほんとにギリギリ当たり終了間際の上乗せはマル得に昇格するあたりも特筆すべきポイントだろう。
 
 

さて、ナナシーの2台目だが、よく回り、右肩上がりに玉は伸びる。いやあ、やっぱりこの手のタイプは堅いよな。ヘソで54回転の単発、びっくりヘソ1発で単発後、ヘソ14回目で当たった当たり中の右スルー2発目でスロットルにドル袋、2Gの上乗せで2連チャン。3640発ほど。
 



 
パチンコは時短や確変での連チャンがあるから、平均出玉が上と下に幅ができて、結果、儲け効率が悪くなるんだよね。回れば甘デジよりさらに堅い。時間効率もいいし、ナナシーシリーズはほんとに名機だ。初代からずっと追ってきた機種。
 
   
 
175回ほどヘソでハマってから早い回転の単発が4発。次にヘソで136回してから+3G上乗せの3連チャンで切り返す。左打ちに戻したら1発で田山プロも胸ときめくファイヤー全回転と、移動してから13回の当たりで5000発ほどの持ち玉。そこからさらに11回当たりを重ねたら9000発になっていて、この時点で全て飲まれてしまうような可能性はほとんどなくなってしまった。。
 
 
 
さあ、大好きなナナシーシリーズのニューマシーン、どのほどの成果を見せてくれるだろうか!と、忘れた頃にステージから入賞した瞬間、画面にレインボーのタイマーが出てきて、ステージからのV当たり。気持ちがいい演出だ。そのまま勢い1万発をクリアして突っ走る。
 


とにかく当たりが軽い。200回転以上ヘソで回すことなく初当たりがつながるので、気分は楽勝なのだ。1/66.9とは言っても、一日にけっこうな当たりが取れるナナシーでは、大ハマりも体験しやすい。このくらいの確率の機種だと、昔の大一商会の名機、フルーツパッションや、藤のジャマイカなどを思い出す。500回転、時には1000回転近くハマることも、あるのだから。スタートチャッカー下の賞球口にほとんど入らない調整にしては回りムラは激しい。ヨロイの絞りと左に振られた形状が見ていて気になるが、体感はいい回りっぷり!
 








持ち玉は13000発に到達。ずいぶんいい出なのだが、右スルーがやっぱりだめだ。連チャン率は20%を切ってしまうかもしれないなあ?でもナナシーの仕様を考えると、右をずる抜けに調整したら出玉の小さい上乗せ当たりに偏って、平均出玉がかなり下がってしまうんじゃあないか?という気がしなくもない。これから世話になりそうな機種だし、追っていれば加減の良い台にもぶつかるかもしれないね。

 


ステージ入賞は通常はよく入るし、細かいボーダーは計算しきれないが、ざっくり計算してみよう。回りはオーバー入賞が増えて最終合成の回転率で22.60まで落ちたのだが。(ステ+ヘソ)ヘソだけに特化すれば、実戦からボーダーを出すと、もう少し平均出玉が上乗せ当たりで下がることを考慮しても16〜16.5くらいかな。それでヘソの回りは20.6くらいあるので、普通に優秀台の部類かなと。

 
 

あれこれ考えながら打つパチンコを実に楽しいもので、気づけば22時。楽しいから早い早い。あっさり一日が終わった。尊敬する田山プロが愛した名機もまた新しく生まれ変わった。クラシックモードであえてやらなかった。いつまでも昔にすがりたくないのと、メーカーさんの心意気を味わいたくてね。豊丸のパチンコ台は他メーカーのタイアップや馴れ合いの演出と違い、独特のオリジリティがあって素晴らしいよね。デラックスモードは確かに流行りの保留変化や色変化など、詰め込んだ印象は否めないが、それでもシンプルで短いから苦にはならない。デラックスプッシュの存在もいいスパイスになっているし、十分楽しいよ、
満足を味わうことができたね。
 
  






こういう甘い機械は必然と渋くなりがち。ホールが扱いきれてないわけだが、残念だよな、そうやって素晴らしい機種も店が活かせずすぐ消えていくのだ。これからの巡り合わせにはおおいに期待したい。付け入る隙間はあるかな、この手の機種は甘くても意外に専業プロがいないもんでね。



ナナシーは最終的に11252発にて終了した。22時ジャストにパチンコに蹴りをつける。投資は4000円、等価交換なので2台でプラス4万1000円。十分な勝ちになってくれた。
 
 

データは下に表示するので参考にして頂きたい。一日トータルはプラス3万2000円だった。しかし、ツイていた。新規の方のクギはどうなのかわからないが、結果としてそれに対抗したイベントにうまく滑り込めたということ。今時の等価交換の新規だと海物語のミドルで回ってせいぜい千円21〜23個って感じだろうし、明日にはクギは潰れるんじゃないかとね。苛々しない環境で打てたパチンコとしては十分だ。まあ、いろいろ遠回りはあったけど、最終的に勝てる動きをしていればパチンコは勝っていける。
 


明日もこうありたいものだ。
ナナシーよ、ありがとう!!

 


 

○12時42〜
等価交換
ナナシーDX.66VV
1台目
4000円
(ステージ+ヘソ)
5+66/当たり
2+0やめ。

約900発を
2台目へ。
表記:
(残ヘソ+右スルー+ステージ+ヘソ)

0+6当たり
1+10+4+54当たり
2+12+0+1当たり
0+12+0+14当たり
2+「2」右当たり2G乗せ
0+15+9+175当たり
0+11+0+34当たり
3+6+1+18当たり
2+9+1+13当たり
1+10+2+12当たり
0+8+17+136当たり
2+「9」右当たり上乗せ3G
0+11+0+1当たり全回転
0+10+5+47当たり
2+13+2+40当たり
1+12+4+33当たり
3+10+3+24当たり
0+6+8+119当たり
4+6+4+9当たり
1+4+5+20当たり
2+「3」丸とく当たり右
0+13+6+72当たり
2+9+4+26当たり
1+「8」丸とく当たり
0+8+4+13電サポ当たり
3+11+1+9当たり
0+8+4+51当たり
3+9+6+30当たり
2+10+1+19当たり
1+10+1+21当たり
2+8+0+17当たり
1+10+2+12当たり
3+11+12+125当たり
3+8+5+46当たり
0+12+1+21当たり
1+「3」丸とく当たり
2+10+14+157当たり
4+9+14+77当たり
4+8+20+153当たり電サポ
1+5+7+92当たり
0+6+7+122当たり
1+「8」丸とく当たり
0+10+8+83当たり
4+7+0+0やめ。
〜22時00

 

投資4000円
出玉11252発
回収45000円
プラス4万1000円
*本日のトータル収支+3万2000円
 

データ(1.2台目合算データ)

初当たり
ヘソ   34/1904.1/56.0
ステージ 3/182.1/60.67 
合成37/2086.1/56.40 
 

ラウンド中
ヘソ0/64.0
電チュー6/372.1/62.0
合成6/436.1/72.70
(総合43/2522.1/58.65)
 
当たり43回
平均出玉実戦上775発
回転率 ヘソ20.63 ステージ1.972
ステージ入賞割合8.7%
合成回転率22.60/1k.
ヘソに特化したトータル確率推定1/49
仕事量約+2万7000円
期待時給約+2500円〜3000円
期待値(12時間)約+3万円〜3万5000円



テーマ:
僕も出演する来月7日に国会を囲んで開かれる、
「イットク フェス 2018」、オープンマイクの参加者募集中です。イットクフェスは入場無料の大規模な野外音楽フェス。今年で2回目、僕は初参戦いたします。ふらっと遊びに来てください♪
 

 
 
プレジー3吉は弾き語り「怒涛ステージ」に出演します。各ステージのタイムテーブルは確定次第またブログに発表します。よろしくお願いします^o^

 
 
オープンマイクステージ担当より↓↓
 

集まれ❗表現者❗

10/7(日)国会議事堂周辺

イットクフェスオープンマイクステージ

(11:00〜18:00の好きな時間に来て空いていればいつでもOK.エントリー不要。)

弾き語り、ポエム、朗読、評論、

アカペラ、シャンソン、ゴスペル、

等々議事堂に向けてそれぞれの自由を叫ぼう❗

詳細はイットクフェスHPまで...





https://ittooku.jimdo.com/











テーマ:




















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス